注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないのは寂しいですよね。

そこで今回は、ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介します。

ロングスカートを履いて油汚れがついてしまった時の裏技や、タイトスカートで自転車で乗る時の裏技も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方や予防方法を紹介

いつもピカピカにしておきたいとは思うけれど、気がついたらできてしまっているのがトイレの水垢。トイレに...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。同じ年齢の子供...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

赤ちゃんにママのイライラは伝わる!ニコニコママになるには

赤ちゃんにイライラしているママの気持って伝わるの?リラックス状態か、ストレス状態か赤ちゃんに...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

大学から吹奏楽を始めたい!楽器初心者へのアドバイス

吹奏楽に興味があり、大学生から始めるというのはやはり大変なことなのでしょうか?何かの機会に演奏を...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

スポンサーリンク

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技グッズは?

スカートで自転車に乗る時は巻き込み防止ガードをつける

ロングスカートで自転車に乗ると、スカートの巻き込みが心配です。そんなスカートの巻き込みを防止してくれるアイテムがあります。

一番良いのは、巻き込み防止ガードがついている自転車を買う事です。いわゆるママチャリの後輪部分についているイメージですが、最近は付いていない自転車も多くなっています。ついていない場合は、後から付けることも出来ます。なお、網目の細かいガードの方が巻き込み防止率が高いのでおすすめです。しかし、ヒラヒラしたロングスカートの場合は、巻き込み防止ガードでは塞ぎ切れない場合もあります。

そんな時は、スカート留めクリップというものを併用するのがおすすめです。スカートの足と足の間の部分をクリップでとめることで、スカートがヒラヒラしにくくなって巻き込み防止効果やスカートがめくれあがっていくのを防止する効果が期待できます。ただし、足の間でスカートを留めるので、ペダルが漕ぎづらくなる可能性があります。ヘアピンのパッチン留めと同じような構造になっているので、使い方も簡単です。

ロングスカートで自転車に乗る時の裏技で輪ゴムを使う方法は?

巻き込み防止ガードもスカート留めクリップも手元になくて、身近にあるものでスカートの裾をどうにかしたいときは輪ゴムを使いましょう。裾をたくし上げて、たくし上げた部分の布を左右どちらかに一つにまとめて輪ゴムで縛ってしまいます。ロングスカートの裾を輪ゴムで無理やりまとめて膝丈スカートに一時的にする方法です。まとめた裾部分がだらりと垂れると後輪に巻き込む可能性があるので、お団子状にまとめるようにしましょう。ただし、この方法は見た目も悪く、スカートにしわもついてしまうので、注意が必要です。

他には、スカートの後ろをたくし上げて、スカートが垂れないようにお尻の下に敷いてサドルに座り、ロングスカートの後ろ側を短くする方法もあります。前部分は長いままなので、早くこぐとめくれあがったり巻き込みの可能性があるので、ゆっくりこぐようにしましょう。この方法も、後ろ側にしわがついてしまうことがありますが、手元に何もないときに使える方法です。

また、専用のスカート留めクリップが無くても、洗濯ばさみや文房具のクリップでも代用可能です。

ロングスカートで自転車に乗り油汚れがついてしまった!汚れを落とす裏技はある?

ロングスカートで自転車に乗った後、気付いたらスカートの裾に汚れがついていた経験はありませんか?泥汚れなら洗えば大体取れますが、チェーンの油汚れがついてしまうと、普通に洗っただけでは取れずに汚れが残ってしまうことが多いです。

ロングスカートに着いた油汚れを落とす方法

メイク落とし用のオイルクレンジングと台所用洗剤を1:1の割合で混ぜたものを使います。歯ブラシに混ぜた液を付けて、汚れた部分を叩きます。この時、スカートの下にタオルを敷いて、そのタオルに汚れを移すイメージで汚れを叩きます。歯ブラシで叩いても落ちない場合は、混ぜた液を付けて直接手もみ洗いをします。その後、ぬるま湯ですすいでから、普通に洗濯をします。

なお、スカートの素材によってはシミになってしまったり、生地を傷めてしまうことがあるので、充分に注意してください。

ロングスカートについた自転車汚れはクリーニングに出した方が無難かも

上記の方法で汚れが取れない場合や、繊細な記事のスカートの場合は、クリーニングに出してプロにお願いしましょう。

そもそも、自転車のチェーンの油汚れは、ただの油汚れではありません。汚れの成分が油1種類のみならそれほど苦労せず自宅でも落とすことが出来ますが、自転車のチェーンの油汚れは、油、スス、錆び、水等少なくとも3種類以上の汚れが混ざっているので、それぞれの汚れにアプローチする必要があるのです。

自分で汚れを落とそうとして失敗すると、汚れが繊維の奥まで入り込んでしまって、余計に落とすのが難しくなってしまうことがあります。一度繊維の奥まで汚れが入り込んでしまうと、簡単には落とせなくなってしまいます。お気に入りのスカートで失敗したくないなら、自分で試さずにプロに相談した方が確実かもしれません。

タイトスカートで自転車を乗る時の裏技はある?

自転車に乗るときはロングスカートとは限りません。自転車が乗りにくいスカートの種類と言えば、タイトスカートではないでしょうか。タイトスカートは巻き込む心配はありませんが、自転車の乗りにくさはダントツです。

タイトスカートはその名の通り、体のラインに沿ってタイトな作りになっているので、足を大きく開いたりすることが出来ません。そのため、タイトスカートで自転車に乗ると、足さばきが制限されます。フレームやサドルにスカートの裾が引っかかって、乗るのもままならない場合もあるでしょう。乗りにくい場合は無理をしないで、他の方法で移動するのが一番安全です。

それでもタイトスカートで自転車に乗る必要がある場合は、出来るだけストレッチ性のある生地でスリット入りの足がさばきやすいデザインのタイトスカートを選ぶと良いでしょう。

また、ぴったりフィットしたタイトスカートだと、摩擦で自転車に乗っている間にスカートがずり上がってきてしまいますので、裏地がついているタイトスカートや、多少ヒップや足回りに余裕があるサイズやデザインを選ぶのもおすすめです。