注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

歌が下手に感じる原因ともっと上手く歌うための練習方法

あなたは歌が好きですか?
「大好きです!」と即答できる方も多いと思いますが、「歌はちょっと下手なので自信がありません…」と答える人も少なくないのではないでしょうか。

友人と遊びに行ったり、会社の付き合いでもカラオケは外せない場所になりました。できれば歌をもっと上手く歌いたいという方も多いと思います。

そこで、歌が下手に感じる原因や、上手に歌うためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人風二重の作り方!メイクで作るくっきり立体的な目元

外国人のようなくっきりとした二重は目元が印象的で吸い込まれそうな瞳です。私達日本人からすると、キ...

ホログラムネイルの落とし方のオススメのコツや注意点とケア方法

ホログラムのネイルって普通のネイルの落とし方では、簡単に落ちないですよね。では、そんな頑固な...

【男子向け】眉毛を整える方法~簡単お手入れのコツ

あなたの眉毛はきちんと手入れがされたスッキリとした印象ですか?眉毛なんて一度も整えたことがないと...

彼氏の悩みが仕事で辛い時は余裕ができるまで待つ事も必要

彼氏が仕事の事で悩みを抱えている時、会って励ましてあげたいと思うのは当然のこと。でも、どう言...

一重男子を好きな女性の理由とスッキリイケメンになる方法とは

一重男子が好きだという女性が最近増えていますが、ただの一重男子ではなく女性が好きなスッキリイケメンに...

カナヘビのエサにダンゴムシが良い?適しているエサについて

カナヘビはペットとして人気がありますが、エサはどのようなものを好むのでしょうか?基本的には生きている...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまう...

うさぎが毛づくろいの時に鳴く理由とうさぎの鳴き声について

ペットとしても人気のうさぎですが、周りにうさぎを飼っている人はいますか?飼い始めた頃の場合は...

チューリップの球根の掘り上げ・保存方法と植え付けの方法を解説

チューリップの花が終わった後は、球根を掘り上げて保存しておくことで、次のシーズンも綺麗な花を咲かせる...

耳に髪の毛をかける人の心理・髪の毛をかける仕草は男性に人気

耳に髪の毛をかける人を見かける事もありますよね。髪の毛に癖がついてしまう事もあるのに、耳に髪の毛をか...

玄関収納にコートクロークは便利!狭くてもスッキリ簡単アイデア

玄関の収納はコートクロークがあると、外に出るときはすぐにアウターを着ることができるし、子供が帰ったと...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

友達夫婦が羨ましい。そう感じてしまったら読んでください!

友達夫婦が羨ましい。どうしたらあんなに仲良くできるのかな?それでは、あなたが友達の旦那さ...

洗車の拭き上げを上手にキレイに仕上げるコツ教えちゃいます!

洗車した後に、水分を拭き上げて仕上げますよね。この時、なにがどう間違っているのかわからないけど、...

スポンサーリンク

歌が下手と感じる原因は?

「自分は歌が下手だ」と感じる原因は、人によって様々だと思います。

うまく音程が取れなかったり、高音が出ない・裏返る。テンポがずれてしまったり、声量自体が小さくて伴奏に負けてしまう、などでしょうか。

また、自分は上手く歌っているつもりなのに、人から笑われてしまったという人もいるかもしれませんね。

このように歌が下手だと感じてしまう原因を客観的に見ていきましょう。

  • 音程が取れない
    メロディがうろ覚えだったり、なんとなく聴いているだけで間違って覚えているといった場合、音程がズレる・メロディを追いかけて歌うことになり上手く歌えない。
  • リズム感が苦手
    子供の頃から音楽に触れる機会が少なかったり、もともとリズムを取るのが苦手なケース。また、音程と同じでリズムを間違えて覚えているためズレてしまう。
  • 発声が良くない
    地声(普段話す声)と歌声を上手く使い分けられないため、歌として上手く聞こえない。

