注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ブリーチした髪にトリートメントを美容院でする驚きの効果とは

髪をブリーチした場合にこんなトラブルが起こることがあります。
髪がとても傷む、更にはチリチリになったり髪が溶けてしまうといいます。

傷みがひどいので美容院でトリートメントをするとよくなるのでしょうか。
じつはブリーチをした髪の毛には・・・。意外な事実がわかりました。

ブリーチをする際には注意が必要です。詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

嫁の風呂が長い!入浴時間が長い女性がお風呂でしていることとは

男性の中には自分の嫁の風呂の時間が長いことに疑問を抱いている人もいますよね。男性で長風呂をする人はあ...

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

嫁が怖いし話せない!鬼嫁?嫁がキレる原因や怖いと感じる理由

「自分の嫁が怖いから話せない」というお悩みを抱えている男性もいますよね。結婚する前はとっても...

髪の毛のお団子ヘアは短い髪でもできるコツで可愛くアレンジ

お団子ヘアの髪の毛ってとても可愛いくてオシャレですが、短い髪の毛でもできるのでしょうか?では...

壁材料の種類・クロス・木材・塗壁の特徴やメリットとデメリット

これからリビングのリフォームをしようと考えている人の中には、壁の材料をどんな種類のものにリフォームし...

お風呂に入るのがめんどくさい!女性として言えない心の声

お風呂に入るのがめんどくさい!女性だって、そうなんです!なぜ『めんどう』に感じるのでしょ...

100均ネイルチップの付け方!初心者でもキレイにできるコツ

ネイルチップ初心者におすすめなのが100均のネイルチップです。慣れないうちは高価なものには手...

口紅やメイクが濃い女性心理!好きな口紅の色でわかる女性の性格

真っ赤で濃い口紅を好んでつけている女性もいますよね。口紅だけでなくメイク全体が濃い女性もいますが、こ...

電車の中での化粧がダメな理由が知りたい。日本と海外の違い

電車の中で化粧をするのはマナー違反になるのでしょうか。意見は賛否両論ありますが、 ダメな理由とは...

男性が結婚にメリットなしと感じる点と結婚で得られるメリット

男性の中には結婚すると自由も減るし、メリットどころかデメリットしかないと考える方もいると思います。...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

小鼻の角質の正しい取り方とは?間違った情報にご注意を

小鼻の角質が目立つとメイクのノリも悪く、肌も黒ずんで見えてしまいます。取り方についての情報は...

ありがとうやごめんなさいが素直に言える人は最強モテ女子

「ありがとう」や「ごめんなさい」が素直に言える人。あなたの周りにもいるのでは?大人になればなるほ...

高校の卒業証明書が必要…廃校になった場合の対処方法

高校の卒業証明書が必要なのに、すでに廃校となっているときにはどうしたらいいのでしょうか?卒業証書のコ...

ホログラムネイルの落とし方のオススメのコツや注意点とケア方法

ホログラムのネイルって普通のネイルの落とし方では、簡単に落ちないですよね。では、そんな頑固な...

スポンサーリンク

ブリーチした髪に美容院でトリートメントしても効果はない?

ブリーチをした後、トリートメントで髪のダメージを少しでも減らそうと美容院で施術をしてもらう方が多いのではないでしょうか。

その効果はどれほどあるのか、自身の髪の毛で実感はありますか?

そもそも髪の毛の成分は、爪と同じでケラチンというタンパク質から作られています。そのため髪の毛がブリーチで損傷を受けるということは、爪がかけたり割れたりするなどのダメージを受けることと同じなのです。

そこで爪を例に取ると、このように損傷を受けた爪はケラチン入りのクリームを塗っても、もとに戻ることはありませんよね。損傷を受けた部分が伸びてくるのを待つだけです。

髪の毛も同じことが言えます。損傷をした部分は直すことが出来ず、今伸びている髪の部分が良くなることはないでしょう。

トリートメントは爪につけるクリーム、そのように思って施術を受けてくださいね。

美容院でやってはいけない組み合わせ。ブリーチやトリートメントの事

ブリーチが髪を傷めることは、皆さんご存知ですよね。また髪の毛にくせ毛がある方や、時間がない方などはブリーチと一緒に縮毛矯正をしてしまう方もいらっしゃると思います。

しかしどちらも髪の毛にダメージを与える施術です。髪の毛は大きなダメージが加わると切れ毛が多く発生したり、毛先が溶けてしまう原因になりますので、一緒に行うことはおすすめできません。

また先述したように、伸びている髪の毛が自身で修復をしていくことがないので、傷んだ髪の毛は新しい髪の毛に生え変わるまで、待つしかないということも覚えておきましょう。

カラーと同時にトリートメントを行う方も多いと思いますが、ダメージを受けた髪の毛はスカスカになり溶剤が入り込みやすくなっています。それならなおさらトリートメントをすればいいのでは?と思いがちですが、そこにトリートメントを行ってしまうと髪の毛にダメージ成分が入り込んだままになり、さらにダメージの原因となることもあるのです。

トリートメントをするなら、カラーをした後の1~2週間ほど経ってから行うと良いですよ。

パサツキが気になる方は、美容室などで利用しているシャンプーを利用して、髪の毛をいたわってあげてください。

美容院でブリーチした髪に大事なのは毎日のシャンプーやトリートメント

ブリーチとカラー、どちらも髪の毛の色を変えるものですが、色持ちには違いがあります。

その原因は髪の毛の傷み方が大きく関係していて、ブリーチの方が髪にとってダメージが大きい為、その分色持ちも悪くなります。

そこでブリーチをした後、自分の好みの色を長持ちさせるにはどうしたら良いのかが気になりますよね。

美容院でブリーチをした後にトリートメントをしてくれる場合がありますが、重要なのは毎日のケアです。

髪の毛は毎日シャンプーをします。リンスやトリートメントも使用しますが、この毎日のケアが髪にとっては重要です。

美容院でトリートメントをしたからと、その効果を過信せずにお家でのヘアケアにも注意をして髪を大事にしてくださいね。

美容院は長い?カットやカラーやトリートメントにかかる時間とは

カットやトリートメントを単品で行うなら、待ち時間を入れないのであれば一時間程度で終わります。

しかしカットとカラーを同時に行う場合だと、一時間半は見て置かなければいけません。さらに一緒にトリートメントを行う場合は、さらに20~30分ほど追加時間が必要です。

カット、カラー、トリートメントの3つを同時に行うと、2時間ほど美容院にいなければいけないということです。結構座っているだけの時間としては長いですよね。

それなら全て別日に分散して単品で行うといいのでは?と思いますが、トリートメントだけで美容院に行くと、同時にシャンプーやブローも行われるので料金的には割高になってしまいます。

料金的には一緒に行うのがお得、でも髪の毛にかかる負担や時間を考えると別日にしたほうが良いので悩みどころですよね。

ちなみに市販で販売されているトリートメントは、美容室のものよりも効果が薄くなります。そのためブリーチをした次の日に使用することが出来ます。トリートメントの施術で悩んでしまっている方は、お家でケアするという方法も選択肢の一つにしてみてください。