注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? レポートと感想文にはどんな違いがあるのでしょうか?

レポートと感想文はまったく違うものですが、レポートの中に自分の意見を書くことも必要です。

感想文の書き方、レポートの違いや書き方を知ることでさらによりよいものが書けるようになるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

魚の出汁の取り方とは?臭みを取るポイントやコツをご紹介

魚の出汁で美味しいご飯を作りたい!けれど、出汁の取り方ってなんだか難しそう・・。魚の出汁をとると...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか?じつは猫を飼っている人にはよくあ...

男は本能で子孫繁栄したくなる!本能が選びたくなる女性のタイプ

「男の人が浮気をするのは本能だから」という話を聞いたことがある人もいますよね。男の人は子孫繁栄のため...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

ボウリングの練習は自宅でも簡単に出来る!方法と上達のコツとは

ボウリングは子供から大人まで楽しめる娯楽でもあり、スポーツでもありますね。ボウリングが上手く...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

スポンサーリンク

レポートと感想文の違いは「目的」

学校から「レポートを提出して下さい」であったり、「感想文を提出して下さい」と言われることがあると思いますが、レポートと感想文の違いって一体なんなのでしょうか。
その答えの鍵となるものですが、それぞれの「目的」にあります。

レポートとは

問題に対する自分なりの答えが要求されますが、その自分の答えとなる証拠や理性的な推論が求められます。

書き方は、序論、本論、結論が一般的となります。

感想文とは

感想文の場合はテーマがある訳ではなく、自分が感じたことを自由に書く、個人の体験が重視されます。

起承転結という書き方をします。

 

レポートと感想文は文章の書き方にも違いがある

レポートと感想文、どういった点に違いが出てくるのか、「目的」という視点から上記ではその違いをみてきました。

次に、レポートと感想文、書き方にも違いがあるので、その書き方についてここでは詳しくみていきたいと思います。

感想文

感性や日本語力が評価される。テーマは必要なし。
切り口としては、その本からこんな発見をした、どんな点がお勧めか、のような切り口がお勧めになります。

レポート

講義、演習、実習、調査からくる知識が理解度が評価される。

「~です」「~ます」は上目視線になってしまうので、やめる。「である」という口調で書いていく。また、「~だ」「~である」という表現が使われるのが好ましい。
レポートは客観性が問われます。良い例が、新聞になるので、新聞を読んでどんな口調で書いたら良いのか、参考にしていって下さい。

レポートと感想文の違いを知ればレポートは書きやすい

レポートと感想文には、文章の書き方にも違うがあることが、上記の説明でわかりました。

次に、そのレポートと感想文ですが、2つの違いを理解すれば、レポートを書きやすくなると思います。そのため、レポートと感想文の違いをここでしっかり理解していきましょう。

良いレポート

テーマに対して詳細に書かれている知識と理解度が重要になってきます。その点がクリアになっていれば、先生から高評価を頂けます。その為には、テーマについて十分に理解し、何をレポートに書けばよいのか、はっきりさせることが大切になってきます。

レポートの場合ですが、読者は教員、先生になってきます。「なぜ先生はこのテーマを課題に出したのだろう?」そう自分に質問していくことによって、回答が得られると思います。

読書感想文

自分が感じたことをそのまま文章にすれば良いです。

レポートや感想文に取り掛かるのは終わってからでは遅い

レポートと感想文の違い、上記では、どんな違いがあるかをより詳細にみてきました。

次に、良いレポートや感想文を作成にするには、それなりの準備が必要であることに触れたいと思います。

どちらに対しても言えることですが、メモを取りながら物事を進めて行くことが大切になってきます。例えば、研修や講演会で聞いたことですが、メモをとったり、それなりの感想を書いて置いた方が、後々レポートや感想文を提出するのに役立っていきます。

その際ですが、「事実」「数字」「エピーソード」を意識しながらメモをとって行くことです。その数字が、あとあとレポートを書く時の大切な材料になっていきます。

上記からもわかる通り、レポートなり感想文なり、書く準備というのは、研修や講習会の最中から始まっているのです。

研修や講習会の間も、メモを取る集中力が必要になってきますね。

レポートにも使える感想文の書き方

良いレポートや感想文を書くには、それなりの準備が必要で、それは研修や講演会を聞く最中から始まっている、メモをとっていく重要性について、上記では触れてきました。

最後に、レポートにも使える、感想文の書き方について説明して終えたいと思います。

感想文の書き方のパターンやポイント

「どうしてそのように感じたのか?」この質問に答えられる感想文が、良い感想文と悪い感想文の境目になります。
「こんな風に感じた」と書くことは可能ですが、どうしてそのように感じたのか、その理由となる部分については、書き手の技術が必要になってきます。

そこで、あなたがその本に対して、「こう思った」ことについて、自分の体験をバックアップで使ったりすると、あなたのオリジナル性が出て、良い感想文になります。

そういう「根拠がある部分」を書く箇所については、レポートも感想文も似ているのかもしれませんね。レポートも根拠が必要になってきますし、感想文もただ「こう思った」だけではもの足りないものになってしまいますから。