注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低ければ効果は見込めません。

上達を意識させるためには、指導者や親はどのように教えてあげるといいのでしょう?ジュニアテニスを上達させるには、大人のサポートが大きく影響するようです。

ジュニアテニスが上達するためのヒントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

子育て疲れた。一歳の我が子が暴君にしか思えない。そんな時には

子育てって、しんどいしキツイんだよ!疲れたと思ったら、休める状況を作りましょう。一歳にな...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの?5キロあったら何日...

眼科入院中に暇つぶしになるものは?おすすめはやっぱりアレ

眼科入院となると、入院中の暇つぶしグッツの定番である、読書やスマホ、テレビといった目を使うものが役に...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

実家で同居。生活費は一人あたりいくら?参考価格を知りたい!

実家で同居をする時、みんなはどのくらいの生活費を負担しているのでしょうか?独身で実家から通勤...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

スポンサーリンク

ジュニアテニスの練習方法で大切なのは?

ジュニアテニスを始めさせたけど、練習方法に悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

ジュニアテニスも他のスポーツも一緒ですが、まずは本人の「意識」が最も大切です。

練習にはたくさんのメニューがありますよね。練習は出来ないことを克服する作業です。

その一つ一つにどんな意味があるのか、そのメニューで何ができるようになるのかを理解できていますか?
理解していなくては、必要な練習なのかも判断できませんよね。
練習メニューの意味を理解して練習するのと、ただ練習するのでは雲泥の差があります。

また、正しい動きを意識しながら練習することも大切です。
ショットでミスする事が多いとしましょう。
その原因は、面の向きが悪かったり、スイング方向やスピードがあっていなかったりするはずです。
それは、感覚をつかめていないか、体を上手く動かせていないかのどちらかです。

体を上手く動かせていない場合には、「クセになってしまっている良くない動き」が原因の場合があります。
クセというのは無意識で行なってしまうものですよね。

これを改善する為には、「良い動き」をクセとして体に覚えこませるのが良いでしょう。上書きする為には、練習の時にはその良い動きを意識しながら練習に取り組む必要があります。
体がクセになるくらいに「良い動き」を反復することが大切です。

ジュニアテニスの練習方法で必要なのは反復

ジュニアテニスの練習方法は、たくさんの種類があります。
コーチによって、年齢によって、国によって、いろいろとあることでしょう。

しかし、どんな練習方法でも大切なのは「反復」することです。
毎日同じ事を反復するというのは、とても地味な作業です。
ですが、その地味な作業をやりきることで、メンタルが鍛えられていくのです。続けられる選手が強くなっていきます。

同じような反復練習でも、課題をつけて取り組む事が大切です。
球出し加減などを調節し、課題をクリアするたびに負荷を大きくしていきましょう。
同じような反復練習でも、成長に合わせて負荷の大きさを変えることで、子供は辛く感じることでしょう。

上達する為に必要なことは、練習のコンセプトをしっかりと理解して、毎回課題をつけてクリアしていくことです。
そうすることで、大きな成果へと繋がることでしょう。

ジュニアテニスにおすすめなストローク力をアップさせる練習方法

ジュニアテニスでは「体の使い方」で躓く事が多いです。
ラケットで球を打つときに、腕だけでは限界があります。
脚から腰にかけての回転の力を腕に伝えて、その力をラケットから球へと移せなくては、力強いショットを打つ事は難しいでしょう。

この体の使い方を学ぶためにおすすめな練習方法は、思いっきり打つ練習です。
テニスではコート内にボールを打つのが一般的です。
しかしその制約を無視して、野球のバッティングのように、とにかく強く遠くへ飛ばすことを意識して練習しましょう。

練習する時には、野球グランドが最適でしょう。
ベースラインのあたりから、フェンスをめがけて思いっきり打ちます。
ただし、球出しは自分で行ないます。
勢いのない球を遠くまで飛ばすには、腕の力だけでは足りません。
脚から腰、腰から腕へ力がスムーズに移動するように、上手に体を使わなくてはいけません。

フェンスにノーバウンドで当てることを目標にしましょう。

この練習は、思いっきり打てる爽快感があるので、子供も楽しんで行なってくれるはずです。

ジュニアテニスの練習方法「壁打ち」

ジュニアテニスを始めて、ある程度基本が出来てきたら「壁打ち」もおすすめです。

壁打ちは真っ直ぐに打たないと続ける事ができません。
そのため、ある程度のコントロール技術が必要になります。始めたばかりの初心者では難易度が高いでしょう。

壁打ちでは、高さのコントロールを練習できます。
壁をネットだと想定しましょう。「ネットのここら辺に打う」ということをイメージしながら、壁打ちします。

実際のネットでは、ネットをボールが通過するのは一瞬で、高さの確認がしにくいものですが、壁の場合はわかりやすいです。
ですから、高さのコントロールの練習にはうってつけなのです。

壁を相手にしますから、練習場所も選ばす1人で行なうことが出来るのも、この練習の良いところでしょう。

この練習でもっとも大切な事はイメージすることです。
ネットを思い出して、実際にコートでプレイしているように練習しましょう。

ジュニアテニスの練習に役立つ筋肉トレーニング

ジュニアテニスの練習方法では、ラケットを使った練習も大切ですが、筋力づくりも大切になります。

テニスで重要なフットワークでは、下半身の筋力が必要です。
また、股関節を大きく開き脚を動かす感覚も大切になります。

フットワークを上手に行う為には、ふくらはぎだけではなく、太ももの筋肉大切なのです。
太ももの筋肉に比べてふくらはぎやすねの筋肉は小さいですよね。
ですから素早いフットワークの為には、大きな筋肉である太ももを鍛える必要があります。

脚を前後に大きく開いて、膝を90度に曲げた体勢から、素早くもどる練習もしましょう。
これはとても辛いトレーニングですが、テニスでは良く行う動きです。

前後の後は左右でも練習しましょう。
テニスでは前後に振られる事はもちろん、左右に振られることも多々あります。
そういった時に踏ん張ったり、素早く切り返すための練習です。