注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ダンス苦手!でも踊りたい!苦手の原因と克服方法そして練習方法

ダンスが苦手なのはどうしてでしょうか?
ダンスを踊りたい!
キレッキレのダンスを踊りたい!
頭の中では華麗なステップを踏んでいるのに、現実は…

ダンスは好きだけど、上手に踊れない原因や苦手意識を感じるのはどうしてなのでしょう?

その原因と苦手意識の克服方法をご紹介します!
もちろん、今以上の練習を積むことが一番なんですけどね…

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

小鼻の黒ずみが取れない!小鼻の黒ずみ・角栓ケアについて

小鼻の黒ずみが取れない!メラニン沈着しているなら、洗顔やパック、マッサージで除去することは難...

彼女からの振り方がひどい場合の対処法と立ち直り方とは

彼女の振り方がひどいとそれがショックで引きずってしまうこともありますよね。では、彼女からの振...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

既婚者への片思い。諦める、諦めたい!どうしたら諦められるのか

既婚者への片思い。諦める以外ありません。諦めるしかありません。諦める他ありません。...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

金持ちの息子の特徴【性格・見た目・恋愛】育つ環境の違いとは

金持ちの家庭に育った息子には、性格だけではなく、見た目や恋愛の傾向にも特徴があるそうです。で...

鎖骨をマッサージして小顔を目指そう!効果的なやり方とは

鎖骨をマッサージすると小顔になれる!?鎖骨をマッサージするときにはどんなことに気をつけたらいいのでし...

ピアスを開ける時に痛いと感じるのは個人差が!痛さのレベルとは

ピアスを開ける時は痛いのでしょうか?耳に穴をあけるのだから痛いに決まってる!とちょっと・・・...

ライブへの差し入れで食べ物は喜ばれる?渡す場合の注意点とは

お気に入りのバンドマンのライブを何回も見に行くと、次は何か差し入れしたいと思いますよね。でも...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

前髪の作り方は切らないでも簡単にできるコツやアレンジ方法

前髪を作りたいけど切りたくないという人もいますよね。では、切らないでできる前髪の作り方とはど...

スポンサーリンク

ダンスが苦手!どうして?考えられる原因をあげてみました!

華麗にキレ良くダンスを踊っている人は、男女ともにかっこいいという印象を持たれることが多いですよね。

自分もかっこ良くダンスを踊ってみたい、けどどうしても思うように踊れない…という人はどのようなことがダンスの邪魔をしているのか原因を探してみましょう。

 

ダンスが苦手と感じる原因は体が硬い

体が硬いと、なめらかで柔軟な動きをすることが難しいですよね。
ダンスを華麗に、そしてキレも良く見せるためには体の柔軟性を高める必要があります。

 

リズム感がない

 

いくらダンスが出来ていても、リズムに合わせて体が動いていなかったり、リズムに乗れていないと上手に魅せることが出来ません。

ただ踊るだけでなく、リズムと合わせて踊ることがダンスをする上では最低限のことです。

 

体幹がしっかりしていない

 

体幹とは手足と頭以外の胴体部分のことを指し、体の芯を意味しています。
体幹がしっかりしていないということは、体の芯がしっかりしていないということです。

体幹がしっかりしていないと、体の芯が定まらずになんとなくフラフラ体が動いているだけという印象になってしまいます。

体幹をしっかりすることで、動き全体にもキレが出てくるようになります。

 

ダンスをイメージ出来ていない

 

ダンスはどのように踊りたいか、どのように魅せたいかということをイメージすることも大切です。

ダンスのイメージが頭で膨らませることが出来ないと、ただなんとなく踊っているだけになってしまいます。

ダンスが苦手な原因は単純に練習不足?

ダンスに限らず、基礎を練習することは上達につながります。
基礎を練習しない人は、それなりの仕上がりしか出来ません。

基礎練習で土台を固めてからこそ、魅力的なダンスを踊ることが出来るのではないでしょうか。

確かに基礎練習は地味なことが多かったり、ダンス本来の華やかさは少ないかもしれません。
それでも基礎を練習した人は、シルエットや動き、キレなどがやはり違ってきます。

難しいパフォーマンスも、基礎がきちんとしているからこそ美しく魅せることが出来るのです。

自主練ばかりをして、習ったことを練習しない人も苦手や下手ということが多いです。

習うことで、自分では気が付かないポイントを発見することが出来ます。
しかし発見するだけでは、ダンスが上手くはなりません。

発見して繰り返し練習をする、ここまでやって初めて上達が見えてくるのです。

自主練も大切ですが、自分の苦手なところ、下手なところに気付かず練習していても、悪い部分は悪いまま定着してしまいます。

基礎を固め、自分のダメな部分に気付き、そこを踏まえて練習する、これが上達するには欠かせない練習になってきます。

ダンスが苦手な原因は振りを覚えられないから?

