注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではないでしょうか?

でも、捕まえ方がわかっていないと、せっかく行っても手ぶらで帰ってきてしまうことになってしまいます。

カブトムシやクワガタムシを捕まえやすい時間帯とは?捕まえ方にはコツがある?

今年の夏休みはカブトムシ・クワガタムシ捕りに出かけよう!捕まえ方のコツについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

朝顔の自由研究で押し花をするときのポイントやコツを紹介

朝顔 自由研究で朝顔の押し花をするときには、どのような方法があるのでしょうか?今までは、新聞...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じ...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

スポンサーリンク

カブトムシやクワガタムシの基本的な捕まえ方は?ノコギリクワガタが捕まえやすい時間帯は?

カブトムシやクワガタムシの基本的な捕まえ方の一つといわれているのが、ルッキング採集です。

ルッキング採集とはその名の通り、虫がいそうな雑木林などを歩きながら、目で見つけ採集する方法です。

カブトムシやクワガタムシは夜に活発に活動をしますが、ノコギリクワガタは日中にも活動をしますので、この方法で見つけやすいクワガタの種類なんです。

日が昇った早朝からお昼までの午前中が捕まえやすい時間帯なので、クワガタが好きな木を重点的にルッキング採集をしてみてください。

活動をしている時間帯には、気の隙間などに隠れることなく表面につかまっている事が多いので、手で捕まえることも可能ですよ。

ちなみにルッキング採集は夜間の採集方法には向いていません。当たり前ですが夜は暗く虫がいても見つける事ができないので、燈火採集が狙い目です。

街灯付近や自動販売機など、森や林の中でついている明かり付近がねらい目ですよ。

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方!まずはクワガタムシから

カブトムシやクワガタムシは木につかまっているイメージですよね。でも、カブトムシやクワガタムシが好む木があるのをご存知ですか?

この木を見つける事ができなければ、ただただ林や森の中を歩き回ることになります。カブトムシやクワガタムシが好きなのは、甘い樹液が出るクヌギの木なので採集に行く前に、クヌギの木はどのような特徴があるのか、しっかりと見分けが付くようにしておきましょう。

そしてクヌギの木を見つけたら、まずは気の表面にクワガタムシがいるかどうかを、目で見て確認をしてください。

次に見つけられなかった場合ですが、樹液場を探してみましょう。深い溝に潜んでいるかもしれません。

溝にクワガタムシがいた場合は、見つけているのに手が入らずに採集する事ができないなんてこともあります。そのような場合に備えてピンセットを用意して置くと便利ですよ。ピンセットを使用するときには、クワガタムシを傷つけないように注意をしましょう。

最後に溝を見てもクワガタムシがいない場合は、木を蹴ってみてください。

木を何度か思いっきり蹴るとカブトムシやクワガタムシが落ちてくる事があります。こちらもれっきとした採集方法なんですよ。試してみてくださいね!

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方!カブトムシの正しいつかみ方は?

カブトムシやクワガタムシを見つけても、正しいつかみ方を知らないと、逃げられてしまったり、虫を傷つけてしまうこともあります。カブトムシやクワガタムシをつかむときは、体の横面を親指と人差し指で挟んで持ちましょう。

またカブトムシの力はなかなかのもので、足には突起部分もついています。素手ではつかみにくいときには軍手を使用すると良いですよ。特にお子さんは皮膚も柔らかいので、カブトムシの足の突起部分が肌に触ると、ちくちくと傷みが生じます。よじ登られたりすると捕まえて引き離す時も大変なので、軍手と長袖、長ズボンと肌を出さないようにしてくださいね。虫さされ予防にもなり一石二鳥ですよ。

カブトムシもオスの場合だと、頑丈な角が生えていますので、こちらをつかんで捕まえてもOKです。その際に逃げようと羽根を出して飛ぼうとしたり、飛ぶ時にはおしっこをかけられたりするので注意をしましょう。

そして逃げられないように、捕まえたらすぐに虫かごにいれて、しっかりと蓋をして下さいね!

カブトムシを捕まえやすいエサは?

カブトムシは甘い樹液を好むように、甘いエサのにおいにつられてやってきます。

そこでよくトラップのえさとして使用されるのが果物。バナナを使うという話を良く耳にしますね。

でもバナナを使用するときには注意が必要!バナナと焼酎を混ぜ合わせて発酵させたバナナとラップは、トラップにはまったカブトムシを捕まえる時も大変です。手をあまり汚したくない、発酵させるのはチョット嫌だな。と言う方は違う果物を選びましょう。

ももやリンゴでも十分に効果が得られますよ!甘さが際立つ果物を選んでくださいね。

ちなみに安価なものを選ぶなら、やはりリンゴがオススメです。リンゴをカットしてそのまま木のくぼみや、溝に挟んで置くだけでもOK!

これなら手がひどく汚れる心配もなし、カブトムシを捕まえる時にもエサにドロドロにまみれている事がなく、簡単に捕まえる事ができます。

カブトムシを絶対捕まえたいなら、木の選び方に注意!

先ほども少し触れましたが、カブトムシを捕まえたいのなら好きな木を知る事が大切です。

カブトムシが好きなのは樹液をだすクヌギやクナラです。いつもは木の種類など気にした事がないと、どの気がクヌギやクナラかわからないですよね。

分かりやすいところで言うとどんぐりの木、そして木の表面がでこぼこしていている木です。

秋にはどんぐりが沢山落ちているような木は、夏にはカブトムシがいる可能性が高いということなんですよ。

ちなみに針葉樹の杉や松は防虫成分がある木です。このような木には当たり前ですが、いくら探してもカブトムシなどは見つける事ができません。

同じ雑木林でも針葉樹ばかりが植えられているような場所で、カブトムシ探しをすると無駄足を踏んでしまうので気をつけてくださいね。