注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? レポートと感想文にはどんな違いがあるのでしょうか?

レポートと感想文はまったく違うものですが、レポートの中に自分の意見を書くことも必要です。

感想文の書き方、レポートの違いや書き方を知ることでさらによりよいものが書けるようになるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかし...

バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点とは

バスにベビーカーも一緒に乗り降りすることは、周りへの迷惑を考えたり、赤ちゃんのことも気にしながら、お...

1歳半の寝かしつけに音楽をかけるならこんな音楽!曲やかけ方

なかなか寝てくれない1歳半頃の赤ちゃんの寝かしつけに毎日困っていませんか?すーっと寝てくれたらど...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?6...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

スポンサーリンク

レポートと感想文の違いは「目的」

学校から「レポートを提出して下さい」であったり、「感想文を提出して下さい」と言われることがあると思いますが、レポートと感想文の違いって一体なんなのでしょうか。
その答えの鍵となるものですが、それぞれの「目的」にあります。

レポートとは

問題に対する自分なりの答えが要求されますが、その自分の答えとなる証拠や理性的な推論が求められます。

書き方は、序論、本論、結論が一般的となります。

感想文とは

感想文の場合はテーマがある訳ではなく、自分が感じたことを自由に書く、個人の体験が重視されます。

起承転結という書き方をします。

 

レポートと感想文は文章の書き方にも違いがある

レポートと感想文、どういった点に違いが出てくるのか、「目的」という視点から上記ではその違いをみてきました。

次に、レポートと感想文、書き方にも違いがあるので、その書き方についてここでは詳しくみていきたいと思います。

感想文

感性や日本語力が評価される。テーマは必要なし。
切り口としては、その本からこんな発見をした、どんな点がお勧めか、のような切り口がお勧めになります。

レポート

講義、演習、実習、調査からくる知識が理解度が評価される。

「~です」「~ます」は上目視線になってしまうので、やめる。「である」という口調で書いていく。また、「~だ」「~である」という表現が使われるのが好ましい。
レポートは客観性が問われます。良い例が、新聞になるので、新聞を読んでどんな口調で書いたら良いのか、参考にしていって下さい。

レポートと感想文の違いを知ればレポートは書きやすい

レポートと感想文には、文章の書き方にも違うがあることが、上記の説明でわかりました。

次に、そのレポートと感想文ですが、2つの違いを理解すれば、レポートを書きやすくなると思います。そのため、レポートと感想文の違いをここでしっかり理解していきましょう。

良いレポート

テーマに対して詳細に書かれている知識と理解度が重要になってきます。その点がクリアになっていれば、先生から高評価を頂けます。その為には、テーマについて十分に理解し、何をレポートに書けばよいのか、はっきりさせることが大切になってきます。

レポートの場合ですが、読者は教員、先生になってきます。「なぜ先生はこのテーマを課題に出したのだろう?」そう自分に質問していくことによって、回答が得られると思います。

読書感想文

自分が感じたことをそのまま文章にすれば良いです。

レポートや感想文に取り掛かるのは終わってからでは遅い

レポートと感想文の違い、上記では、どんな違いがあるかをより詳細にみてきました。

次に、良いレポートや感想文を作成にするには、それなりの準備が必要であることに触れたいと思います。

どちらに対しても言えることですが、メモを取りながら物事を進めて行くことが大切になってきます。例えば、研修や講演会で聞いたことですが、メモをとったり、それなりの感想を書いて置いた方が、後々レポートや感想文を提出するのに役立っていきます。

その際ですが、「事実」「数字」「エピーソード」を意識しながらメモをとって行くことです。その数字が、あとあとレポートを書く時の大切な材料になっていきます。

上記からもわかる通り、レポートなり感想文なり、書く準備というのは、研修や講習会の最中から始まっているのです。

研修や講習会の間も、メモを取る集中力が必要になってきますね。

レポートにも使える感想文の書き方

良いレポートや感想文を書くには、それなりの準備が必要で、それは研修や講演会を聞く最中から始まっている、メモをとっていく重要性について、上記では触れてきました。

最後に、レポートにも使える、感想文の書き方について説明して終えたいと思います。

感想文の書き方のパターンやポイント

「どうしてそのように感じたのか?」この質問に答えられる感想文が、良い感想文と悪い感想文の境目になります。
「こんな風に感じた」と書くことは可能ですが、どうしてそのように感じたのか、その理由となる部分については、書き手の技術が必要になってきます。

そこで、あなたがその本に対して、「こう思った」ことについて、自分の体験をバックアップで使ったりすると、あなたのオリジナル性が出て、良い感想文になります。

そういう「根拠がある部分」を書く箇所については、レポートも感想文も似ているのかもしれませんね。レポートも根拠が必要になってきますし、感想文もただ「こう思った」だけではもの足りないものになってしまいますから。