注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。

夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりすることも子供の脳の発達に影響を与えているといいます。

もちろん、精神的にも不安定で自己肯定が低く、人間関係を構築するのが難しいようです。

家庭は安全、親は安心。この2つさえあれば、子どもはしっかりと成長します。

大人の男女ですから意見や思想の違いがあるのは当然です。
でも、それらは子どもにとってまったく関係のないこと。

大人として、守るべき子どもを守らずに、傷つけるなんて絶対にしてはいけないことです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のトラブルで喧嘩に発展しそうな時は車外に出てはいけない

車によるトラブルは喧嘩に発展しやすく、最近はあおり運転による逮捕者が出るほど深刻化しています。...

パンやケーキを包丁で切るときのコツやポイント

パンやケーキを包丁で切るときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?いつも使っている包丁でパンやケー...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

魚の出汁の取り方とは?臭みを取るポイントやコツをご紹介

魚の出汁で美味しいご飯を作りたい!けれど、出汁の取り方ってなんだか難しそう・・。魚の出汁をとると...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから?どんな赤ちゃん...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じ...

スポンサーリンク

家族が不仲ってどんな状態?子供は何を感じるの?

家族が不仲だと子供はどんなことを感じるのでしょうか。子供は両親のことが大好きです。しかしパパとママが毎日喧嘩をしていると家庭環境が悪いですよね。離婚をしないとしても、子供の前でいつも喧嘩をするのは、子供の性格に1番悪い影響を与えるのです。ストレスに感じ健康面にも影響を与えるのです。

夫婦仲だけではなく、祖父母との関係も子供に影響することを知っていますか?よくあることですが、姑が嫁いびりをしたり、悪口をいう事です。子供にとっては両親の存在が1番なので、どんな理由でも大好きなママがおばあちゃんに文句を言われて悲しい顔をしたり、泣いたりする姿を見るのはとてもストレスに感じてしまうのです。子供は両親のことも大好きですが、祖父母のことも大好きなので会えなくなってしまうのは悲しいのです。
最近では共働きの家庭が増えたことで両親が忙しい場合もあります。そうなると子供の相手をする時間がなくなります。子供の話を聞いてあげる時間がない、食事も別々になってしまうとコミュケーションを取る時間が少なくなってしまうので不仲になってしまう可能性も高くなるのです。そうなると子供は寂しく感じたり、孤独に感じたまま育ってしまいます。

家族が不仲で子供が発するSOSとは?

家族が不仲だと子供にどのような影響があるのでしょうか。子供は親にサインを送っています。色々なサインを見逃さないようにしましょう。もしかすると自分の子供もサインを送っているかもしれません。

文部省によると、2012年の時点で全国の小中学生の不登校の生徒は、11万人いました。少ない数字ではないので、他人事ではないと思う保護者も多いのではありませんか?子供が不登校になると責任は学校にあるという親が多いそうです。しかしその責任は親にあることに気がついて欲しいです。

引きこもりもサインの1つです。子供の頃に引きこもりになってしまうと、大人になって社会復帰することが難しくなります。学校にも行かず、部屋から出てこない子供を疑問に思う親は多いです。子供が引きこもりになってしまったら、親の力だけではどうすることも出来ないことが多いので、周囲のサポートを借りるようにしましょう。中には子供が引きこもりの状態になっていることを知られたくないという人もいますよね。しかし子供のことを1番に考えて対応してあげることが大切です。

家族、特に夫婦が不仲だと子供には悪影響しか与えられない

夫婦は元々他人ですよね。喧嘩をすることも、仲が悪くなることもあります。問題が重なると夫婦の関係を修復できなくなることもあります。でも子供には関係のないことですよね。夫婦喧嘩は出来るだけ子供のいない所でしましょう。しかし1つ屋根の下で暮らしていると子供のいない所で喧嘩するのは難しいですよね。もし子供の前で喧嘩をしてしまったら、仲直りをする所まで見せるのが大切です。喧嘩しても仲直り出来る、なんでも言うことが出来るという事を、子供が学べるようにしましょう。

夫婦喧嘩をしてはいけないとはいいません。毎日一緒に暮らしていると嫌なことがあります。喧嘩してもいいですが、いつも喧嘩したり、口も聞かないなどの状況は子供にとって想像以上に苦しい環境になってしまいます。

そして夫婦仲が不仲だと、母親の愛情が子供に向けられることが多くあります。そうなると子供へ過干渉になってしまい、自己形成や自立に支障を及ぼすことがあるのです。

夫婦として成り立っていない親に育てられた子供はどのような人格形成されるの?

自己肯定感を持てずに育つので自分に自信を持てない、人とのコミュケーションが取れないなどの影響が出てきます。

自分が悪い子だから両親が喧嘩していると感じたり、いつも周囲を気にしたりすることが多く、他人とコミュケーションを取ることが苦手に感じます。そして父親が無関心や無干渉の家庭で育つと、娘のいる家庭では男性観が破壊しやすいです。そして父親と同じくらいの年齢の人と結婚する人が多いような感じがします。子供の頃の影響が出ているような気がします。

そして1番良くないことですが、母親が父親の愚痴や悪口を子供に言ってはいけないのです。子供にとって大好きなパパです。パパの事を悪く言われていい気分にはなりませんよね。絶対に子供には悪口や愚痴を言わないようにしましょう。

両親が不仲で激しいケンカをする環境で育てられた子供は脳の一部が萎縮する!

夫婦喧嘩は疲れているなど些細なことがキッカケになること多いですよね。夫婦喧嘩は子供にとって、かなり脳に響きます。目の前で見ている子供も傷ついています。子供の前ではしないように心がけましょう。

夫婦喧嘩を見ているだけで子供の脳が傷ついていることを知っていますか?どこの家庭でも夫婦喧嘩はあると思います。しかし喧嘩が行き過ぎてしまったり、何度も同じことをくり返すと、汚い言葉を聞いたり、見たりすることで子供の心や脳にダメージを受けるのです。

夫婦喧嘩が言葉や暴力などを目の当たりにしてきた子供の脳の一部が萎縮していることが判明したのです。そして両親が使っている汚い言葉を平気で使うようになったり、感情が上手くコントロール出来ない子供に育ってしまいます。そのような子供に育ってしまわないように気をつけましょう。