注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? レポートと感想文にはどんな違いがあるのでしょうか?

レポートと感想文はまったく違うものですが、レポートの中に自分の意見を書くことも必要です。

感想文の書き方、レポートの違いや書き方を知ることでさらによりよいものが書けるようになるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

関西人は性格がきついのではなく、言葉遣いがストレートなのです!

関西人に対するイメージってメディアからの思い込みが多いような気がします。性格がきついのではな...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

赤ちゃんが寝れないで泣く原因と対処法!赤ちゃんの睡眠を解説

赤ちゃんが寝れないで泣くことに頭を悩ませているママもいますよね。赤ちゃんは話をすることができないため...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

離乳食を冷凍して持ち運びする場合の注意点について解説します

夏休みやお盆など夏の暑い時に帰省などで長時間移動するとなると、離乳食の持ち運びをどうするか悩んでしま...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。独学で合格する人ももちろん...

新生児が寝ないことにイライラする!そんなママに伝えたいこと

生まれたばかりの新生児、赤ちゃんは泣くのが仕事だと言うけど、いつまでも寝ないとママもイライラする日々...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

男は本能で子孫繁栄したくなる!本能が選びたくなる女性のタイプ

「男の人が浮気をするのは本能だから」という話を聞いたことがある人もいますよね。男の人は子孫繁栄のため...

スポンサーリンク

レポートと感想文の違いは「目的」

学校から「レポートを提出して下さい」であったり、「感想文を提出して下さい」と言われることがあると思いますが、レポートと感想文の違いって一体なんなのでしょうか。
その答えの鍵となるものですが、それぞれの「目的」にあります。

レポートとは

問題に対する自分なりの答えが要求されますが、その自分の答えとなる証拠や理性的な推論が求められます。

書き方は、序論、本論、結論が一般的となります。

感想文とは

感想文の場合はテーマがある訳ではなく、自分が感じたことを自由に書く、個人の体験が重視されます。

起承転結という書き方をします。

 

レポートと感想文は文章の書き方にも違いがある

レポートと感想文、どういった点に違いが出てくるのか、「目的」という視点から上記ではその違いをみてきました。

次に、レポートと感想文、書き方にも違いがあるので、その書き方についてここでは詳しくみていきたいと思います。

感想文

感性や日本語力が評価される。テーマは必要なし。
切り口としては、その本からこんな発見をした、どんな点がお勧めか、のような切り口がお勧めになります。

レポート

講義、演習、実習、調査からくる知識が理解度が評価される。

「~です」「~ます」は上目視線になってしまうので、やめる。「である」という口調で書いていく。また、「~だ」「~である」という表現が使われるのが好ましい。
レポートは客観性が問われます。良い例が、新聞になるので、新聞を読んでどんな口調で書いたら良いのか、参考にしていって下さい。

レポートと感想文の違いを知ればレポートは書きやすい

レポートと感想文には、文章の書き方にも違うがあることが、上記の説明でわかりました。

次に、そのレポートと感想文ですが、2つの違いを理解すれば、レポートを書きやすくなると思います。そのため、レポートと感想文の違いをここでしっかり理解していきましょう。

良いレポート

テーマに対して詳細に書かれている知識と理解度が重要になってきます。その点がクリアになっていれば、先生から高評価を頂けます。その為には、テーマについて十分に理解し、何をレポートに書けばよいのか、はっきりさせることが大切になってきます。

レポートの場合ですが、読者は教員、先生になってきます。「なぜ先生はこのテーマを課題に出したのだろう?」そう自分に質問していくことによって、回答が得られると思います。

読書感想文

自分が感じたことをそのまま文章にすれば良いです。

レポートや感想文に取り掛かるのは終わってからでは遅い

レポートと感想文の違い、上記では、どんな違いがあるかをより詳細にみてきました。

次に、良いレポートや感想文を作成にするには、それなりの準備が必要であることに触れたいと思います。

どちらに対しても言えることですが、メモを取りながら物事を進めて行くことが大切になってきます。例えば、研修や講演会で聞いたことですが、メモをとったり、それなりの感想を書いて置いた方が、後々レポートや感想文を提出するのに役立っていきます。

その際ですが、「事実」「数字」「エピーソード」を意識しながらメモをとって行くことです。その数字が、あとあとレポートを書く時の大切な材料になっていきます。

上記からもわかる通り、レポートなり感想文なり、書く準備というのは、研修や講習会の最中から始まっているのです。

研修や講習会の間も、メモを取る集中力が必要になってきますね。

レポートにも使える感想文の書き方

良いレポートや感想文を書くには、それなりの準備が必要で、それは研修や講演会を聞く最中から始まっている、メモをとっていく重要性について、上記では触れてきました。

最後に、レポートにも使える、感想文の書き方について説明して終えたいと思います。

感想文の書き方のパターンやポイント

「どうしてそのように感じたのか?」この質問に答えられる感想文が、良い感想文と悪い感想文の境目になります。
「こんな風に感じた」と書くことは可能ですが、どうしてそのように感じたのか、その理由となる部分については、書き手の技術が必要になってきます。

そこで、あなたがその本に対して、「こう思った」ことについて、自分の体験をバックアップで使ったりすると、あなたのオリジナル性が出て、良い感想文になります。

そういう「根拠がある部分」を書く箇所については、レポートも感想文も似ているのかもしれませんね。レポートも根拠が必要になってきますし、感想文もただ「こう思った」だけではもの足りないものになってしまいますから。