歌が下手に感じる原因がリズム感の場合の練習方法

音楽は、「旋律(メロディー)」、「律動(リズム)」、「和声(ハーモニ)」という「音楽の三原則」があります。

このそれぞれがきちんと表現されなければ、聴いていても心地よい音楽にはならず、かえって不快感をに繋がります。

つまり、音程が正しくてもリズムがズレていては下手に聴こえるし、リズムが正しくてもハーモニーがおかしければ、やはり下手に聴こえます。

これら3つがきちんと表現されて初めて、心地よい音楽になります。

このうち、リズム感を養うために知っておきたいことは「強拍」と「弱拍」。

リズムには、二拍子、三拍子といった拍子があり、その中でも何拍目は強く(強拍)、何泊目が弱く(弱拍)といった、強弱の使い分けがあります。

リズム感に自身が持てず、上手く歌えないと感じているのであれば、歌う前に音楽を聴きながら手でリズムを取ってみましょう。この時、手だけでなく体全体でリズムを感じることが重要です。

体がリズムを覚えられたら、歌を歌う場合にも正しくリズムに乗って歌えるようになります。

歌が下手な原因は自分の出している声をきちんと聞けてないことかも

歌が下手な原因が、自分の声をきちんと聞けていないことである場合もあります。

次のような方法を試してみましょう。

  1. 左手を内緒話をするように口元に添える
  2. 右手はよく聞こうとするように耳に添える
  3. そのまま歌を歌ってみる

自分の口からでた声を添えた手で耳に送り、しっかり聞き取るわけです。この場合、右耳では自分の声を聴き、左耳ではメロディーを聴きます。

こうするとメロディーと自分の歌のズレを確認することができます。

次にリズム感の改善を考えてみましょう。どうやら日本人は、他の民族に比べてリズム感には弱い傾向があるようです。

それを克服する方法として普段からリズムを気にしてみるということがあります。

例えば、信号機で色が変わる前に行数が表示されるものがありますよね。ここに表示される数字「1…2…3…」の「…」に「と」を入れてカウントしてみましょう。

この場合「と」は、いわゆるウラ拍子に当たります。

信号以外にもカウントする数字をみたら、このように普段からリズムを意識すると感覚的にも変化があると思います。

歌を上手く歌えるように気を付けるポイント

【腹式呼吸】

昔から言われる定番の音痴改善の一つが腹式呼吸。ある程度は歌えているのに、声量がなかったり、高音が出ない薄っぺらい歌声になりがちなのは、腹式呼吸ができていないから。声が枯れやすい場合も、お腹から声を出さずに喉だけで歌っている証拠です。

まず、へそのあたりに両手を当てて深く息を吸い、次にお腹をへこませることを意識して息を吐きます。腹式呼吸は、この吐き出す時に声が出るということ。

なれると声に厚みが生まれるようになります。普段から声が小さい人は、会話のときも腹式呼吸を意識するとはっきり話せるようになり、発声のトレーニングになります。

【喉を開く】

歌いなれていない人が、高音で喉が詰まったようになってしまうのは、いわゆる「喉が開いていない」状態です。

喉を開くと言われてもピンと来ないかもしれませんが、次のことを試してみてください。少しずつ息を吐くようにしながら「あぁぁぁー…」と、ダミ声で歌ってみましょう。

このガラガラ声・ダミ声を出す時は適度に喉が開くため、そのまま高音にチャレンジすると簡単に高い声が出るのです。

カラオケは点数が全てじゃない!楽しむことで上手くなる

カラオケで高得点を出すコツは「ビブラート」や「シャクレ」などのテクニックもありますが、やはり基本は正しい音程。たとえ高度な技術はなくとも、音程が正確に歌えるだけでも高得点は狙えます。

確かに、歌がうまくないと高得点は出ないかもしれませんが、得点が高いからと言って「感動する素晴らしい歌」であるとは限りません。

本来、歌は芸術に属するもので数値で得点をつけるものではありません。カラオケの得点機能は機械的に点数をつけて、盛り上がりを誘うものです・

本当に歌唱力を付けたいと思った時に、カラオケの採点にばかり気を取られてしまうと、点数は取れても本当に上手い歌ではなくなってしまう恐れがあります。

機械の点数は一つの目安ではありますが、歌は歌い人それぞれの個性があってこそ輝くものです。自分がいかに歌うことを楽しんでいるかという気持ちを歌に乗せられるようになることが、本当に歌が上手くなるということではないでしょうか。