注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われていますよね。

浮き草は産卵床にもなりますが、メダカはどんな浮き草でも食べるのでしょうか?エサ代わりにもなるのでしょうか?

メダカが食べる浮き草の種類や、産卵床にもなる浮き草のメリットについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増!離婚に至る前にすべき事

あなたの夫も趣味で物を集めていませんか?断捨離ブームもあってか、夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増し...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

実家で同居。生活費は一人あたりいくら?参考価格を知りたい!

実家で同居をする時、みんなはどのくらいの生活費を負担しているのでしょうか?独身で実家から通勤...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。不快に感...

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」とい...

スポンサーリンク

メダカは水草を食べる?エサとして食べることができる浮き草とは?

ずばり、メダカは水草を食べることがあります。
しかし、水草を主食とすることはなく、メダカはもともと雑食系なので植物質のものを口に入れる程度ということです。

大きな葉の水草だと、噛み千切ることができないので食べれません。
水槽の中の水草をどんどん食べてしまうということはないので安心してください。

しかし、水草の中にはメダカが食べる水草があります。
それはミジンコウキクサというもので、メダカの餌替わりにもなります。

もし旅行などで餌をあげることができない場合は水槽の中に入れて餌替わりにするのもよいでしょう。

ミジンコウキクサは消化もしやすく、様々な栄養素も含んでいますので、メダカにとって害になる事はないうえに健康面でも良い影響を与えてくれます。

栄養素の例としてはビタミン・ミネラル・カロチノイドを含んでいます。
特にカロチノイドはメダカの色揚げ効果もあるため、餌と併用してあげてみるのもよいでしょう。

植物性の餌を与えたいと考えている人はぜひ、ミジンコウキクサを取り入れてみてくださいね。

メダカが食べる浮き草は小さい形のものだけ?浮き草を入れるメリットとは?

メダカの水槽の中に浮き草や水草を入れるとメリットはたくさんあります。

  • 水槽内の浄化
    水草を入れると水草が光合成を行って、酸素を出したりなど水槽内の環境が良くなります。
    水草を入れた方が水替えする頻度も少なくて済むのです。
  • 産卵床や休憩所となる
    メダカのもともと生息していた環境に近づけるという面でも、水草は入れた方が良いでしょう。
    本来の環境と近いほうがメダカも落ち着きますし、水草はメダカの休憩所となります。
    そして産卵床ともなり繁殖もしやすくなるでしょう。
    アクアリウムの見た目がよくなるだけでなくメダカにとってもメリットはたくさんあるようですね。
    設置方法も水草は底砂に植え付けるだけでいいですし、浮き草は浮かべるだけなのでぜひ設置してあげてください。

メダカは浮き草を食べるけど、水面一杯にならないように注意しよう

浮き草を水槽に入れることは自体はメリットもありお勧めします。
しかし、あまり水面いっぱいに広がってしまうとメダカにとって、大ダメージを与えてしまうことになるので気を付けてください。

場合によっては呼吸ができずに生きれない場合があるのです。

浮き草が水面いっぱいに広がってしまうと、日の光が水槽に入って来なくなります。
メダカは日光の光を体に浴びることでビタミンを作って、健康な状態を保ちますので光を浴びれないと弱ってしまうのです。

そして、日光がないと水槽のなかの微生物にも影響がでて、メダカの餌となるプランクトンも生きていけなくなるのです。

もちろん日の光が入らないと水温も低下しますし、夜間になると浮き草は二酸化炭素を出しますので酸素不足にも陥ってしまうのです。

浮き草は夏場に増えますので、増えすぎないように調整してあげるようにしましょう。

メダカの産卵床のために浮き草を入れるなら?

もしメダカの産卵床のために浮き草や水草を入れるとしたら、どういったものがおすすめなのでしょうか。

  • アナカリス
    アナカリスは強くて育てやすい水草のため、初心者には大変おすすめです。
    浮き草と一緒に入れても大丈夫ですし、浮き草によって水中に影ができたとしてもアナカリスは強く生きることができるのです。
    寒さにも耐えることができるので、屋外でも簡単にダメになることはないのでお勧めです。
  • ホテイアオイ
    屋外でメダカを育てるのであれば、ホテイアオイを使うのは定番です。
    暖かい時期だと育ちもよく多く増えてくれます。
    ホテイアオイは浮き草なので底砂に埋める必要はありません。
    先ほども述べましたが、浮き草は増えすぎるとメダカの生育環境に害を与える場合もありますので、適正な量に調整するように気を付けて下さいね。
    そしてホテイアオイ自体も室内だと光不足であまり元気には育ってくれないので、屋外で育てる場合にお勧めします。
    根っこがしっかりしているため、メダカも好んで卵を植え付けてくれるようです。
    しかし寒さには弱いので、もし冬に育てたいという場合は、室内に取り込んだり、窓際で育てることをお勧めします。

メダカは浮き草を喜んで食べるわけではない?

メダカの食べるミジンコウキクサを水槽に入れても、あまり喜んで食べるわけではないようです。

やはり、赤虫などの餌の方が食いつきがよく喜んで食べるようで、水草はあれば食べるくらいの気持ちなのでしょう。

メダカがミジンコウキクサに飽きてしまって見向きもしなくなると、ただの水槽のごみとなってしまうことになるでしょう。

他の浮草の方が見た目もかわいいものが多いので、特別水草をあげる必要はないのかもしれませんね。

しかし、旅行などに行く際に餌やりができない場合は、餌替わりとして入れておくのは一つの手かもしれませんね。

他にもメダカははったい粉(麦焦がし)も食べますので、植物性のものを食べさせたい場合は試してみてもよいでしょう。