ダンスにはいろいろな動きが細かく盛り込まれていて、踊る以前に覚えるだけでも大変そうです。
そして覚えが悪いと、やはり上手にダンスを魅せることは出来ません。

振りの覚えを克服できるように、以下のことを工夫してみて下さい。

 

ダンスは順番に覚える

 

ただ一気に覚えようとしても、頭が混乱するだけではないですか。
順番に覚えた方が、きっと効率よく確実に覚えることが出来るはずです。

まずは足のステップ、次に手の動きと分けて覚えてみましょう。
ダンスは下半身を先に、上半身を後に覚えた方がわかりやすいと言われています。

足の動きを覚えて、何も考えず無意識に動かせるようになったら、頭ではなく体で覚えたということです。
そこに腕の動きを合わせるように動かすと、混乱せずに振りを習得出来ますよ。

 

カウントを短くする

 

一気に長い振りを覚えることは難しいですよね。
そんなときは、4カウントや8カウントと区切って練習しましょう。

カウントを短くすると、確実に覚えることが出来るのはもちろん、細かな振りにも気付くことが出来て正確な動きで踊ることが出来るようになります。

この短いカウントをつなぎ合わせて、一つのダンスを完成させるイメージです。

 

忘れがちな部分は徹底的に

 

苦手な振りの部分がはっきりしているのなら、その部分を徹底的に練習するのみです。
自分では「苦手」という意識ではなくても、なんとなく違和感を感じる部分や、体の動きがスムーズに行かない部分も繰り返し練習しましょう。

諦めないで!ダンスが苦手だと思っても練習を積めば上達します!

自分なりに一生懸命やっているけど、苦手意識から諦めそうになったり、上達している感覚を得られず諦めそうになったりしていませんか。

ダンスを苦手だと感じる原因は、実はその弱気なことも関係しているのです。
実際に体を動かして練習することと同じように、気持ちの維持も大切です。

弱気な部分を少しでも取り除くことが出来たら、もっと上達したり満足する動きが出来るようになるはずです。

このようなことを踏まえて、ダンスを上達するための秘訣を見ていきましょう。

ダンスを好きだと思う心、自分を知ること

いい面も悪い面も含めて、自分を知ることです。
性格のような内面的な面、肉体的な外見的な面を知るのです。

そしていい部分は受け入れもっと良くなるように努力する、悪い面は気付きどのように改善出来るのか、改善することでどのようなことを生み出せるのか前向きに考えてみて下さい。

体を意識する

何度繰り返し練習をしても、悪い点に気付かないままの練習では意味がありません。
先ほども言ったようにそのままに練習を続けても、悪い部分が定着するだけです。

直すべき部分を意識して動くだけで、グッと上達が変わってきます。

ダンスが苦手と感じてしまうと上達しません!

先ほども言いましたが、ダンスは気持ちも非常に関係しています。
苦手だという意識を強く感じると、上達を邪魔してしまいます。

練習をしているのだから、上手になるんだと自分を信じる気持ちはとても大切なことです。
上達した姿を想像することが出来、よりダンスへ向ける気持ちも前向きになります。

前向きに考えることが出来たら、今までと同じようにしていたダンスも感じる楽しさが変わってきます。

人間は楽しいと思うことには、時間を忘れて夢中になって取り組むことが出来るものです。

夢中になって練習して、楽しみながら上達出来る。
こんな風にダンスが出来たら最高ですよね。

そして、疲れたときは思い切り休むことも必要です。

脳や体は使いすぎると、ストレスを感じてしまいます。
ストレスを感じると、集中して打ち込むことが出来なくなったり、楽しいと感じる気持ちが減少してしまいます。

疲れたときはオフに切り替えて、ダンスへ向ける情熱を維持して下さい。