注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

魚をクーラーボックスに保存する時にやっておくといい事を紹介

釣った魚はどうしていますか?自宅の持ち帰って調理するという人も多いでしょう。

自宅に持って行くまでに魚が腐ってしまった、生臭いなどとなってしまわないように、釣ったらすぐにクーラーボックスで保存しましょう。

クーラーボックスでの保存にもコツがあります。
小型や中型、大型の魚の保存の仕方をそれぞれみてみましょう。

潮氷漬けとは?その作り方も紹介します!

クーラーボックスにはいくつか種類がありますが、保冷力や価格なども分析してみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達からメールの返信ない時に考えられる理由と不安をなくす方法

友達にメールを送ったのにずっと返信ないときは、なぜ返信してくれないのか不安になりますよね。友達に何か...

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

女性がスカートをはく理由にはさまざまなものがその理由とは

スカートといえば女性のものというイメージですが、なぜ女性はスカートをはくのでしょうか?女性がスカート...

熱帯魚のヒーターが故障したときの緊急対策や備えと注意点

熱帯魚のヒーターの故障は熱帯魚を飼育する上でありえることです。しかし、はじめて熱帯魚を飼育し...

アラフォーの彼女と別れたい時の別れ方と注意点・恋愛傾向を解説

アラフォーの彼女と別れたいと考えるとき、彼女の年齢などを考えて別れを躊躇してしまうこともありますよね...

ショートヘアの切り方とは?女性がセルフで切る場合の注意点

美容室へ行きたいと思っても「お金もかかるし、ゆっくり行ける時間もないし…。」と前回行ってから期間が空...

嫁が怖いし話せない!鬼嫁?嫁がキレる原因や怖いと感じる理由

「自分の嫁が怖いから話せない」というお悩みを抱えている男性もいますよね。結婚する前はとっても...

眉毛の形を細くする・書き足す。男性の眉毛の手入れ方法とコツ

男性の皆さん、眉毛のお手入れはしていますか。眉毛で顔の印象は大きく変わってきます。太い眉毛の...

おばさんは何歳から?50代は?おばさんの年齢について

「私はもうおばさんだから…。」と口では言っていても、心の中ではまだおばさんではないって思っていません...

背筋トレーニングのやり方! 1人でもできる効果的な方法

背筋を鍛える方法としては、うつ伏せになった自分の足を誰かに押さえてもらってトレーニングするという方法...

前髪の分け目のくせの対処法でなりたい自分にイメチェンしよう

前髪が割れてしまうなど分け目のくせにお悩みの人もいますよね。では、前髪の分け目のくせをなんと...

鼻を高く見せるためのメイク方法を習得して美人顔に変身しよう

キレイな人は皆鼻筋がすーっと通っていますよね。でも、団子鼻だと整形するしかないと諦めてしまう人も多い...

ジーンズが臭い、新品なのに臭い時の臭いの取り方と手順を紹介

ジーンズを買ったら新品なのに臭い。「新品なのにナゼ?」と思う事はありますよね。新品のジーンズ...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

カナヘビのエサは生きたバッタが一番?おすすめのエサをご紹介

飼っているうちにかわいいと感じる人が多いカナヘビ。つぶらな瞳に子供だけではなく女でも好きになってしま...

スポンサーリンク

釣った魚をクーラーボックスで保存する方法!小魚の場合

魚釣りが趣味という方は、たくさんいらっしゃると思います。
海釣りが好きな方の中には、自分で釣った魚を料理して食べるのが楽しみという方も多いですよね?

魚を釣り上げた時は、クーラーボックスに保存して持ち帰るのが一般的ですよね。

25cm未満の魚をクーラーボックスで持ち帰る場合

潮氷漬けをおすすめします。

潮氷漬けはクーラーボックスに氷と海水を入れて、釣れた魚をその中に入れて保存する方法です。

氷だけを入れている方を見かけますが、それではもったいないです。
魚の一部に氷が直接あたることになりますし、血抜きもされていないので、持ち帰る頃には鮮度がグンッと下がってしまいます。
スーパーなどで並べられている魚よりも鮮度が落ちる可能性があるのです。
それでは、釣りの楽しみは半減ですよね。

クーラーボックスには氷の他に海水も入れましょう。
そうすることによって、冷蔵庫のチルドルームのような状態になります。
魚をまんべんなく冷やすことができますし、魚が暴れないので身も痛みにくいです。
鮮度を保った状態で自然にしめる事が出来ます。

