注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? レポートと感想文にはどんな違いがあるのでしょうか?

レポートと感想文はまったく違うものですが、レポートの中に自分の意見を書くことも必要です。

感想文の書き方、レポートの違いや書き方を知ることでさらによりよいものが書けるようになるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

音楽の才能の見極め方や子供の才能を伸ばすポイントとは

子供に音楽の才能があるかどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?子供に小さいうちから...

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方と注意点

生まれてまだ日が浅い新生児一ヶ月頃までは外出禁止にした方がいいとされています。赤ちゃんが体調...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

亀の飼い方!室内での飼育方法と育て方のポイント

ペットを飼いたいけど、あまりお世話をする時間が取れない方や、留守にする時間が長いという理由で亀を飼っ...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

スポンサーリンク

レポートと感想文の違いは「目的」

学校から「レポートを提出して下さい」であったり、「感想文を提出して下さい」と言われることがあると思いますが、レポートと感想文の違いって一体なんなのでしょうか。
その答えの鍵となるものですが、それぞれの「目的」にあります。

レポートとは

問題に対する自分なりの答えが要求されますが、その自分の答えとなる証拠や理性的な推論が求められます。

書き方は、序論、本論、結論が一般的となります。

感想文とは

感想文の場合はテーマがある訳ではなく、自分が感じたことを自由に書く、個人の体験が重視されます。

起承転結という書き方をします。

 

レポートと感想文は文章の書き方にも違いがある

レポートと感想文、どういった点に違いが出てくるのか、「目的」という視点から上記ではその違いをみてきました。

次に、レポートと感想文、書き方にも違いがあるので、その書き方についてここでは詳しくみていきたいと思います。

感想文

感性や日本語力が評価される。テーマは必要なし。
切り口としては、その本からこんな発見をした、どんな点がお勧めか、のような切り口がお勧めになります。

レポート

講義、演習、実習、調査からくる知識が理解度が評価される。

「~です」「~ます」は上目視線になってしまうので、やめる。「である」という口調で書いていく。また、「~だ」「~である」という表現が使われるのが好ましい。
レポートは客観性が問われます。良い例が、新聞になるので、新聞を読んでどんな口調で書いたら良いのか、参考にしていって下さい。

レポートと感想文の違いを知ればレポートは書きやすい

レポートと感想文には、文章の書き方にも違うがあることが、上記の説明でわかりました。

次に、そのレポートと感想文ですが、2つの違いを理解すれば、レポートを書きやすくなると思います。そのため、レポートと感想文の違いをここでしっかり理解していきましょう。

良いレポート

テーマに対して詳細に書かれている知識と理解度が重要になってきます。その点がクリアになっていれば、先生から高評価を頂けます。その為には、テーマについて十分に理解し、何をレポートに書けばよいのか、はっきりさせることが大切になってきます。

レポートの場合ですが、読者は教員、先生になってきます。「なぜ先生はこのテーマを課題に出したのだろう?」そう自分に質問していくことによって、回答が得られると思います。

読書感想文

自分が感じたことをそのまま文章にすれば良いです。

レポートや感想文に取り掛かるのは終わってからでは遅い

レポートと感想文の違い、上記では、どんな違いがあるかをより詳細にみてきました。

次に、良いレポートや感想文を作成にするには、それなりの準備が必要であることに触れたいと思います。

どちらに対しても言えることですが、メモを取りながら物事を進めて行くことが大切になってきます。例えば、研修や講演会で聞いたことですが、メモをとったり、それなりの感想を書いて置いた方が、後々レポートや感想文を提出するのに役立っていきます。

その際ですが、「事実」「数字」「エピーソード」を意識しながらメモをとって行くことです。その数字が、あとあとレポートを書く時の大切な材料になっていきます。

上記からもわかる通り、レポートなり感想文なり、書く準備というのは、研修や講習会の最中から始まっているのです。

研修や講習会の間も、メモを取る集中力が必要になってきますね。

レポートにも使える感想文の書き方

良いレポートや感想文を書くには、それなりの準備が必要で、それは研修や講演会を聞く最中から始まっている、メモをとっていく重要性について、上記では触れてきました。

最後に、レポートにも使える、感想文の書き方について説明して終えたいと思います。

感想文の書き方のパターンやポイント

「どうしてそのように感じたのか?」この質問に答えられる感想文が、良い感想文と悪い感想文の境目になります。
「こんな風に感じた」と書くことは可能ですが、どうしてそのように感じたのか、その理由となる部分については、書き手の技術が必要になってきます。

そこで、あなたがその本に対して、「こう思った」ことについて、自分の体験をバックアップで使ったりすると、あなたのオリジナル性が出て、良い感想文になります。

そういう「根拠がある部分」を書く箇所については、レポートも感想文も似ているのかもしれませんね。レポートも根拠が必要になってきますし、感想文もただ「こう思った」だけではもの足りないものになってしまいますから。