注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

関西人は性格がきついのではなく、言葉遣いがストレートなのです!

関西人に対するイメージってメディアからの思い込みが多いような気がします。

性格がきついのではなく、言葉の使い方がキツく感じられるのでは?
また、日本人特有の本音と建前の本音の部分でお付き合いをするので、キツイと感じるのではないのでしょうか?

オブラートに包まない、本音の関西人とは?

人間性が悪いように言われてしまう損な性格の関西人ですが、面倒見がよく人情味溢れた関西の人たちです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

バドミントンを子供の初心者に指導する際に心掛けたいこと

バドミントン初心者の子供にどう指導するべきか、コーチとして一番悩むところでしょう。バドミント...

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

子供のテレビの見過ぎを防ぐコツや上手な付き合い方のルール作り

子供のテレビの見過ぎというのは、子供にとってどんな影響を与えるのでしょうか?では、見過ぎない...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

生後2週間の赤ちゃんが寝ない!原因は魔の3週目?新生児の育児

それまではよく眠っていたのに、生後2週間を過ぎた頃から赤ちゃんが寝なくなってしまう・ぐずるようになっ...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

犬がズボンを噛むのはどうして?服を噛まれた時の対処方法

犬がズボンを噛むのはストレスがたまっているせい?犬が洋服を噛んでくるときには、きちんと教えてあげるこ...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

スポンサーリンク

関西人の性格、きついって言われるけど、ざっくばらんなだけ!

人は誰しも、出来ることなら人に嫌われたくないし、人からどう見られているのかを気にしてしまいがちですよね。なるべく人から嫌われないためには、本音と建前を使い分ける必要があるので、ついつい心にもないお世辞を言ってみたり、本当は怒りたいところをオブラートに包んでみたりもします。

関西人の場合

人からどう見られているかとか、良い人に見られたいという意識が低いため、包み隠さず本音でズバッと言う人が多く、それが「関西人=性格がきつい」と思われている原因なのだと思います。

「こう言ったら相手は自分のことをどう思うか?」が気になってしまうと、つい厳しい言葉を言うのもためらってしまうものですが、関西人はそもそもオブラートに包むという文化がないため、平気できついことも言うし、相手に対してもきつい要求をしてくるのです。

しかしそれらはけっして関西人の性格的なものではなく、それが当たり前の社会で育ち、お互いに思ったことをストレートに言うのが当たり前の環境で生活していれば、自然とそうなってしまうものです。言い換えれば、裏表がなくてざっくばらんな人たちが多いということでしょう。

関西人は性格がきついのではなくて言葉の使い方がキツく聞こえる

関西人、とくに女性の性格がきついと思われる原因としては、性格の悪さというよりも言葉遣いの悪さにあるのではないでしょうか。「アホ!ボケ!」などの言葉が頻繁に出てくると、言葉遣いが怖くてきつい性格のように感じますが、関西人にとっては愛情表現の一部だったりもするのです。

身近に関西出身者がいない場合

関西人へのイメージのほとんどは、テレビなどのメディアを通したものでしょう。女優さんやタレントさんの中にも関西人は数多くいますが、大半は標準語を話すため、そもそもあまり関西人だというイメージはない場合も多いです。テレビ番組などに出ている女性お笑い芸人さんは、男性の芸人さんに負けじと気の強いキャラで押してくる人が多いため、言葉遣いもきつく、それがつまり「関西人の女性は性格がきつい」というイメージとして定着しているのでしょう。

実際には、関西人の中にもおとなしいタイプはいますし、気が弱くて揉め事を避けるために本音を言わない(言えない)人もいます。そして、同じ関西においても、近隣の他県とのライバル意識のようなものが存在し、お互いに「あっちの県民のほうが性格が悪い」だとか、「私たちのほうが優しい」だとか言い合っているのだとか。

関西人の性格がきついと言われるのは謙虚さがないから!?

普段、テレビなどのメディアで活躍する関西人の多くが、自己主張が激しくてグイグイと前に出てくるタイプや、とにかくしつこいといった点が目立つので、そのイメージから関西人自体があまり好きではないという人もいるかもしれません。

メディアの世界で生き残るには、とにかく目立つことが求められるため、どうしてもガツガツと前に出ざるを得ないのでしょうが、自分が自分がと自己主張が激しすぎると、見ている人によってはあまり良い印象を持てず、関西人全体が苦手になってしまうケースもあるようです。

メディアに限らず、人を押しのけて目立とうとする姿は、時として人に不快感を与えるものです。これは日本人特有の感覚かもしれませんが、あまり出しゃばらず、遠慮がちで謙虚な姿勢を保っている人のほうが、より好感が持てるのではないでしょうか。

関西人の中にも、様々なタイプがいます。気遣いの出来る優しい人や、おしとやかな女性も数多く存在しますので、関西人に対してネガティブなイメージを持っている方は、実際に一度、関西を訪れてみてはいかがでしょうか?

関西人ってどんなイメージ?

関西人はノリがよくて冗談好き

関西人はそのイメージどおり、ノリがよくて冗談が大好きな人が多いです。常に何かネタ探しをしていて、面白い話を人に話すことで、そのリアクションを楽しんだり、人の話にも激しく突っ込んだり。反対に、あまり自分の話に反応してもらえないと、ノリが悪いと相手に文句を言ってきたりすることもあります。

関西人はとにかくコミュニケーションを取りたがる

関西人の男性にお喋り好きが多いのは、人とコミュニケーションを取りたがる寂しがり屋が多いせいなのかもしれません。周囲にも思ったことは口にするタイプが多いので、「言わなくても察する」というのが苦手で、むしろ「どうして言ってくれなかったの?」と責められることも。
また、話の端々にボケやツッコミが自然と入ってくるため、話していても飽きることがありませんが、こちらの話にもオチを要求してくるので、オチのないたわいのない話はしづらいといった面も。

関西人はお財布の紐が硬い

関西人は何でも値切るイメージがあるかもしれませんが、だからといって何でもかんでもお金を払うことに対してケチだというわけではありません。関西人がお金に細かいのは、商品の品質と値段が釣り合っているかどうかを見極める、シビアな目線を持っているからなのです。
出来ることなら安く買いたいと思う反面、自分にとって価値があると判断した物に対しては、惜しげもなくお金を使うといった人が多いようです。

関西人とのお付き合いに必要な豆知識とは?

関西人のノリや話のテンポは独特

なかなか最初から上手く合わせる事は難しいかもしれません。話すテンポに圧倒されて上手く返せないでいると「自分、ノリ悪いなぁ~」と言われてしまうこともあるでしょう。

いきなりは無理でも、徐々に速いテンポには慣れるものです。それでも上手く会話が弾まないうちは、とりあえず相手の話にすべて笑ってあげましょう。関西人の男性はとくに、相手を笑わせることで、自分が相手から好かれている、認められていると感じたい傾向が強いため、どんな話でもまずは笑って聞いてあげることで、満足感を与えてあげることが出来ます。

関西人のなかにも、生真面目で会話にノリやツッコミを求めないタイプの人もいます。たとえそのようなタイプであっても、やはり誰しも自尊心や承認欲求は存在するので、相手の良い部分を多少大げさにでも褒めたり、感謝したりすることで、相手にとってもあなたがより大切な存在となるでしょう。