帰る時には海水を抜いて、氷に魚が直に当たらないように新聞紙などを敷いて、保冷しましょう。

釣った魚が中型や大型の場合のクーラーボックスの保存方法

魚が25cm未満と小さい場合の保存方法をご紹介しました。
次はもう少し大きな魚を釣った時の、クーラーボックスでの保存方法をご紹介しましょう。

小魚の場合には潮氷漬けにして魚をまんべんなく冷やす事ですぐにしめる事が出来ますが、中型~大型の場合にはそうはいきません。
体が大きい為潮氷漬け程度では暴れてしまい身が傷ついてしまう可能性が高いので、ベストな状態でしめることが出来ません。

中型、大型の魚が血抜きをして持ち帰る

そこでおすすめなのは、血抜きする方法です。頭と尾の付け根にナイフを入れて血を抜きます。
血を抜くことで魚の体に血が回るのを防ぐことができるので、新鮮な状態で持ち帰ることが出来ます。

また、大型の魚の場合はクーラーボックスに入らないこともありますから、冷やし続けることが難しいですよね。
たいていの場合は発泡スチロールなどにいれて持ち帰ることになると思います。

大型の魚は、釣りを行なっている間は下あごにフックを貫通させて、海水の中に吊るし生きたままの状態にしておきます。
そして、帰る時に血抜きをしてしめて、持ち帰る方法が一般的です。

クーラーボックスで魚を保存する時の氷は海水がベスト!

クーラーボックスで魚を保存する時には、釣ってすぐに潮氷漬けにしてしめるのがお勧めです。

潮氷漬けは先ほどもご紹介しように、クーラーボックスに氷と海水をいれ、その中で魚を冷やししめる方法です。

この時に普通の水で作られた氷だと氷が解けることで塩分濃度が下がってしまいますよね。
ですから、海水で作った氷を使うのが最もベストな方法です。
そうすることで、氷が解けきった後も塩分濃度が下がらすに済みます。

なぜ保存に塩分濃度が大事なのか?

水で魚を冷やすと魚がふやけてしますのです。この現象には浸透圧が関係しています。

氷が解けて塩分濃度が下がると浸透圧も変わってきてしまいます。

氷は海水で作るのがおすすめですが、塩水は凍るまでに数日かかります。その作業大変だという方は、塩で塩分濃度を調節しても良いでしょう。
神経質になる必要はありませんが、真水に近くなってくると潮氷漬けにする意味が半減してしまいます。

クーラーボックスの種類や保冷力や価格について

釣った魚をクーラーボックスで保存する時には、クーラーボックス選びも大切です。

クーラーボックスはいろいろな種類のものが売られていますよね?
保冷性能の高いものが、クーラーボックスとしては優秀です。
そして保冷性能は素材で決まります。

クーラーボックスに使われる断熱材でよく見かけるのは、発泡スチロール、ウレタン、真空パネルではないでしょうか?

最も安価で売られているのは発砲スチロールを使っているクーラーボックスです。
軽くて便利ですが、保冷力は低いです。

高価格で売られているが、真空パネルを用いているものです。
これは多孔質素材を金属のフィルムで真空パックしたもので、保冷力はとても高いです。
しかし、その分かなり重くなります。
クーラーボックスのどの面にどれくらい真空パネルを使用しているかで、価格が変わります。
クーラーボックスの上下側面の全てに真空パネルを使っているものが、最も効果で保冷力があり、そして重いです。

発泡スチロールと真空パネルの中間に位置するのが、ウレタンを使ったクーラーボックスです。
ウレタンは価格、重さ、保冷力の全てが中間に位置しています。

どれが良いかは、遠征距離や外気温などによっても変わるでしょう。
上記を参考に、ベストなクーラーボックスを見つけてください。

魚はなぜ締めるのか?その理由とは

魚をクーラーボックスで保存して持ち帰る時には、「しめる」作業を行うのがおすすめです。
「しめる」ということは、釣り上げたあとバケツなどで生かすのではなく、なるべく早くに絶命させる行為です。
しめることで魚が美味しく食べられるというのは有名な話ですよね。

魚が生きるためのエネルギーの1つに、アデノシン三リン酸という物質があります。
実はこれが魚の死後に分解されて、イノシン酸と呼ばれる旨み成分に変わります。

しかしこのアデノシン三リン酸は、魚が生きる為のエネルギーですから運動することによってどんどん消費されるのです。

釣り上げた後の魚はとっても暴れますよね。
するとアデノシン三リン酸がどんどん消費されるのです。
ですから後に分解されて出来るイノシン酸の量も減ります。
イノシン酸は旨み成分ですから、これが減るという事は美味しさが減るという事なのです。

「しめる」という事は、出来るだけアデノシン三リン酸を体内に残した状態で絶命させるという事です。
より美味しく食べる為には、しめる事が重要になるのです。