注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われていますよね。

浮き草は産卵床にもなりますが、メダカはどんな浮き草でも食べるのでしょうか?エサ代わりにもなるのでしょうか?

メダカが食べる浮き草の種類や、産卵床にもなる浮き草のメリットについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

水槽の水漏れの原因は意外なことだった?対処法を理解しよう

アクアリウムを始めたい思っているものの、マンションに住んでいると水槽が水漏れしないか心配になりますよ...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。ブレーキパットの交換につい...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

跳び箱の練習場所が自宅でできるコツや飛べるようになるポイント

跳び箱の練習は、場所や跳び箱がなくても基礎となる練習や必要な練習をすることができます。では、...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

1歳半の寝かしつけに音楽をかけるならこんな音楽!曲やかけ方

なかなか寝てくれない1歳半頃の赤ちゃんの寝かしつけに毎日困っていませんか?すーっと寝てくれたらど...

【住所を調べる方法】名前だけわかっている場合はどうするべきか

「夫が浮気しているかもしれない。」相手の名前はわかっているけど、そこから住所を突き止めたい…。そんな...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

スポンサーリンク

メダカは水草を食べる?エサとして食べることができる浮き草とは?

ずばり、メダカは水草を食べることがあります。
しかし、水草を主食とすることはなく、メダカはもともと雑食系なので植物質のものを口に入れる程度ということです。

大きな葉の水草だと、噛み千切ることができないので食べれません。
水槽の中の水草をどんどん食べてしまうということはないので安心してください。

しかし、水草の中にはメダカが食べる水草があります。
それはミジンコウキクサというもので、メダカの餌替わりにもなります。

もし旅行などで餌をあげることができない場合は水槽の中に入れて餌替わりにするのもよいでしょう。

ミジンコウキクサは消化もしやすく、様々な栄養素も含んでいますので、メダカにとって害になる事はないうえに健康面でも良い影響を与えてくれます。

栄養素の例としてはビタミン・ミネラル・カロチノイドを含んでいます。
特にカロチノイドはメダカの色揚げ効果もあるため、餌と併用してあげてみるのもよいでしょう。

植物性の餌を与えたいと考えている人はぜひ、ミジンコウキクサを取り入れてみてくださいね。

メダカが食べる浮き草は小さい形のものだけ?浮き草を入れるメリットとは?

メダカの水槽の中に浮き草や水草を入れるとメリットはたくさんあります。

  • 水槽内の浄化
    水草を入れると水草が光合成を行って、酸素を出したりなど水槽内の環境が良くなります。
    水草を入れた方が水替えする頻度も少なくて済むのです。
  • 産卵床や休憩所となる
    メダカのもともと生息していた環境に近づけるという面でも、水草は入れた方が良いでしょう。
    本来の環境と近いほうがメダカも落ち着きますし、水草はメダカの休憩所となります。
    そして産卵床ともなり繁殖もしやすくなるでしょう。
    アクアリウムの見た目がよくなるだけでなくメダカにとってもメリットはたくさんあるようですね。
    設置方法も水草は底砂に植え付けるだけでいいですし、浮き草は浮かべるだけなのでぜひ設置してあげてください。

メダカは浮き草を食べるけど、水面一杯にならないように注意しよう

浮き草を水槽に入れることは自体はメリットもありお勧めします。
しかし、あまり水面いっぱいに広がってしまうとメダカにとって、大ダメージを与えてしまうことになるので気を付けてください。

場合によっては呼吸ができずに生きれない場合があるのです。

浮き草が水面いっぱいに広がってしまうと、日の光が水槽に入って来なくなります。
メダカは日光の光を体に浴びることでビタミンを作って、健康な状態を保ちますので光を浴びれないと弱ってしまうのです。

そして、日光がないと水槽のなかの微生物にも影響がでて、メダカの餌となるプランクトンも生きていけなくなるのです。

もちろん日の光が入らないと水温も低下しますし、夜間になると浮き草は二酸化炭素を出しますので酸素不足にも陥ってしまうのです。

浮き草は夏場に増えますので、増えすぎないように調整してあげるようにしましょう。

メダカの産卵床のために浮き草を入れるなら?

もしメダカの産卵床のために浮き草や水草を入れるとしたら、どういったものがおすすめなのでしょうか。

  • アナカリス
    アナカリスは強くて育てやすい水草のため、初心者には大変おすすめです。
    浮き草と一緒に入れても大丈夫ですし、浮き草によって水中に影ができたとしてもアナカリスは強く生きることができるのです。
    寒さにも耐えることができるので、屋外でも簡単にダメになることはないのでお勧めです。
  • ホテイアオイ
    屋外でメダカを育てるのであれば、ホテイアオイを使うのは定番です。
    暖かい時期だと育ちもよく多く増えてくれます。
    ホテイアオイは浮き草なので底砂に埋める必要はありません。
    先ほども述べましたが、浮き草は増えすぎるとメダカの生育環境に害を与える場合もありますので、適正な量に調整するように気を付けて下さいね。
    そしてホテイアオイ自体も室内だと光不足であまり元気には育ってくれないので、屋外で育てる場合にお勧めします。
    根っこがしっかりしているため、メダカも好んで卵を植え付けてくれるようです。
    しかし寒さには弱いので、もし冬に育てたいという場合は、室内に取り込んだり、窓際で育てることをお勧めします。

メダカは浮き草を喜んで食べるわけではない?

メダカの食べるミジンコウキクサを水槽に入れても、あまり喜んで食べるわけではないようです。

やはり、赤虫などの餌の方が食いつきがよく喜んで食べるようで、水草はあれば食べるくらいの気持ちなのでしょう。

メダカがミジンコウキクサに飽きてしまって見向きもしなくなると、ただの水槽のごみとなってしまうことになるでしょう。

他の浮草の方が見た目もかわいいものが多いので、特別水草をあげる必要はないのかもしれませんね。

しかし、旅行などに行く際に餌やりができない場合は、餌替わりとして入れておくのは一つの手かもしれませんね。

他にもメダカははったい粉(麦焦がし)も食べますので、植物性のものを食べさせたい場合は試してみてもよいでしょう。