注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?
平均在籍年数は2~3年と言われており、問題となるのが引退後の収入です。

サッカー選手が引退後収入を得るためにはどんな道があるのでしょうか。サッカー選手が引退後に一番考える職業とは?

サッカー選手の引退後の生活について調べました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児のバスタオルは大人と同じはNGな理由と必要枚数

新生児の赤ちゃんが使うバスタオルは、大人と同じバスタオルはやめた方がいいそうです。では、どう...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

実家に帰りたくないと言う嫁。なぜ実家を嫌がるのかを知りたい

実家に帰りたくないと嫁が言っている。オレの母ちゃん、いい人なのに…。そんなこと言ってると離婚...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

親がいない。ふとした瞬間に感じる寂しい感情

親がいない。親がこの世を去る。もう、会うことができない。ふとした瞬間に、猛烈な寂...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

転勤族の子供はかわいそうというのはウソ?子供に与える影響とは

夫が転勤族だと、自分だけではなく子供にも負担がかかりますよね。「転勤することは子供にとってか...

漢字の書き取りが苦手な子供の勉強方法と覚えさせるためのコツ

小学校でも学年が上がるにつれて覚える漢字の量は増えていきますよね。でも、子供が漢字の書き取り...

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

スポンサーリンク

サッカー選手が引退後収入を得るためにはどんな道がある?

サッカー選手は野球選手のように現役年数は長くありません。
人によって長い人もいますが、平均すると2~3年とも言われております。
そんなサッカー選手ですが、引退をするとどのような道に進むのでしょうか。

監督、スタッフ、審判、コーチ、子供サッカーの育成などサッカーに関する仕事はいくつか存在しますが、数多くいる選手の中でも引退後もこのようなサッカーに関する仕事をする人はごく一部なんですよ。

サッカーではなくスポーツという大きな幅で言いますとスポーツ関連会社への就職などもあり、有名な選手であればそこでの営業も有利ですが、誰しもが営業が得意というあけではありませんので、辞めてしまう人も多いのが実状です。

みなさん引退後の夢を持っている人はいますが、現役時代から現役を継続しながらその夢のために努力している成功をおさめる人もいれば、中にはそうじゃない人もいます。

いざという時は、夢ばかり願望ばかり抱くよりは、やるべきことをして収入を得て生きていくしかありません。
サッカー選手は結婚が早い傾向にありますので家族がいれば尚更ですよね。

サッカー選手はプロ引退後、どんな職業について収入を得ようと考えるのか

サッカーに関する仕事

大学、高校の強豪校の指導者から、Jリーグの関連スタッフなど様々であります。
成績を残し活躍した選手こそ人脈で採用誘われる事が多いですが、中には試験、面接で採用されている人も少なくありません。
どちらかが良いかは人それぞれの考え方ですが、問題は新たな職をこなせるか、続くかどうかにかかっていると思います。
サッカーをやっている以上、厳しいトレーニングや過酷な状況下でも乗り越えてきて、それなりの根性はあると思いますが、それと仕事はまた違うものがあります。

引退後はテレビの仕事

ラジオや解説者などサッカー関連のテレビの仕事が多いですが、そこでも爪痕を残すとそれ以外のバラエティーに出演する元サッカー選手も少なくありませんね。
テレビの仕事の幅を広げるもその人のキャラクター次第であります。
よくテレビで見る人ほど収入は良いでしょうね。

サッカー選手の育成、指導者のライセンス

レベルによって指導できる生徒の年齢やチームのレベルが違います。
地域のチームやサッカースクールなどの小学生までの子供たちの指導、代表選手の小学生まで指導、高校生以下、一般チームの監督やコーチ、Jリーグのトップコーチ、日本代表コーチなど所持しているライセンスのレベルによって異なります。もちろんライセンス試験のレベルも容易ではありません。
トップチームのコーチや監督レベルになれる人は引退する選手の中でもごく一部です。

サッカー選手を引退後コーチになってもほとんどが低収入だという現実

前述で述べたように、引退後にサッカー関連に就職する人もいますが、実はそこまで収入が良いわけではありません。
Jリーグのコーチでさえ25歳前後で月20万円ほどの給料であります。
そして、長年勤めていてもそこまで給料は上がっていくわけでもなく、何年かごとの契約で働くのが一般的であります。

給料が少なくて大変でもサッカーが好きだし、やりがいのある仕事といって続けていても、家族を持ったり、子供にお金がかかる年頃になると、辞めて行く人が続出します。

年齢が若い20代半ば前後ですと再就職する職の幅も広いのですが30代をすぎるとその幅は一気に減っていきます。
サッカーに関する職に再就職するならまだしも、30代過ぎてサッカーに関係なく新たな職につくということは、サッカー以外の経験がないので中途採用でも新卒と変わらない扱いになります。
この状況でも乗り越えている人はたくさんいますが、きつい現実が待っているのも事実です。

サッカー選手を引退後、安定した収入を得るために必要なこととは

Jリーグの選手も現役年数は平均6年ほどと短く毎年100人引退し100人が入団します。

引退する選手の多くは30代にさしかかろうとしている年齢でそこからサッカー以外にキャリアのない人達を育ててくれる企業は多くありません。
選手の中でも「悔いがない、やりきった」という選手もいれば、「やりきれず終わった、未練がある」選手もいて、後者の場合は大好きなサッカーに触れあう機会をなくした喪失感や行き場がなく精神的にダメージを追ってしまう人もいます。

このような人たちの力になるカウンセリングや相談所はいくつか存在しますので、そこを頼る選手も多くいます。

まずは選手たちの気持ちの問題でサッカー人生に一区切りつけるカウンセリングから就職活動へと進めていきます。

しかし、海外に比べ日本のサッカー選手の再就職の手助けが十分に備わっていないのが現実です。

引退後の収入に困るスポーツ選手、だがアスリートは社会に必要なスキルを自然と身につけている

サッカー選手は今までの人生サッカーしかやってこなかったといっても過言ではありません。
他にキャリアがないのは確かですが、サッカーを通して社会に出ても通用する力は身についております。

経済産業省が掲げる社会に必要な力

  • 前へ踏み出す勇気
  • 考え抜く力
  • チームで働く力

これらはサッカー選手に限らず、どんな困難も乗り越えてきたアスリートなら兼ね備わっている力です。

サッカーに区切りをつけ、一歩前げ踏み出す勇気を持てば乗り越えられるでしょう。
新たな職をやれるかどうかではなく、気持ちの問題で打ち勝てば乗り越えて行けるでしょう。
今までしてきたことは決して無駄なことではありません。せっかく身についたスキルを生かしてサッカー引退後の人生を送って欲しいですね。