注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んでしまうものです。

もちろん才能と呼ばれる人たちはいますが、そこに努力が全くないとなればウソになるのかもしれません。

ピアノは才能?努力?ピアノの才能と努力、どちらの要素が果たして重要なのかについて考えてみました。あなたはどう思いますか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

朝顔の自由研究で押し花をするときのポイントやコツを紹介

朝顔 自由研究で朝顔の押し花をするときには、どのような方法があるのでしょうか?今までは、新聞...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

漢字の書き取りが苦手な子供の勉強方法と覚えさせるためのコツ

小学校でも学年が上がるにつれて覚える漢字の量は増えていきますよね。でも、子供が漢字の書き取り...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

うさぎのケージ掃除は3段階で考えよう!ケージ掃除のポイント

うさぎのケージはエサや排泄物で汚れやすいため、こまめに掃除することが大切です。常に清潔なケージに...

就学援助の理由に書く例文をご紹介!ウソはNG、正直に書こう

就学援助を申請する場合、理由が必要になりますが、どんなことを書けばよいのか悩んでしまう人がほとんどな...

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?なかなか会話にならなか...

【住所を調べる方法】名前だけわかっている場合はどうするべきか

「夫が浮気しているかもしれない。」相手の名前はわかっているけど、そこから住所を突き止めたい…。そんな...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

脳のリミッターを外す?決めない思考で自分の潜在能力を引出す

脳のリミッターを外すってきいたことありますか?できないできない、ダメダメと思っていては、でき...

ギターの練習場所に困った時におすすめの場所と自宅での防音対策

ギターの練習をしたいと思っても、近所への音漏れが迷惑にならないかと不安になって、なかなか練習できない...

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。独学で合格する人ももちろん...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

スポンサーリンク

ピアノは才能がなければ努力しても上手くはならない?

ピアノのコンクールでは、審査員特別賞、金、銀、銅などの賞がありますがその賞を貰う子ども達は音色、音楽性、完成度が高いものとなります。

子どもながらに、しっかり弾きこなし強いタッチや柔らかいタッチもできるとなんて才能があるんだろうと感じることもあります。

しかし、これだけ弾けるようになるにはどれほどの練習をしてきたかは本人にしかわかりません。

本人に才能があると思えばそれは才能なのでしょう。お父さんやお母さんはけっして才能がないと子どもに言わないでください。その言葉のせいで才能の芽を摘んでしまう可能性があります。

ピアノの上達には、環境が大きく関係しています。

コツコツ努力を続けられる環境を整えてあげることが大切です。ピアノに真剣に向かい合えるようにしてあげられるといいですね。

コンクールに通ることは嬉しいことですが、それを目的として楽しめる子どものほうが稀でしょう。ピアノを楽しむためにはどんなことが必要なのか親子で考えてみるのもいいでしょう。

ピアノは才能よりも努力が実を結ぶ?

私達は、一流の人々は才能があったからそこまで上り詰めたんだと決めつけている部分があります。

若い頃から、天性の才能があると言われてきた人々は本当に才能があったから偉業を成し遂げられたのでしょうか。

近年の研究では、才能や遺伝的な影響は一切能力に関係がないとも言われています。一流になる人とそうではない人の違いは、練習量にあります。

では、練習さえすれば一流になれるのかというと違います。練習量も大切ですが、どのような練習をするかもとても大切なのです。

一流 = 「練習量」×「練習の質」

となります。

とにかく練習をさせようと思ってはいませんか?その方法では、見ているほうも弾いている本人も疲れてしまい、長くは続かないでしょう。

何度も何度も弾いて直せる部分もありますが、そもそもの練習の方法が間違っていたら?
ピアノの上達は、階段です。すぐに上達はしません。上達しないときにどれだけピアノや自分自身と向き合えるかになるでしょう。

子供のピアノの才能に結びつくのは本人も含め親の努力も必要不可欠

ピアノの上達に大切なのは「環境」と言いましたが、どのように環境を整えたらいいのでしょうか?

ピアノを弾いて楽しいと思えるのはどんなときでしょうか?
思うように弾けたとき?好きな曲を練習しているとき?

ピアノを弾くことに喜びを感じることができたらいいですね。ピアノを弾くことによって誰かが笑顔になったり、誰かに誉めてもらえたことは深く心に残るものです。

上手くいかないときには、上手くいかないことばかりに意識がいってしまいます。

一年前の曲を弾いてみましょう。成長した部分を実感させてあげましょう。ピアノの上達に必要なのはどんな演奏をしたいかをハッキリさせることも大切です。

こうなりたいという気持ちや目標がなければ、そこにたどり着くのは困難でしょう。また時間もかかります。

自分の理想としているところに行くには、どうしたらいいのか、何が必要なのか、目標としているものに対して自分はどの部分にいるのかということも意識しながら練習ができるといいですね。

子供のピアノの才能を見抜く方法は?

我が子のピアノ指導についつい熱が入ってはいませんか?ピアノを聴くときには、我が子という主観で聞いてしまうことがほとんどでしょう。

自分の子どもなのだから、客観的に聴くのはとても難しいと思います。上手く演奏できたら、さらに上を目指し親が理想としている演奏ができなくてもさらに練習をさせてはいませんか。

一度、子どもに判断させてみてはいかがでしょう。子どもの理想としている演奏を知る良い機会でもあります。

目標としているものがあれば、自分から練習することでしょう。

親が子供の才能を見抜くのは難しいと言えます。なぜなら客観的に見ることができないためです。子供を一番客観的に見てくれるのはピアノの先生です。

そんなピアノの先生は、子供との相性がとても大切です。一度、通うとなかなか先生を変えるというのは大変なことでしょう。

しかし、子供が伸び悩んでいる、先生のことが苦手というときには教室を変えることもひとつの方法でしょう。変えることが難しいのであれば、違う先生にもレッスンを受けさせて貰うのもいいでしょう。

結論!ピアノは努力をする才能が必要

ピアノは才能が必要なのではなく、努力を続ける才能が必要と言えるでしょう。ピアノに限ったことではありませんが、続けられることが才能なのです。

ピアニストとして活躍する人達は、努力の天才+良いピアノの師匠などが重なって才能が開花しています。

ピアノが大好きでピアノが上手くなりたいから努力は惜しまない子にはすでに才能があると言えるでしょう。

なかなか努力の才能が見いだせないときには、このような方法がおすすめです。

それは、周りと比較をしないこと。子供の成長のスピードには個人差があります。周りが上手くなっていると感じ、親のほうが焦ってはいませんか?

上達に必要なのは達成感です。しかし、この達成感は努力なしでは手に入りません。コンクールでは、どんなに練習をしても緊張するものです。

コンクールの練習をし始めたときから、本番をイメージすることが大切です。練習は迷いのない本番、後悔しない本番を迎えるための準備となるのですから。