注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ヒールの高さの平均やオススメと似合う美脚を手に入れる方法とは

女性の靴のヒールの高さは平均で何センチが多いのでしょうか。ヒールの高さによっても印象が変わってきますよね。

では、女性の平均身長にもピッタリなヒールの高さや脚をキレイに見せるヒールの高さとはどれくらいなのでしょうか。

また、ヒールを履くなら、やはりヒールに似合う美脚を手に入れたいですよね。

そこで、ヒールの高さの平均やオススメと似合う美脚を手に入れる方法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性が受け身なのはなぜ?それは『愛され女子』という優越感

女性が受け身なのは、生物学的にも仕方のないこと。 愛されたいし、積極的にアプローチして欲しいし...

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなるのは、〇〇レベルで惹かれてるから!

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなる…。 これには、きちんとした生物学的根拠があるんです! 赤ちゃ...

居酒屋でのバイトは女性の場合はホールが多い。身に付くスキル

バイトを始めようと思った時に思う浮かぶのは、フェミレス・コンビニ・カフェ・居酒屋など色々あると思いま...

アメリカの就労ビザを面接で合格して取得するためのコツとは

アメリカで働くには就労ビザを取得しなければなりませんが、そのためにはアメリカ大使館で面接に合格しなけ...

彼氏がカラオケが下手でも楽しむことが大切!彼氏への優しい一言

カラオケは、大きな声を出してストレス発散にもなりますよね。 カラオケが大好きという方が多い一方...

秘書検定の面接で服装や身だしなみの基本や合格するコツとは

秘書検定の面接では、服装や身だしなみについても気をつけなくてはなりません。 基本はスーツで受け...

韓国で今話題の食べ物!現地でぜひ食べておきたい人気韓国グルメ

韓国への旅行は、観光やショッピングも定番ですが、美味しい食べ物を食べに行くのが一番の目的という方も多...

家で趣味を作ると人生が楽しくなる!メリットやオススメを紹介

家でできる趣味を作ることはどんなメリットがあるのか考えたことはありますか? 家に居る空いた時間に何...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

【カーテンの選び方】遮光カーテンの特徴と等級の違いについて

朝日の入る寝室や、大きな通りに面して明かりが室内に入りやすい部屋などは、カーテンからの光が気になるも...

洗車の拭き上げを上手にキレイに仕上げるコツ教えちゃいます!

洗車した後に、水分を拭き上げて仕上げますよね。 この時、なにがどう間違っているのかわからないけど、...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

潜在意識で恋愛を引き寄せる方法!前兆を見極めて素敵な恋愛を

潜在意識をコントロールすれば素敵な恋愛を引き寄せることができるという話を聞いたことはありませんか?有...

目が細いイケメン男子が人気の理由とさらにモテる方法とは

目が細いイケメン男子はどこかミステリアスなイメージなのが魅力的ですよね。 イケメンというと大き...

スポンサーリンク

女性のヒールの高さの平均は?

「女性らしいもの」を思い浮かべるとどのような物を想像しますか。

スカート、オフショルダーのトップス、ポニーテル、などファッションや外見を想像しませんか。
その中に靴のヒールを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

女性らしいヒールは憧れだけど、歩きずらいし、なんとなく自分に合わないような気がしてヒールから遠ざかっている女性はいませんか。

ヒール初心者にとってはヒールの高さが色々あるし、どれを選んで良いかわからないことでしょう。

ヒールは基本的に3cm、5cm、7cmの3つでそれ以上の10cm~などもありますが、それはよほどヒールを履き慣れた人でないと履いては歩けないですよ。

ヒール初心者はまず3cmのヒールからはじめて足をヒールに慣らしていきましょう。

3cmのヒールを持っている事で平均的な高さのヒールを持っていることになりますので。慣れて来たら用途に合わせてヒールの高さを変えるとあなたもヒールっ子ですね。

女性の平均身長にオススメなヒールの高さとは

日本人女性の平均身長と理想の身長には5cm程度の誤差があります。
つまり、あと5cm伸びてれば自分の理想の身長に近づくわけです。

ヒールを利用して理想身長に近づくことが可能です。

平均的なヒールの高さには3cm、5cm、7cmがありますので、ヒールを選ぶ時のポイントにしてくださいね。

子どもがいるけどオシャレがしたい、ちょっとしたお出かけなどには3cmのヒールがオススメですよ。
ヒールといってもヒールの形や靴のデザインなど豊富にありますので「ヒール」と一括りにしてよいのかどうかというほど、選択肢がたくさんあります。

その用途に合わせてデザインや色、ヒールの形を選択してくださいね。
ヒール部分が太いものがありますが、足の負担が少なく子育て中のママにも多く使用している人がいます。

ヒールの種類が豊富な事により子育て中のママにも多くヒールを使用できる時代がきたんですね。

世界のヒールの高さの平均は?

ヒールの高さの平均は国ごとに違うんですよ。
世界では7cm以上のヒールを履く女性が多い国があるんですよ。特にオーストラリア、イギリス、アメリカです。

これらの国のヒールの平均は10cm以上にもなり、オーストラリアはイギリスから多くの移民を受け入れていますし、多くのイギリス人はアメリカに移民していますので、同じようなヒールの高さになるのだと思われます。
イギリスとオーストラリアは社交ダンスが盛んに行われていますので、普段から高いヒールを履く女性も多そうですね。

また、ドイツも平均的にヒールが高い国の一つです。バレエやフットケアの先進国、恋愛大国ですので、文化的な背景が強く影響していることも考えられます。

ヒールを履きこなす女性は女性にとっても魅力に感じる1つですよね。
ヒールから遠ざかりがちな日本人女性もヒールを履く大国であったら、もっと魅力的な女性が増えるでしょう。

ヒールの似合うカモシカ美脚を手に入れる方法

ヒールを履くことは足に負担がかかります。
ヒールの高さが高ければ高いほどつま先で立っているようなものなのです。
しかし、「オシャレは我慢も大事」という決まり文句があるように、我慢をしてまでオシャレに女性らしくいたいということですよね。

ヒールを履いたらマッサージをしてその日のうちに足のケアを行いましょう。

特に負担がかかりがちなつま先や足首、ふくらはぎを入念にマッサージをし関節をほぐし血液の流れを良くすることで、リラックス効果があります。
その疲れが溜まれば溜まるほど足が太くなってしまう傾向にありますので、注意してくださいね。

美しい靴を履くにはキレイな足を保つ事も必要です。

最初は慣れないヒールでも普段からヒールを履くように心がければすぐに慣れて行きます。
慣れることで、ヒールに耐える足にもなってきます。

ヒールを着こなして、「いざ」という時にヒールで勝負やオシャレを楽しみましょうね。
着こなせる服の幅も広がりそうですね。

女性の脚を最もきれいに見せるヒールの高さとは

足を最も美しく見せるヒールの高さがあります。

多くの日本人が好むヒールの平均の高さといえば3cm、5cm、7cmと前述で述べましたが、この中で最も美しい足に見えるのが7cmのヒールなのです。

世界から比べ女性の平均身長が低い日本人でもこの7cmのヒールで160cmを超える見た目を手に入れられます。

身長が高く足がスラッとした女性は憧れですよね。
ヒールは足を長く見せる、キレイに見せる効果もありますので、ぜひとも多くの女性に着こなして欲しいですね。

自信にもつながり、オシャレをより一層楽しむことができますよ。

仕事柄ヒールを履き機会がない方でも休日の友人の結婚式のお呼ばれや、男性とのデート、友達とのランチなど機会をつくりヒールを履きこなす女性を目指してみましょうね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686