注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?

ペレットタイプの餌以外に与えていいもの、よくないものにはどんなものがあるのでしょうか?与えるときにはどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?

ハムスターにとって安全な食べ物や喜ぶ食事とは?ハムスターが長生きするように食べるものについて知っておきたい情報をお届けします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか?逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

猫の喧嘩とじゃれあいの見分け方や激しい喧嘩を止める方法とは

猫は喧嘩をしているのかじゃれあいをしているのか、時にわからないことがありますよね。猫のじゃれ...

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?6...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。不快に感...

手先が不器用な子供のトレーニング方法!身近な遊びとお手伝い

お子様が器用なタイプか不器用なタイプか、気になっている方も多いと思います。親が不器用だから、...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。ブレーキパットの交換につい...

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

プラバンの作り方!トースターを使った歪まない焼き方のコツ

プラバンを使用したハンドメイドを数多く見かけるようになりました。子供の頃に使ったプラバンとは思えない...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

神社でお賽銭を入れないのはアリかナシか。大切なのは気持ち

神社にお参りに行った時にお賽銭を入れると思いますが、金額に決まりはあるのでしょうか。大切なの...

スポンサーリンク

ハムスターにささみを食べさせたい!与え過ぎはよくないので量を守って

ささみはおやつに少量を

ハムスターはささみを必ずしも必要なわけではありません。
ささみを与えることがよくないわけでもなく、ささみをあげることで効果的なことがいくつかあります。

近年のハムスターの餌の栄養分などがとても豊富に含まれていますし、種類も豊富でハムスターの餌に困ることはありません。
基本はハムスターの市販の餌を与え、おやつ代わりにささみを与えると良いでしょう。
ささみを与えることで、毛並みが良くなったり、ハムスターのストレスを軽減させる効果があります。

また、妊娠中のハムスターは動物性のタンパク質を十分に摂る必要がありますので、ささみを与えると良いでしょう。

また食中毒予防で必ず火を通した物を与えてくださいね。

鶏のもも肉や胸肉、豚肉、牛肉でも構いませんが、脂分が多く含まれるこれらの肉は肥満の原因につながってしまいますし、肉の匂いが強いとハムスターが好まないことがあります。

ハムスターにささみを与えすぎるのはよくない、量や回数

ハムスターに適したささみの与え方

与えるのは1週間に1~2回程度が好ましいでしょう。
量としては人間の小指程度の大きさのささみを小さく切って与えてください。

ハムスターの成長期にあたる生後2~3ヶ月は動物性たんぱく質はとても重要です。
市販の餌の種類も豊富にありますので、市販の動物性たんぱく質を与えてもかまいませんが、ささみを細かく切って冷凍保存しておく方が手間はかかりますが経済的ですね。

ハムスターは生後2ヶ月から繁殖が可能であります。
妊娠中のハムスターも動物性たんぱく質を多めに与えてあげましょう。
また、高齢の場合も食事内容に気をつけなければいけません。
運動量の減少や胃に負担がかかることから高カロリー高タンパクの量を減らし、餌も水にふやかしてから与えると良いでしょう。

犬や猫ようの餌をハムスターに与えても良いのかという質問を耳にしたことがあるけれど、それらはその動物用に栄養分など考慮されて作られているので、ハムスターには栄養が高すぎ肥満の原因になってしまいますので、やめたほうが良いでしょう。

ハムスターにささみを適量与えるのはOK!よくないものとは?

ハムスターに与えるとよくないもの

チョコ、どんぐり(芽にあるタンニンと呼ばれる成分がハムスターの臓器に悪影響を及ぼす)、アボガド、さくらんぼ、桃やリンゴの種(中毒症状になる恐れがある)梅、にんにく、卵、ニラ、じゃがいも、レタス、ほうれん草、きゅうりなど。

ハムスター寿命が3~4年ととても短く、与える餌次第で早く命を落としてしまう可能性も大いにあります。
適切な物以外は与えないように大切に育ててくださいね。

成長期や妊娠中にはささみがとても効果的で、高齢のハムスターには脂肪分の多いものは減らしていきましょう。

またゲージの近くに観葉植物を置いていませんか。
有害なものが多い観葉植物の葉を食べてしまう可能性がありますのでゲージから離れたところに置いてくださいね。

ハムスターに野菜や果物は与えてもいいの?

ハムスターの餌は基本的にはペレットを与え、肥満や栄養面を考えるなら副菜として野菜を与えると良いでしょう。

ハムスターの口の大きさを考えて手で持って食べれる大きさに工夫してくださいね。
1日2~3枚(個)で十分です。
体の小さいハムスターは与えすぎると体や胃に負担がかかり寿命を縮めさせてしまう恐れがありますので注意しましょう。
たんぱく質のささみや野菜のバランスと回数には気を使ってくださいね。

小松菜、かぼちゃ、大根、さつまいも、大豆、人参などがオススメで、レタス、ほうれん草など水分を多く含まれているものは下痢の原因になりますのでよくありません。

またハムスターは果物がとても大好きで、ついつい与たくなりますが、果物には多くの水分、糖分が含まれていますので、1週間に1~2回程度にしておくといいですね。

いずれも食べ残しは腐りやすく雑菌がつきやすくなりますので、早いうちに取り除いて新しいものに変えてあげてくださいね。

ハムスターがエサを食べないときには何が原因?

ハムスターの飼い始めの過ごし方

飼い始めはハムスターもゲージや周りの環境に慣れていなく警戒していることがあります。
慣れるまで触ったりするのは控えて見守ってあげましょう。また、食欲がないのはストレスや病気かもしれません。
ゲージ内の広さや温度にストレスを感じていないか、確かめてみましょう。
ハムスターは寒暖差に弱いですのですので季節によって対策が必要です。
またハムスターに異常がないか行動を観察してみましょう。

その他に、餌を食べない原因としては歯が悪くなっている事も考えられます。

高齢のハムスターは特にですが、若いハムスターでも歯が悪いことがあります。歯に異常がないか観察し、餌を柔らかい物、ふやかす、砕く、などの工夫をしましょう。
それでも食べないのであれば動物病院へかかっても良いかもしてませんが、小動物の専門的にみてくれる動物病院は少ないので、予めなんか合った時のために対応してくれる病院をチェックしておきましょうね。