注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではないでしょうか?

でも、捕まえ方がわかっていないと、せっかく行っても手ぶらで帰ってきてしまうことになってしまいます。

カブトムシやクワガタムシを捕まえやすい時間帯とは?捕まえ方にはコツがある?

今年の夏休みはカブトムシ・クワガタムシ捕りに出かけよう!捕まえ方のコツについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。手づかみで食...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでし...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?お外に連れていってあ...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

男は本能で子孫繁栄したくなる!本能が選びたくなる女性のタイプ

「男の人が浮気をするのは本能だから」という話を聞いたことがある人もいますよね。男の人は子孫繁栄のため...

冬に半袖が子供には一番?子供を薄着にさせる効果と注意点

寒い冬の時期はついつい厚着になってしまうもの。子供に風邪を引かせてはいけないと、何枚も服を着させ...

スポンサーリンク

カブトムシやクワガタムシの基本的な捕まえ方は?ノコギリクワガタが捕まえやすい時間帯は?

カブトムシやクワガタムシの基本的な捕まえ方の一つといわれているのが、ルッキング採集です。

ルッキング採集とはその名の通り、虫がいそうな雑木林などを歩きながら、目で見つけ採集する方法です。

カブトムシやクワガタムシは夜に活発に活動をしますが、ノコギリクワガタは日中にも活動をしますので、この方法で見つけやすいクワガタの種類なんです。

日が昇った早朝からお昼までの午前中が捕まえやすい時間帯なので、クワガタが好きな木を重点的にルッキング採集をしてみてください。

活動をしている時間帯には、気の隙間などに隠れることなく表面につかまっている事が多いので、手で捕まえることも可能ですよ。

ちなみにルッキング採集は夜間の採集方法には向いていません。当たり前ですが夜は暗く虫がいても見つける事ができないので、燈火採集が狙い目です。

街灯付近や自動販売機など、森や林の中でついている明かり付近がねらい目ですよ。

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方!まずはクワガタムシから

カブトムシやクワガタムシは木につかまっているイメージですよね。でも、カブトムシやクワガタムシが好む木があるのをご存知ですか?

この木を見つける事ができなければ、ただただ林や森の中を歩き回ることになります。カブトムシやクワガタムシが好きなのは、甘い樹液が出るクヌギの木なので採集に行く前に、クヌギの木はどのような特徴があるのか、しっかりと見分けが付くようにしておきましょう。

そしてクヌギの木を見つけたら、まずは気の表面にクワガタムシがいるかどうかを、目で見て確認をしてください。

次に見つけられなかった場合ですが、樹液場を探してみましょう。深い溝に潜んでいるかもしれません。

溝にクワガタムシがいた場合は、見つけているのに手が入らずに採集する事ができないなんてこともあります。そのような場合に備えてピンセットを用意して置くと便利ですよ。ピンセットを使用するときには、クワガタムシを傷つけないように注意をしましょう。

最後に溝を見てもクワガタムシがいない場合は、木を蹴ってみてください。

木を何度か思いっきり蹴るとカブトムシやクワガタムシが落ちてくる事があります。こちらもれっきとした採集方法なんですよ。試してみてくださいね!

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方!カブトムシの正しいつかみ方は?

カブトムシやクワガタムシを見つけても、正しいつかみ方を知らないと、逃げられてしまったり、虫を傷つけてしまうこともあります。カブトムシやクワガタムシをつかむときは、体の横面を親指と人差し指で挟んで持ちましょう。

またカブトムシの力はなかなかのもので、足には突起部分もついています。素手ではつかみにくいときには軍手を使用すると良いですよ。特にお子さんは皮膚も柔らかいので、カブトムシの足の突起部分が肌に触ると、ちくちくと傷みが生じます。よじ登られたりすると捕まえて引き離す時も大変なので、軍手と長袖、長ズボンと肌を出さないようにしてくださいね。虫さされ予防にもなり一石二鳥ですよ。

カブトムシもオスの場合だと、頑丈な角が生えていますので、こちらをつかんで捕まえてもOKです。その際に逃げようと羽根を出して飛ぼうとしたり、飛ぶ時にはおしっこをかけられたりするので注意をしましょう。

そして逃げられないように、捕まえたらすぐに虫かごにいれて、しっかりと蓋をして下さいね!

カブトムシを捕まえやすいエサは?

カブトムシは甘い樹液を好むように、甘いエサのにおいにつられてやってきます。

そこでよくトラップのえさとして使用されるのが果物。バナナを使うという話を良く耳にしますね。

でもバナナを使用するときには注意が必要!バナナと焼酎を混ぜ合わせて発酵させたバナナとラップは、トラップにはまったカブトムシを捕まえる時も大変です。手をあまり汚したくない、発酵させるのはチョット嫌だな。と言う方は違う果物を選びましょう。

ももやリンゴでも十分に効果が得られますよ!甘さが際立つ果物を選んでくださいね。

ちなみに安価なものを選ぶなら、やはりリンゴがオススメです。リンゴをカットしてそのまま木のくぼみや、溝に挟んで置くだけでもOK!

これなら手がひどく汚れる心配もなし、カブトムシを捕まえる時にもエサにドロドロにまみれている事がなく、簡単に捕まえる事ができます。

カブトムシを絶対捕まえたいなら、木の選び方に注意!

先ほども少し触れましたが、カブトムシを捕まえたいのなら好きな木を知る事が大切です。

カブトムシが好きなのは樹液をだすクヌギやクナラです。いつもは木の種類など気にした事がないと、どの気がクヌギやクナラかわからないですよね。

分かりやすいところで言うとどんぐりの木、そして木の表面がでこぼこしていている木です。

秋にはどんぐりが沢山落ちているような木は、夏にはカブトムシがいる可能性が高いということなんですよ。

ちなみに針葉樹の杉や松は防虫成分がある木です。このような木には当たり前ですが、いくら探してもカブトムシなどは見つける事ができません。

同じ雑木林でも針葉樹ばかりが植えられているような場所で、カブトムシ探しをすると無駄足を踏んでしまうので気をつけてくださいね。