注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。

夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりすることも子供の脳の発達に影響を与えているといいます。

もちろん、精神的にも不安定で自己肯定が低く、人間関係を構築するのが難しいようです。

家庭は安全、親は安心。この2つさえあれば、子どもはしっかりと成長します。

大人の男女ですから意見や思想の違いがあるのは当然です。
でも、それらは子どもにとってまったく関係のないこと。

大人として、守るべき子どもを守らずに、傷つけるなんて絶対にしてはいけないことです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

犬が舌を出すのはなぜ?寝る時や日常生活で舌を出すこんな理由

犬は寝るときや日常生活で舌を出す行動をすることがあります。飼い主さんからしてみれば、どうして舌を出し...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

実家に帰りたくないと言う嫁。なぜ実家を嫌がるのかを知りたい

実家に帰りたくないと嫁が言っている。オレの母ちゃん、いい人なのに…。そんなこと言ってると離婚...

夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増!離婚に至る前にすべき事

あなたの夫も趣味で物を集めていませんか?断捨離ブームもあってか、夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増し...

バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点とは

バスにベビーカーも一緒に乗り降りすることは、周りへの迷惑を考えたり、赤ちゃんのことも気にしながら、お...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

スポンサーリンク

家族が不仲ってどんな状態?子供は何を感じるの?

家族が不仲だと子供はどんなことを感じるのでしょうか。子供は両親のことが大好きです。しかしパパとママが毎日喧嘩をしていると家庭環境が悪いですよね。離婚をしないとしても、子供の前でいつも喧嘩をするのは、子供の性格に1番悪い影響を与えるのです。ストレスに感じ健康面にも影響を与えるのです。

夫婦仲だけではなく、祖父母との関係も子供に影響することを知っていますか?よくあることですが、姑が嫁いびりをしたり、悪口をいう事です。子供にとっては両親の存在が1番なので、どんな理由でも大好きなママがおばあちゃんに文句を言われて悲しい顔をしたり、泣いたりする姿を見るのはとてもストレスに感じてしまうのです。子供は両親のことも大好きですが、祖父母のことも大好きなので会えなくなってしまうのは悲しいのです。
最近では共働きの家庭が増えたことで両親が忙しい場合もあります。そうなると子供の相手をする時間がなくなります。子供の話を聞いてあげる時間がない、食事も別々になってしまうとコミュケーションを取る時間が少なくなってしまうので不仲になってしまう可能性も高くなるのです。そうなると子供は寂しく感じたり、孤独に感じたまま育ってしまいます。

家族が不仲で子供が発するSOSとは?

家族が不仲だと子供にどのような影響があるのでしょうか。子供は親にサインを送っています。色々なサインを見逃さないようにしましょう。もしかすると自分の子供もサインを送っているかもしれません。

文部省によると、2012年の時点で全国の小中学生の不登校の生徒は、11万人いました。少ない数字ではないので、他人事ではないと思う保護者も多いのではありませんか?子供が不登校になると責任は学校にあるという親が多いそうです。しかしその責任は親にあることに気がついて欲しいです。

引きこもりもサインの1つです。子供の頃に引きこもりになってしまうと、大人になって社会復帰することが難しくなります。学校にも行かず、部屋から出てこない子供を疑問に思う親は多いです。子供が引きこもりになってしまったら、親の力だけではどうすることも出来ないことが多いので、周囲のサポートを借りるようにしましょう。中には子供が引きこもりの状態になっていることを知られたくないという人もいますよね。しかし子供のことを1番に考えて対応してあげることが大切です。

家族、特に夫婦が不仲だと子供には悪影響しか与えられない

夫婦は元々他人ですよね。喧嘩をすることも、仲が悪くなることもあります。問題が重なると夫婦の関係を修復できなくなることもあります。でも子供には関係のないことですよね。夫婦喧嘩は出来るだけ子供のいない所でしましょう。しかし1つ屋根の下で暮らしていると子供のいない所で喧嘩するのは難しいですよね。もし子供の前で喧嘩をしてしまったら、仲直りをする所まで見せるのが大切です。喧嘩しても仲直り出来る、なんでも言うことが出来るという事を、子供が学べるようにしましょう。

夫婦喧嘩をしてはいけないとはいいません。毎日一緒に暮らしていると嫌なことがあります。喧嘩してもいいですが、いつも喧嘩したり、口も聞かないなどの状況は子供にとって想像以上に苦しい環境になってしまいます。

そして夫婦仲が不仲だと、母親の愛情が子供に向けられることが多くあります。そうなると子供へ過干渉になってしまい、自己形成や自立に支障を及ぼすことがあるのです。

夫婦として成り立っていない親に育てられた子供はどのような人格形成されるの?

自己肯定感を持てずに育つので自分に自信を持てない、人とのコミュケーションが取れないなどの影響が出てきます。

自分が悪い子だから両親が喧嘩していると感じたり、いつも周囲を気にしたりすることが多く、他人とコミュケーションを取ることが苦手に感じます。そして父親が無関心や無干渉の家庭で育つと、娘のいる家庭では男性観が破壊しやすいです。そして父親と同じくらいの年齢の人と結婚する人が多いような感じがします。子供の頃の影響が出ているような気がします。

そして1番良くないことですが、母親が父親の愚痴や悪口を子供に言ってはいけないのです。子供にとって大好きなパパです。パパの事を悪く言われていい気分にはなりませんよね。絶対に子供には悪口や愚痴を言わないようにしましょう。

両親が不仲で激しいケンカをする環境で育てられた子供は脳の一部が萎縮する!

夫婦喧嘩は疲れているなど些細なことがキッカケになること多いですよね。夫婦喧嘩は子供にとって、かなり脳に響きます。目の前で見ている子供も傷ついています。子供の前ではしないように心がけましょう。

夫婦喧嘩を見ているだけで子供の脳が傷ついていることを知っていますか?どこの家庭でも夫婦喧嘩はあると思います。しかし喧嘩が行き過ぎてしまったり、何度も同じことをくり返すと、汚い言葉を聞いたり、見たりすることで子供の心や脳にダメージを受けるのです。

夫婦喧嘩が言葉や暴力などを目の当たりにしてきた子供の脳の一部が萎縮していることが判明したのです。そして両親が使っている汚い言葉を平気で使うようになったり、感情が上手くコントロール出来ない子供に育ってしまいます。そのような子供に育ってしまわないように気をつけましょう。