注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね。

でもその簡単なテストで0点を取ってくると親としては心配になるもの。

0点をとってきた時、まず親としてどうしたらいいのでしょうか?そして二度と0点を取ってこないようにするには?

小学校のテストで0点を取ってきた原因や子供に対して親ができること、NGなことについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

鯉の飼育は水槽で!初心者が飼育する場合の注意点を解説します

池で優雅に泳いでいる鯉を見ると、自分でも飼育してみたくなりますよね。でも池がないから…。とあ...

5ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方と発達に合わせたおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんは寝返りもできるようになり、物を掴むこともだいぶん上手になります。この時期の赤ち...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。PTAは任意というニュースが話...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

スポンサーリンク

小学校から帰ってきた子供のテストが0点だった…。その原因はテストを見ればわかる?

幼稚園から小学校に上がると、少しずつテストの答案を持ち帰り始めます。内容的にはまだまだ簡単なことばかりなのに、0点を取ってしまうとさすがに親としては不安になるもの。ですが、初めのうちであれば、さほど心配することはありませんよ。

そもそも、まだテストを受けること自体に慣れていないので、緊張や焦りから落ち着いて考えることが出来なかった可能性があります。国語や算数の問題では、質問の意味が理解出来ていなかったり、足し算と引き算を間違えてしまったりといったような、うっかりミスが原因となることもあるでしょう。

どうして0点を取ってしまったのか、まずはテストをじっくり見て、子供と話しあってみましょう。どうしても問題が解けないのであれば、けっしてわからないままにはせず、その時点でもう一度勉強し直すことで、勉強の面白さを感じる機会を与え、自信にも繋がります。

小学校1年生の算数のテストで0点!その原因は?親としてできることについて

小学校低学年のうちは、テストと言ってもまだまだ内容は簡単なものが多いですが、子どもからしたら理解するのが難しいこともあるようです。

漢字の読み書きや、算数の計算問題は得意な子が、算数の文章問題などでは0点を取ってしまうことも。そもそも設問の意味がわからなかったり、よく文章を読んでいないことが原因だったりすることもあるため、これくらいの時期であれば、そこまで心配しなくても良いでしょう。

算数の文章問題を解くには、まずはしっかりと問題文を読み、意味を理解することが大切なので、算数の問題を解くうえでは、普段から国語の教科書や本を読む習慣をつけるのもひとつの方法です。

そして、わからなかった問題をもう一度一緒になってじっくり考えてみること。問題に出てくる言葉の意味や言い回しがまだ理解出来ないようであれば、ここでしっかりと説明してあげることで、今後の間違いを防いであげることが出来ます。

小学校のテストで0点をとってきた時に親としてやってはいけないことは?

よく、マンガやアニメの中では、主人公がテストで0点を取ってしまったのが親にバレないように隠しておいたのに、それが見つかってお説教されるといったシーンがありますよね。そもそも0点のテストを隠すのは、過去に親から叱られた経験があるからでしょう。

小学校に入学した当初であれば、問題の意味がわからなかったりすることもあるので、テストで0点を取ってしまっても仕方がないですよね。ですが、ある程度の学年になってから、しかもテストがあるのに勉強もしないで遊んでばかりいたのであれば、話は別。今後のためにもしっかりと叱る必要もあると思います。

ですが、ただやみくもに叱るだけでは、何の意味もありませんよね。テストで悪い点を取るたびに叱られていたのでは、「次は頑張ってよい点を取ろう!」といったやる気を引き出してあげるどころか、「自分は勉強が出来ないダメな子なんだ…」と、さらに落ち込んで、ますます勉強が嫌いになってしまう可能性が高いのです。

もしかしたら、自分なりに一生懸命考えてみた結果、どうしてもわからなかったのかもしれません。どこがわからないのか、どうしたら解けるようになるのかを一緒に話し合い、繰り返し勉強することで、苦手意識を克服できるチャンスはたくさんあるのです。

二度とテストで0点を取らないためには、家での復習を習慣化させよう

先生によっては、一年生のうちから毎日のように宿題を出す先生もいます。たとえその日は宿題がなかったとしても、今日学校で習ったことを復習する習慣をつけることは、結果的に勉強に対する苦手意識を防ぐことにも繋がります。

家事や仕事で忙しいお母さんも、出来ることなら小さいうちは、一緒になって勉強をみてあげるのが理想です。子どもがどんな問題が得意なのか、苦手な問題はないのかを理解することで、より適切なアドバイスも出来るでしょう。

私の両親は共働きだったため、実は家庭で勉強をみてもらった経験はほとんどありませんでした。ですがその代わり、家では教科書の進み具合に合わせた家庭学習用教材を使って勉強していたので、自然と予習復習は出来ていましたし、歳の離れた兄に教えてもらうこともありましたので、小学校のうちはさほど困ることもありませんでした。

もしも環境が違ったら、分からない問題も放置して、途中で躓いていたかもしれません。そうならないためにも、早いうちから毎日復習をする習慣を身につけることは非常に大切だと言えます。

小学校低学年で子供を落ちこぼれにさせないためには?

正直な話をすれば、学生時代に習った難しい数式や物理の定理が、大人になった今、果たして何の役に立っているのかはわかりませんし、たしかに学生時代もそのように感じていました。誰しもそのように感じたことはあるのではないでしょうか?

ですが、必ずしもムダなことばかりではなかったはずです。

この先、大人になるまでの過程においては、努力の積み重ねが結果として表れる場面に何度も遭遇するでしょう。小さいうちから、努力の先に待っているものが必ずあることを知っておくことは、生きていくうえで非常に大切なことです。

親から「努力することの大切さ」をキチンと教わった子は、たとえ苦手なことであってもしっかりと向き合って、努力して乗り越えようとする力があります。反対に、努力してもムダだとしか感じられないのであれば、困難に立ち向かわずに逃げてばかりの人生を送ることになるかもしれません。

勉強を教えることは、努力の大切さを教えることに繋がるでしょう。