注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低ければ効果は見込めません。

上達を意識させるためには、指導者や親はどのように教えてあげるといいのでしょう?ジュニアテニスを上達させるには、大人のサポートが大きく影響するようです。

ジュニアテニスが上達するためのヒントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」とい...

出張の多い旦那さんのお宅の生活とはストレスをためない暮らし方

出張が多い旦那さんだと、暮らしやすい?子どもがいない夫婦や子育てが落ち着いた夫婦は旦那さんが出張だと...

魚の出汁の取り方とは?臭みを取るポイントやコツをご紹介

魚の出汁で美味しいご飯を作りたい!けれど、出汁の取り方ってなんだか難しそう・・。魚の出汁をとると...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

幼稚園の運動会の場所取りで必要な物やオススメと注意点とは

幼稚園の運動会では場所取りが重要なポイントになりますよね。では、幼稚園の運動会の場所取りは何...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

猫の喧嘩とじゃれあいの見分け方や激しい喧嘩を止める方法とは

猫は喧嘩をしているのかじゃれあいをしているのか、時にわからないことがありますよね。猫のじゃれ...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

旦那が不機嫌だと無視をしてくる!そんなときの対処方法

旦那が不機嫌になると無視をしだす・・。何が原因なのかわかれば、話を聞くなり放っておくなり対処できます...

スポンサーリンク

ジュニアテニスの練習方法で大切なのは?

ジュニアテニスを始めさせたけど、練習方法に悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

ジュニアテニスも他のスポーツも一緒ですが、まずは本人の「意識」が最も大切です。

練習にはたくさんのメニューがありますよね。練習は出来ないことを克服する作業です。

その一つ一つにどんな意味があるのか、そのメニューで何ができるようになるのかを理解できていますか?
理解していなくては、必要な練習なのかも判断できませんよね。
練習メニューの意味を理解して練習するのと、ただ練習するのでは雲泥の差があります。

また、正しい動きを意識しながら練習することも大切です。
ショットでミスする事が多いとしましょう。
その原因は、面の向きが悪かったり、スイング方向やスピードがあっていなかったりするはずです。
それは、感覚をつかめていないか、体を上手く動かせていないかのどちらかです。

体を上手く動かせていない場合には、「クセになってしまっている良くない動き」が原因の場合があります。
クセというのは無意識で行なってしまうものですよね。

これを改善する為には、「良い動き」をクセとして体に覚えこませるのが良いでしょう。上書きする為には、練習の時にはその良い動きを意識しながら練習に取り組む必要があります。
体がクセになるくらいに「良い動き」を反復することが大切です。

ジュニアテニスの練習方法で必要なのは反復

ジュニアテニスの練習方法は、たくさんの種類があります。
コーチによって、年齢によって、国によって、いろいろとあることでしょう。

しかし、どんな練習方法でも大切なのは「反復」することです。
毎日同じ事を反復するというのは、とても地味な作業です。
ですが、その地味な作業をやりきることで、メンタルが鍛えられていくのです。続けられる選手が強くなっていきます。

同じような反復練習でも、課題をつけて取り組む事が大切です。
球出し加減などを調節し、課題をクリアするたびに負荷を大きくしていきましょう。
同じような反復練習でも、成長に合わせて負荷の大きさを変えることで、子供は辛く感じることでしょう。

上達する為に必要なことは、練習のコンセプトをしっかりと理解して、毎回課題をつけてクリアしていくことです。
そうすることで、大きな成果へと繋がることでしょう。

ジュニアテニスにおすすめなストローク力をアップさせる練習方法

ジュニアテニスでは「体の使い方」で躓く事が多いです。
ラケットで球を打つときに、腕だけでは限界があります。
脚から腰にかけての回転の力を腕に伝えて、その力をラケットから球へと移せなくては、力強いショットを打つ事は難しいでしょう。

この体の使い方を学ぶためにおすすめな練習方法は、思いっきり打つ練習です。
テニスではコート内にボールを打つのが一般的です。
しかしその制約を無視して、野球のバッティングのように、とにかく強く遠くへ飛ばすことを意識して練習しましょう。

練習する時には、野球グランドが最適でしょう。
ベースラインのあたりから、フェンスをめがけて思いっきり打ちます。
ただし、球出しは自分で行ないます。
勢いのない球を遠くまで飛ばすには、腕の力だけでは足りません。
脚から腰、腰から腕へ力がスムーズに移動するように、上手に体を使わなくてはいけません。

フェンスにノーバウンドで当てることを目標にしましょう。

この練習は、思いっきり打てる爽快感があるので、子供も楽しんで行なってくれるはずです。

ジュニアテニスの練習方法「壁打ち」

ジュニアテニスを始めて、ある程度基本が出来てきたら「壁打ち」もおすすめです。

壁打ちは真っ直ぐに打たないと続ける事ができません。
そのため、ある程度のコントロール技術が必要になります。始めたばかりの初心者では難易度が高いでしょう。

壁打ちでは、高さのコントロールを練習できます。
壁をネットだと想定しましょう。「ネットのここら辺に打う」ということをイメージしながら、壁打ちします。

実際のネットでは、ネットをボールが通過するのは一瞬で、高さの確認がしにくいものですが、壁の場合はわかりやすいです。
ですから、高さのコントロールの練習にはうってつけなのです。

壁を相手にしますから、練習場所も選ばす1人で行なうことが出来るのも、この練習の良いところでしょう。

この練習でもっとも大切な事はイメージすることです。
ネットを思い出して、実際にコートでプレイしているように練習しましょう。

ジュニアテニスの練習に役立つ筋肉トレーニング

ジュニアテニスの練習方法では、ラケットを使った練習も大切ですが、筋力づくりも大切になります。

テニスで重要なフットワークでは、下半身の筋力が必要です。
また、股関節を大きく開き脚を動かす感覚も大切になります。

フットワークを上手に行う為には、ふくらはぎだけではなく、太ももの筋肉大切なのです。
太ももの筋肉に比べてふくらはぎやすねの筋肉は小さいですよね。
ですから素早いフットワークの為には、大きな筋肉である太ももを鍛える必要があります。

脚を前後に大きく開いて、膝を90度に曲げた体勢から、素早くもどる練習もしましょう。
これはとても辛いトレーニングですが、テニスでは良く行う動きです。

前後の後は左右でも練習しましょう。
テニスでは前後に振られる事はもちろん、左右に振られることも多々あります。
そういった時に踏ん張ったり、素早く切り返すための練習です。