注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないのは寂しいですよね。

そこで今回は、ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介します。

ロングスカートを履いて油汚れがついてしまった時の裏技や、タイトスカートで自転車で乗る時の裏技も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食とお風呂の順番は?一番はママが気にし過ぎないこと

離乳食が始まる時期になると、離乳食が先か、それともお風呂が先かの順番に悩みます。離乳食で汚れた口...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

赤ちゃんが寝れないで泣く原因と対処法!赤ちゃんの睡眠を解説

赤ちゃんが寝れないで泣くことに頭を悩ませているママもいますよね。赤ちゃんは話をすることができないため...

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

猫の喧嘩とじゃれあいの見分け方や激しい喧嘩を止める方法とは

猫は喧嘩をしているのかじゃれあいをしているのか、時にわからないことがありますよね。猫のじゃれ...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

子供は幽霊が見える?子供が幽霊を見やすい理由と霊感の有無

子供からある日「幽霊が見える」と言われたらビックリしますよね。まさか…と半信半疑でも、まさか本当...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

料理の盛り付けの資格、フードコーディネーターの資格や仕事

雑誌の写真や、テレビ番組などでキレイに盛り付けられた料理をみるとより美味しそうに感じますね。料理...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

スポンサーリンク

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技グッズは?

スカートで自転車に乗る時は巻き込み防止ガードをつける

ロングスカートで自転車に乗ると、スカートの巻き込みが心配です。そんなスカートの巻き込みを防止してくれるアイテムがあります。

一番良いのは、巻き込み防止ガードがついている自転車を買う事です。いわゆるママチャリの後輪部分についているイメージですが、最近は付いていない自転車も多くなっています。ついていない場合は、後から付けることも出来ます。なお、網目の細かいガードの方が巻き込み防止率が高いのでおすすめです。しかし、ヒラヒラしたロングスカートの場合は、巻き込み防止ガードでは塞ぎ切れない場合もあります。

そんな時は、スカート留めクリップというものを併用するのがおすすめです。スカートの足と足の間の部分をクリップでとめることで、スカートがヒラヒラしにくくなって巻き込み防止効果やスカートがめくれあがっていくのを防止する効果が期待できます。ただし、足の間でスカートを留めるので、ペダルが漕ぎづらくなる可能性があります。ヘアピンのパッチン留めと同じような構造になっているので、使い方も簡単です。

ロングスカートで自転車に乗る時の裏技で輪ゴムを使う方法は?

巻き込み防止ガードもスカート留めクリップも手元になくて、身近にあるものでスカートの裾をどうにかしたいときは輪ゴムを使いましょう。裾をたくし上げて、たくし上げた部分の布を左右どちらかに一つにまとめて輪ゴムで縛ってしまいます。ロングスカートの裾を輪ゴムで無理やりまとめて膝丈スカートに一時的にする方法です。まとめた裾部分がだらりと垂れると後輪に巻き込む可能性があるので、お団子状にまとめるようにしましょう。ただし、この方法は見た目も悪く、スカートにしわもついてしまうので、注意が必要です。

他には、スカートの後ろをたくし上げて、スカートが垂れないようにお尻の下に敷いてサドルに座り、ロングスカートの後ろ側を短くする方法もあります。前部分は長いままなので、早くこぐとめくれあがったり巻き込みの可能性があるので、ゆっくりこぐようにしましょう。この方法も、後ろ側にしわがついてしまうことがありますが、手元に何もないときに使える方法です。

また、専用のスカート留めクリップが無くても、洗濯ばさみや文房具のクリップでも代用可能です。

ロングスカートで自転車に乗り油汚れがついてしまった!汚れを落とす裏技はある?

ロングスカートで自転車に乗った後、気付いたらスカートの裾に汚れがついていた経験はありませんか?泥汚れなら洗えば大体取れますが、チェーンの油汚れがついてしまうと、普通に洗っただけでは取れずに汚れが残ってしまうことが多いです。

ロングスカートに着いた油汚れを落とす方法

メイク落とし用のオイルクレンジングと台所用洗剤を1:1の割合で混ぜたものを使います。歯ブラシに混ぜた液を付けて、汚れた部分を叩きます。この時、スカートの下にタオルを敷いて、そのタオルに汚れを移すイメージで汚れを叩きます。歯ブラシで叩いても落ちない場合は、混ぜた液を付けて直接手もみ洗いをします。その後、ぬるま湯ですすいでから、普通に洗濯をします。

なお、スカートの素材によってはシミになってしまったり、生地を傷めてしまうことがあるので、充分に注意してください。

ロングスカートについた自転車汚れはクリーニングに出した方が無難かも

上記の方法で汚れが取れない場合や、繊細な記事のスカートの場合は、クリーニングに出してプロにお願いしましょう。

そもそも、自転車のチェーンの油汚れは、ただの油汚れではありません。汚れの成分が油1種類のみならそれほど苦労せず自宅でも落とすことが出来ますが、自転車のチェーンの油汚れは、油、スス、錆び、水等少なくとも3種類以上の汚れが混ざっているので、それぞれの汚れにアプローチする必要があるのです。

自分で汚れを落とそうとして失敗すると、汚れが繊維の奥まで入り込んでしまって、余計に落とすのが難しくなってしまうことがあります。一度繊維の奥まで汚れが入り込んでしまうと、簡単には落とせなくなってしまいます。お気に入りのスカートで失敗したくないなら、自分で試さずにプロに相談した方が確実かもしれません。

タイトスカートで自転車を乗る時の裏技はある?

自転車に乗るときはロングスカートとは限りません。自転車が乗りにくいスカートの種類と言えば、タイトスカートではないでしょうか。タイトスカートは巻き込む心配はありませんが、自転車の乗りにくさはダントツです。

タイトスカートはその名の通り、体のラインに沿ってタイトな作りになっているので、足を大きく開いたりすることが出来ません。そのため、タイトスカートで自転車に乗ると、足さばきが制限されます。フレームやサドルにスカートの裾が引っかかって、乗るのもままならない場合もあるでしょう。乗りにくい場合は無理をしないで、他の方法で移動するのが一番安全です。

それでもタイトスカートで自転車に乗る必要がある場合は、出来るだけストレッチ性のある生地でスリット入りの足がさばきやすいデザインのタイトスカートを選ぶと良いでしょう。

また、ぴったりフィットしたタイトスカートだと、摩擦で自転車に乗っている間にスカートがずり上がってきてしまいますので、裏地がついているタイトスカートや、多少ヒップや足回りに余裕があるサイズやデザインを選ぶのもおすすめです。