注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

メイク初心者の40代。いまさら聞けないメイクの仕方教えます!

メイク初心者です。40代ですが…

メイクの必要性を感じていなかったけど、やっぱり歳には勝てない…
隠したいところや、ぼやけた感じをどうにかしたい!

そんなふうに悩んでいる方、結構多いんですよ。

メイクって、しっかり・こってり・くっきりさせなきゃって思いがちですが違います。

年齢を重ねた顔に、濃いメイクをすれば、なんともおマヌケな仕上がりに…

40代には40代の魅力を最大限に引出すメイクの仕方あります!
是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鼻の角栓の取り方とは?気になる鼻はこうしてケアしよう

鼻の角栓がどうしても気になる…。鼻の角栓はどのようにケアしたらいいのでしょうか?鼻の角栓の取り方で気...

油絵の風景画で気をつける事とは?初心者が上達するコツを紹介

初心者が油絵の風景画を描くときには、いったいどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?風景画と...

愛情表現が薄い彼女。好きじゃないの?なんて心配しなくてもOK

愛情表現が欲しい!彼女からの愛情表現が感じられないと寂しがる彼氏。シャイで恥ずかしがり屋...

乾杯の挨拶は面白い方が盛り上がる!笑いが取れるオススメ音頭

乾杯の挨拶は面白い方が飲み会は盛り上がりますよね。しかし、いざ挨拶を任されたらどんな挨拶をし...

韓国で今話題の食べ物!現地でぜひ食べておきたい人気韓国グルメ

韓国への旅行は、観光やショッピングも定番ですが、美味しい食べ物を食べに行くのが一番の目的という方も多...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

ピアスを開ける時に痛いと感じるのは個人差が!痛さのレベルとは

ピアスを開ける時は痛いのでしょうか?耳に穴をあけるのだから痛いに決まってる!とちょっと・・・...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

彼女のプレゼント選びでアクセサリー以外で喜ばれる物を厳選

彼女へのプレゼントで真っ先に思い浮かべるのが「アクセサリー」ではないでしょうか。ただ、アクセサリーを...

猫のネズミ捕りの罠にかかった時の粘着シートの取り方と予防方法

家に仕掛けてあるネズミ捕りの罠に猫がかかってしまうと、猫の体が粘着シートでベタベタになってしまいます...

ダンスの苦手を克服するコツやうまくなるための練習方法とは

ダンスの苦手を克服したい人はどうしたらダンスが上手になれるのかと考えますよね。そもそもダンス...

高卒採用はハローワークで登録!注意点や始める前にやるべき準備

高卒採用もまずはハローワークへの求人票登録が必要です。最近では、採用ターゲットを大卒だけに絞らず...

彼氏と夜ご飯を外食デートするときのマナーや気になる行動とは

彼氏と夜ご飯を外食デートするときは、お店や食べる物はもちろん、どんな会話をしようかなど楽しみになりま...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

スポンサーリンク

メイク初心者の40代。今更聞けないベースメイクの方法

40代でメイク初心者というと、逆にお肌が綺麗なんだなと思います。

しかし、年齢を重ねると、やはり元の素肌だけではいけない場面や隠したいところもだんだん増えてくるものです。

しかし、今更誰かにメイクの仕方を聞くこともできないという人もいるのではないでしょうか。

それに、年齢には年齢に合ったメイクをしたいものですよね。

まずは、お手持ちのファンデーションを塗ってみてはいかがでしょうか。

ファンデーションを塗るだけでも、日焼け止めの効果があるんですよ。

いつも日焼け止めだけ塗っているという人も、今度はその上からファンデーションを塗ってみてください。

もちろん、手軽なのCCクリームやBBクリームを使っているという人もそれを下地にしてファンデーションを塗ってみましょう。

まずは、そこからはじめてみるだけでもだんだんメイクが楽しくなってくるかもしれませんよ。

メイク初心者でも大丈夫!40代はアイメイクでメリハリを

40代になると、若い頃と比べてだんだん目元にハリがなくなりぼんやりした印象になってきますよね。

そこで、アイメイクをすることで目元に力強さを与えてあげましょう。

例えば、眉毛はだんだん薄くなってきていませんか?

眉毛は眉山の位置に気をつけて、女性らしい上品な眉毛にしていきましょう。

オススメなのが、パウダータイプのアイブローです。

アイブローペンシルだとメイク初心者の場合、いかにもハッキリとした眉毛になりがちだからです。

それから、40代からのアイメイクには、ベージュやブラウン系のアイシャドウを選びましょう。

はじめに明るいベージュを全体に塗ると、くすみもカバーされて、明るい印象になりますよ。

そして、目のキワや二重幅にブラウンのアイシャドウをのせましょう。

40代からのアイメイクはシンプルが一番です。

たまに若い頃のアイメイクのままな人も見かけることがありますが、これはかえって年齢を強調してしまうかもしれません。

年齢の変化を上手にカバーして、メリハリのある目力をつけましょう。

メイク初心者の40代に向けた具体的なアドバイス

メイク初心者の40代にとって、メイクの悩みはつきないかもしれませんね。

年齢とともにたるんでしまった毛穴やシミなど、どうやったらカバーすることができるのでしょう。

手っ取り早いのは、化粧品売り場の店員さんに聞いてみること。

デパートなどの店員さんだと敷居が高くて苦手というは、ドラックストアーなどの店員さんに相談してみるのもいいでしょう。

化粧品売場ならテスターなども揃っているので、ファンデーションなどの色の相談も気軽にできますよ。

それから、自分の好きなファッションがでているような雑誌を一冊購入してみるのもいいですよ。

もしかしたら、年齢やお悩みに合ったメイクの特集なんかが載っている場合もあります。

せっかくメイクに興味を持ち始めたのなら、さらに自分を綺麗にすることにも興味を持ちましょう。

メイク初心者の40代。若々しく見える口元の作り方

アイメイクの次は、口元も若々しく見せたいですよね。

40代になると、唇の乾燥やくすみなどが気になるかもしれません。

そんな気になる悩みを解消して、若々しい口元を作るには、どうしたらいいのかご紹介致します。

まず、リップメイクをする前に、唇の余分な油分をティッシュで拭き取りましょう。

この油分をそのままにしてリップメイクをすると、余計に口紅がよれやすくなってしまいます。

ですから、唇についているファンデーションやリップクリームなどの余計な油分を抑えてから、口紅を付けましょう。

また、口紅をつけるときは、リップブラシを使いましょう。

その方が、よりリップラインがハッキリするからです。

口角から中心に向かって、唇の輪郭をリップラインでなぞるように引いていきましょう。

それから、唇の内側にも口紅を塗れば完成です。

ぜひ試してみてくださいね。

メイク初心者がやってしまいがちなNGメイクとは?

40代からメイクをはじめる上で、気をつけて欲しいポイントがあります。

40代のメイクは、やりすぎてしまうと逆効果です。

例えば、隠したいところを見つけるたびに、ファンデーションを厚塗りしていませんか?

これでは、どんどん粉っぽいメイクになってしまいますよ。

たるみやシワが隠せたように思えても、時間の経過とともにメイクが崩れやすくなり、余計に気になる部分が目立ってしまうのです。

また、アイメイクの盛りすぎにも注意です。

目元のたるみが気になるからと、ギラギラとグラデーションのようなメイクをしていませんか?

やりすぎなアイメイクはかえって古臭いです。

逆に実年齢よりも上に見られる可能性もあるので気をつけましょう。

リップメイクも雑に塗ってしまっては上品さが欠けてしまいます。

40代に必要な品のあるメイクにこだわってみましょう。