注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼うことはできるのでしょうか。

相性の良くない魚同士を同じ水槽で飼育すると、喧嘩をしたりどちらかが食べられてしまう事もあります。メダカと金魚を混泳させる場合の注意点は何なのでしょう。

そこで今回は、メダカを金魚を混泳させることはできるのかについてと、混泳の注意点・方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ギターの練習場所に困った時におすすめの場所と自宅での防音対策

ギターの練習をしたいと思っても、近所への音漏れが迷惑にならないかと不安になって、なかなか練習できない...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

犬が舌を出すのはなぜ?寝る時や日常生活で舌を出すこんな理由

犬は寝るときや日常生活で舌を出す行動をすることがあります。飼い主さんからしてみれば、どうして舌を出し...

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

子供ができないストレスは不妊に関係!ストレス解消の必要と方法

望んでいるのに子供ができない…。知らないだけで多くの結婚したカップル、特に女性が大きなストレスを抱え...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

朝顔の自由研究で押し花をするときのポイントやコツを紹介

朝顔 自由研究で朝顔の押し花をするときには、どのような方法があるのでしょうか?今までは、新聞...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?お外に連れていってあ...

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後...

スポンサーリンク

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることは可能?

日本ではメダカも金魚も、とても馴染み深い観賞魚です。
そのため、メダカときんぎょを同じ水槽で飼育したいと考える人も多いことでしょう。

しかし、結論からいうとメダカと金魚の混泳はおすすめできません。
どちらも日本では馴染み深い観賞魚ではありますが、メダカと金魚は別種の魚です。

金魚のサイズがメダカと同じくらいの時なら混泳も可能でしょう。
しかし、金魚は成長するとメダカよりもずっと大きくなってしまいます。
大きくなった金魚はメダカを食べてしまうかもしれません。
もし食べられなかっとしても、体のサイズの違う金魚との混泳は、メダカにとってとてもストレスとなることでしょう。

メダカと金魚の共存が全く不可能なわけではありません。
しかし、初心者の場合にはおすすめはできない組み合わせです。

メダカと金魚を同じ水槽で飼うのは難しい!メダカの混泳が難しい魚

メダカと金魚を同じ水槽で飼育するのが難しいのは、金魚のサイズが大きくなってしまうことが挙げられます。

金魚の平均寿命は約10年といわれ、ギネスでは43年も生きた金魚がいます。
サイズも飼育環境によっては30cm近くまで大きくなることもあります。

また、金魚は雑食で基本的には何でも食べます。
そのため、メダカを混泳させた場合には、食べられてしまう危険があるのです。

他にアロワナや亀など、肉食性が強い種類の生き物は混泳には向きません。

メダカと混泳させるなら、オトシンクルスがおすすです。
オトシンクルスは苔を食べてくれることで有名ですよね。

他にもシマドジョウなども可能です。
シマドジョウは水槽の底の方を動き回り、あまり上の方には上がって来ないためメダカと生活層が違いますし、たまに上がってきてもメダカを襲わないと言われます。

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させるときは水草が必要!餌はどうする?

先程から書いているようにメダカと金魚を同じ水槽で混泳させるのは、あまりおすすめできません。

どうしても金魚と混泳させたいのであれば、メダカの隠れる場所を作ってあげましょう。

小さな魚の隠れ家として、もっとも知られているのは水草です。
金魚から逃げられるように、水草は多めに配置してあげましょう。
アナカリスやマツモなどの葉の小さいものや、アヌビアス・ナナなどの存在感のあるものもおすすめです。

また、金魚が入り込めないブロックのようなものを設置してあげると、メダカにとっては安心できる隠れ家となることでしょう。

メダカは強い水流には弱いので、流れがあまりない場所を作って上げることも必要になります。

 

メダカと金魚を混泳させる場合には、餌は別々のものを用意しましょう。

金魚の餌は大きくて、メダカが食べられないことが多いです。

どちらの餌もホームセンターやペットショップなどで簡単に手に入れることができますし、価格もそれほど高くありません。

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させるときは大きめの水槽を用意して!

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいなら、大きな水槽を用意するようにしましょう。
基本的にはメダカと金魚の混泳はおすすめできませんが、どうしても混泳させるなら、できるだけメダカのストレスを軽減させるためにも、水槽は大きなものがおすすめです。

小さな水槽では金魚はメダカをミジンコなどと勘違いしやすいそうです。

メダカは自然界においても捕食される側にいますから、逃げることには慣れていることでしょう。
しかし、逃げるスペースがないというのは大変なストレスになることでしょう。

出来るだけ大きな水槽を使って、メダカが逃げるスペースを確保できれば、金魚と上手に混泳させることができるかもしれません。

もちろん、先程あげたような隠れ家を作ってあげることも大切です。

金魚同士を同じ水槽で混泳させるときも注意が必要!

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させるのは、メダカにとっては危険な行為です。
しかし、金魚はメダカだけではなく、金魚同士でも混泳が難しい場合があります。

金魚は雑食で基本的にはなんでも口にします。
吐き出しますが、底砂や自分のフンですら口にします。

そのため、同じ金魚でもサイズが極端に違う場合には注意が必要です。
極端に小さな金魚なら、追いかけ回される可能性が高いです。

元気で泳ぎの得な金魚でも、執拗に追いかけ回し、体力がなくなって動きの鈍ったところを突かれて餌にされてしまうようなケースもあります。

また、泳ぎ方の違う金魚も混泳はおすすめできません。
お祭りなどでよく見かけるフナと同じ尾をしている和金と、丸型の金魚などの混泳は難しいでしょう。
泳ぎの上手な和金が、そうではない金魚にストレスを与えることが多いです。
最悪の場合には、餌にされてしまいます。
また襲われることがなくても、動きの早い和金が餌をどんどん食べてしまい、丸型金魚に餌にありつけず成長できないということもありえます。

同じ金魚同士でも、混泳させる場合には同じサイズ、同じ種類にするのが良いでしょう。