注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方や予防方法を紹介

いつもピカピカにしておきたいとは思うけれど、気がついたらできてしまっているのがトイレの水垢。トイレについてしまう水垢はどうやって落としたらいいのでしょうか?

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方とは?そもそも、水垢は何が原因なのでしょうか?

ついてしまうと落とすのが大変な水垢は予防することが出来るの?水垢の落とし方や予防方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

子供のテレビの見過ぎを防ぐコツや上手な付き合い方のルール作り

子供のテレビの見過ぎというのは、子供にとってどんな影響を与えるのでしょうか?では、見過ぎない...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか?じつは猫を飼っている人にはよくあ...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

子どもが幼稚園に行っている専業主婦は暇?何をしているは禁句

子どもが幼稚園に行っている間、専業主婦は暇をしている?子どもが幼稚園に行ってからは、家事をこなしてる...

子供を叱る。そして激しく自己嫌悪。この悪循環を感じないためには

子供を叱るのはどうしてでしょう?世間のルールや常識を教えるためですよね?子どもは言わ...

赤ちゃんにママのイライラは伝わる!ニコニコママになるには

赤ちゃんにイライラしているママの気持って伝わるの?リラックス状態か、ストレス状態か赤ちゃんに...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。しかし、ここで困るのが...

スポンサーリンク

トイレの水垢はどう落とす?落とし方のポイント

いつの間にかトイレに水垢がついていることありませんか?水垢がついてしまうと掃除が面倒になります。トイレの水垢の落とし方のポイントを紹介します。

水垢は水道水に含まれているミネラルが原因

ミネラルとはミネラルウォーターのミネラルです。便器が濡れたり、乾いたりをくり返すうちに、ミネラルが空気中の酸素や二酸化炭素とくっつき、白く固まると水垢になるのです。

トイレだけでなくキッチンなどの水回りにも出来ます。出来た水垢を放置していると、どんどん酷くなくので水垢は出来るだけ早く掃除をしましょう。

水垢はアルカリ性の汚れ

酸性の洗剤との相性がいいです。一般的な洗剤で汚れが落ちない時は、酸性の洗剤を使いましょう。

便器の掃除は1日交代で、酸性の洗剤と、塩素系の漂白剤を使い分けるようにしましょう。汚れを放置すると、どんどん落ちにくくなるので、少なくても1週間に1回はトイレ掃除をすることをオススメします。

トイレの水垢の落とし方で使えるアイテムとは?

手洗い器の水垢

ジフなどのクレンザーを使いましょう。クレンザーの他に使うものはサランラップです。まずクレンザーを手洗い器全体にかけて、サランラップを小さく丸めた物でこすります。そして洗剤をトイレットペーパーで綺麗に拭き取り終了です。

蛇口に出来る白く固まった頑固な水垢

汚れを浮き上がらせてから落とすようにしましょう。用意する物はクエン酸と水です。そして古くなった歯ブラシです。

まずスプレーボトルにクエン酸小さじ1と水200mlを混ぜます。クエン酸水をトイレットペーパーに含ませ水垢部分につけて、1時間程放置します。1時間したら古い歯ブラシで擦ると綺麗になります。クエン酸は自然由来の成分なので無害なので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

トイレの水垢がひどいときの落とし方とは?

トイレの水垢がひどい時

洗剤で水垢が落とせない場合は削るしか方法がありません。

トイレタンクの上にある手洗い部分は、目立つ場所ではありませんが、掃除の基本としては、傷をつけないことが大切です。出来るだけ洗剤を使い、水垢を取れやすくしてから、水垢を擦って落とすという方法にしましょう。洗剤を使っても水垢が落ちない場合もあります。そのような時は、落とすのではなく、削る方法しかありません。

サンドペーパーで水垢を削って落とすという方法です。出来るだけ傷をつけないようにしましょう。サンドペーパーには目の粗さがあります。はじめに目の粗いので擦り、仕上げは目の細かいサンドペーパーを使うようにするといいです。

トイレの水垢の落とし方がわかったら予防をしよう!

水垢は時間が経つと頑固な汚れになる

トイレの水垢の落とし方を理解したら予防をすることで水垢がつきにくく、掃除も楽になります。水垢を予防して綺麗なトイレを保つためには、こまめに掃除することが大切です。
水垢は放置すればするほど、頑固な汚れになるので、水垢がついてから時間をかけて掃除するよりも、毎日少し掃除する方が綺麗な状態を保つことが出来ます。

しかし毎日は掃除出来ない、面倒という人は、寝る前に汚れやすい部分に洗剤を吹きかけるだけでもOKです。それだけでも多少の汚れなら落とすことが出来ます。

便器内に水垢がつく原因の1つにタンク内の汚れや黒カビがあります。月に1回カップ1杯の重曹をタンクに入れて、一晩放置してから水を流しましょう。水を流すことでタンク内と便器両方掃除できます。重曹には消臭効果もあるので是非オススメします。

トイレの汚れをキレイにしたいならプロに頼むのもひとつの方法!

いつもピカピカにしておきたいと思うけど、気がついたらいつの間にか水垢ができていることありますよね。頑固な水垢を落とすのはとても大変な作業になります。

トイレの水垢や汚れを徹底的にキレイにしたい場合はプロの業者に頼むのも1つの方法です。自分で出来るトイレ掃除は、市販の洗剤とブラシで擦る程度になります。フタの取り外しを自分でやろうと思えば出来ますが、壊してしまう可能性もあるので、プロの業者にお願いしましょう。

汚れを防止するには、1週間に1回はきちんとトイレ掃除をすることです。汚れをしっかりと落とすことで、尿石の蓄積を抑えることが出来ます。トイレは意外と気が付かない部分に汚れがたまります。洗浄機能付き温水便座を外すことは滅多にありませんよね。業者の人しか気が付かない部分をキレイにしてもらうということがプロにお願いするメリットです。年末の大掃除の時1回だけお願いするという方法もありますので、是非検討してみて下さい。

トイレ以外にもレンジフードやお風呂などの水回りなどを一緒にお願いすると家の中がキレイになります。我が家は年末にプロの業者にお願いしています。自分ではなかなか手の届かない場所がキレイになるので、とても気分がよくなります。