注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?

ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは上達しません。
いかに自主練習を積むかにかかっているのです!

『課題やった?』→『今やる』→『やらない』→『イライラ』

これ本当にわかります!

練習しないならやめなさいと言ってはいけないと言われているけど、その言葉飲み込むのに苦労しますよね?

ピアノでも勉強でも、やらなきゃならないことがあるのに遊んでばっかりいる子どもをみてもイライラしない方法、考えてみませんか?

子どもが自主的にピアノの練習をする魔法の言葉とは?

ガミガミママではなく、ニコニコママになりましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼科入院中に暇つぶしになるものは?おすすめはやっぱりアレ

眼科入院となると、入院中の暇つぶしグッツの定番である、読書やスマホ、テレビといった目を使うものが役に...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

漢字の書き取りが苦手な子供の勉強方法と覚えさせるためのコツ

小学校でも学年が上がるにつれて覚える漢字の量は増えていきますよね。でも、子供が漢字の書き取り...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

1歳半の寝かしつけに音楽をかけるならこんな音楽!曲やかけ方

なかなか寝てくれない1歳半頃の赤ちゃんの寝かしつけに毎日困っていませんか?すーっと寝てくれたらど...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

夫婦の会話なし。苦痛に感じる夫婦の距離感を埋めるためには

夫婦の会話なしに悩んでいる人はたくさんいます。男性の多くは、妻と世間話をしたりコミニュケーシ...

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?なかなか会話にならなか...

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

右脳を鍛える方法とは?右脳を鍛えて自分の潜在能力を高めよう!

右脳を鍛える方法ってありますか?はい!あります!一番手っ取り早いのは『左手』を使うことです!...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

スポンサーリンク

ピアノの練習しない子どもにイライラ!どうしたら練習してくれますか?

子供がピアノの練習しないでイライラしてしまうことはよくあることです。
どうしたら練習してくれるんだろうと解決策も出ず、ただイライラが募り悩むお母さんも多いですよね。

しかし、子供にピアノを練習させるもさせないも、子供が小さいうちはお母さん次第です。
お母さんがよくイライラしてると子供も練習したくないだろうし、お母さんが一緒にピアノを弾いたり間違っても優しく教えてくれたり、褒めてくれたりすると子供も喜び、ピアノを自ら練習するようにもなります。

また子供の好きな音楽をかけてあげたり、音楽に触れることが多いと子供も自然に音楽を弾くことにも興味を示す可能性も大きくなります。

毎日同じパートや曲の練習ですと子供も飽きてしまいますよね。

このように、なにも工夫しないでただイライラしてしまうのはお母さんにも原因があると言えますので、子供のピアノへの意欲を駆り立てるようにお母さん自身も考えてみましょう。

ピアノの練習しない子どもにイライラ・モヤモヤ・ムカムカ…。一度子どもの気持ちを聞いてみる

お母さんが一方的にピアノに意欲があっても子供も同じようにピアノに意欲を示すとは限りません。
意欲のあるお母さんに対し、意欲のない子供であればお母さんのイライラは増すばかりでしょう。

まず、子供の意見を聞いて、それを尊重してあげることが重要です。
この時の子供の意見として多いのは

  • 外やお友達と遊びたい
  • ピアノが楽しくない
  • 弾けないから弾きたくない

こんな感じだと思います。

子供の意見に耳を傾け、子供がお母さんが共感してくれたと感じるだけでもやる気や自信につながるのです。
またお母さんがイライラを我慢していても、その感情は言動や表情に出やすく子供にすぐに伝わります。

グッと堪え、乗り越えていきましょう。

ピアノの練習しない!低学年のうちは見守って。ママがイライラしても上達しません

前述で述べたように、子供がピアノの練習をしたくない理由をいくつか述べましたが、本当はこんな理由を子供は隠しているかもしれません。

  • お母さんがイライラするからやりたくない
  • 怒られるから楽しくない
  • わからないのに怒られてもできない

冷静に考えるとイライラしてしまうお母さんにも思い当たる節があるでしょう。
子供はお母さんの顔色をよく伺います。
このような意見を言えばお母さんがまた怒る、悲しむなど考え咄嗟に違う意見を言うことがあります。

子供にピアノを練習する意欲を生み出すも失くすもお母さん次第であることがわかります。

最初はなんとなく始めた習い事でも成長と共に合う合わない、違うことに興味があるなど変化が出てきます。
まだそれがハッキリしない低学年までは子供の習い事も優しく見守ってあげる必要があります。

ピアノの練習をしない子どもにイライラするのはやっていないということのみを見すぎるから

子供がピアノの練習しないことや、練習中にイライラしてしまうのは、子供の悪い部分ばかりしか見えていないことが考えられます。

特に育児をしていると日々時間に終われたり、様々な事から余裕がなくなると、視野が狭くなってしまいがちです。

お母さんのイライラが続くと、親の顔色を伺う子供になったり、逆に反抗心ばかり持つ子になったりと悪影響を及ぼしてしまいます。

冷静に考えるとそんなにイライラすることでもないと感じることもあると思いますので、良い部分も見つける、子供に親のエゴを押し付けない、視野を広く器を大きく、自分自身を見つめ直してみましょう。

「ピアノの練習したくない」という意見は、本来の子供らしさがでている意見ではないかと思います。
それをどう、ピアノへの意欲を引き出すかはお母さん次第ですよ。

子どもが自分からピアノの練習をするようになる魔法の言葉とは

それでは、どんなふうにすれば子供はピアノに練習をするようになるのでしょうか。

一緒にピアノを弾く

お母さんがピアノ初心者だとしても少し練習すれば、簡単な童謡くらいは弾けるでしょう。
お母さんが練習している姿を見せることや、一緒にピアノを弾くことで子供のピアノへの意欲を駆り立てます。

ピアノのミニ発表会をする

家族を集めて、可愛い洋服を着せ、家でミニ発表会などを開いてあげるといいですね。
ビデオ撮影をし改めて一緒にビデオを見返すことで復習や、改善する点などを自分で発見できます。
ピアノを人前で披露する機会は年に1~3回程度でそんなに多くありませんので子供の刺激にもなりますね。

イライラをぶつけるのではなく褒める、共感する

まだ子供が小さいと上手くできないことが多いです。
良い部分を見つけ褒めてあげましょう。
そして子供の意見に耳を傾け、その意見に寄り添ってあげることが大切です。

このように何か工夫をすることは手間や負担はかかりますがお母さんもイライラ削減になりますし、子供が自ら練習するようになると思います。

ニコニコ表情を忘れないでくださいね。