注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです。

運転初日から上手くいかず、こんなに下手なのは自分だけではと落ちこんでしまうでしょう。怖いと評判の教官が担当になったらもっと運転が怖くなります。

でも大丈夫!技能が下手なのはあなただけではありません。
技能のポイントや気持ちの持ちようについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方と注意点

生まれてまだ日が浅い新生児一ヶ月頃までは外出禁止にした方がいいとされています。赤ちゃんが体調...

実家に帰りたい!新婚生活が楽しくないと感じても逃げちゃダメ!

実家に帰りたい!新婚生活楽しくない!好きな人と結婚したはずなのに、どよーんとした生活…新...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後...

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

指しゃぶりをする赤ちゃん!指しゃぶりが激しいときの対処法

赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしている、指しゃぶりが激しいことを心配しているママもいますよね。赤ちゃん...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

スポンサーリンク

教習所の技能が下手すぎる、こんなに下手なのは自分だけでは?

教習所の技能教習が下手すぎて悩んだり不安になっている人も多いですよね。しかし下手なのはあなただけではありません。免許を持っている人でも運転が下手な人だっています。

私も運転が得意ではない1人です。出来れば車の運転はしなくないとさえ考えますが、車がないと不便な所に住んでいるので、どうしても車の運転をしないといけないのです。仕事を行く場合、買い物に行く場合も車が必要です。

不安だと思うとどんどん悪い方向に考えてしまうので、運転が上手になると〇〇に行こう!などとポジティブに考えるようにしましょう。そして何より1番大切なことは「習わされている」から「習いたい」という考えに変えて技能教習を受けるようにすると気持ちが前向きになるので上達が早いと思います。

もし怖い指導員がいたりする場合は、苦手意識から緊張してしまい技能教習が下手になる可能性もあります。そんな時は苦手意識から克服することで教習が楽しくなることもありますので、指導員に話しかけるようにしましょう。積極的に話しかけることで指導員にあなたのやる気が伝わりますよ。

教習所の技能が下手すぎて合格する自信がない、どうすればいい?

教習所に通っている場合

車の運転は慣れなので、最初は下手でもいいのです。教習所に通い技能教習をすることで上達すると考え練習をしましょう。はじめから何でも上手に出来る人はいません。

技能教習が下手すぎて合格する自信がない人もいますよね。そんな時は何に気をつけてやるべきなのか考えてから試験を受けるようにしましょう。

まず乗り込みから発進までの確認は大切です。まず教官に挨拶をします。そして安全確認してから車に乗り込みます。座席に座ったら、シートベルトやミラーの確認など一通りのことをします。そしてエンジンをかけて後方確認をしっかり行った後に発進するようにします。

走行、クランク、S字、車庫入れ、縦列駐車、坂道発進など色々なことが試験ではあります。焦らずゆっくり考えて運転をすると絶対に出来ます。焦るとパニックになってしまうので普段の練習の通りに試験を受けると合格します。焦りは禁物です。

教習所の技能が下手なのに怖いと評判の教官が担当に!どう対処すべき?

教習所に通うと、必ず技能練習をしなければいけません。しかし車の運転が下手なので教習所に通いたくないと思う人も多いのです。運転の技術には個人差がありますが、下手でも問題はありません。免許を取るために教習所に通っているので運転が上手ではないことを教官もきちんと理解していますので安心しましょう。

教習所に通っていて大事なことは指導員の話していることをきちんと守もることです。指導員の言いつけをしっかり守れる人は上達が早いと思います。指導員は一生懸命な人と、不真面目な人を見抜く力を持っているので、真面目に頑張りましょう。

指導員の中には厳しい口調の人もいます。そんな指導員にあたってしまうと怖いと感じることもありますよね。練習中に厳しい指摘や指導をされると、思わずムッとしたり、顔に出てしまうこともあり、口答えしたい時もあります。しかしそこはあなたが堪えましょう。指導員の先生は高い技術や知識を持っているプロです。厳しく指導されるのはあなたのことを思ってワザと厳しい言い方をしている可能性もあります。

教習所の仮免技能試験のポイントは?

教習所では仮免許試験があります。仮運転免許を取得するための技術を持っているのか確認するための試験です。仮免許試験に合格しないと次の段階の路上運転には進むことが出来ないのです。

まず試験を始める時きちんと指導員に挨拶しましょう。次の道を右折してと指示があると必ず返事をするようにしましょう。挨拶や返事をされて嫌な思いをする人はいませんよね。運転に集中しすぎて返事をする余裕がないと思われないことが大切です。

試験会場のコースは広くはありませんが、加速不良は減点になるので、短い距離でも加速出来る場所では加速するようにしましょう。そしてカーブの手前では適切な速度に落とすことがポイントです。カーブ内でブレーキを踏むことで減速がしっかり出来ていないと減点されることもあります。止まれの標識がある場所では必ず手前で停車させます。タイヤではなく車のボディの先端が停止線を超えていないことが基本です。少しでも超えてしまうと指定場所不停止になり、試験は中止になります。やるべきことはしっかりとやらないと減点の対象になります。

技能が下手な人と上手な人との差とは?

教習所で技能が上手な人と下手な人とではどのような違いがあるのでしょうか。

ミラーをどんなに調整しても運転席からは視界に入らない場所があることを知っていますか。死角と呼ばれている場所があることを理解できているかが、運転が上手なのか下手なのかわかります。ミラーでは見えにくい場所の様子を目視することが出来れば運転が上手になる一歩です。

教習所では縦列駐車する時、このポールを目安にしてハンドルを切るようにしましょうと教えらえることが多いですよね。しかし実際縦列駐車する場合、ポールなんてどこにもない、目安になるものが何もないことが多いです。でも運転が上手な人の考えかたが違うのです。

運転の上手な人は周りの様子をいち早く把握することで、自分の位置や車の向きをイメージして車の運転をしているのです。目安になる柱がなくても、目安になる物を素早く見つけてイメージして縦列駐車するのです。