注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。

でも、なぜあんなにまで大きいのでしょうか?アメリカ人が太ってしまう原因はやっぱりボリュームたっぷりの食事なのでしょうか?

アメリカの食べ物が大きい理由とアメリカ人が太る原因、そして日本食とは違うアメリカの食事の特徴について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

母親でいるの疲れた。やめたいならやめちゃおう!

母親でいるの疲れた。もう、やめたい…。わかるわかるわかる!わかりますよ!24...

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

ストレスの解消には音楽がおすすめ。リラックスする方法とは

ストレスの解消に音楽を聴く人は多いと思います。しかし、なぜ音楽を聴くとストレスが解消されるのでしょう...

右脳を鍛える方法とは?右脳を鍛えて自分の潜在能力を高めよう!

右脳を鍛える方法ってありますか?はい!あります!一番手っ取り早いのは『左手』を使うことです!...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

パスタの名前の中でもおしゃれなものを大特集!その意味も解説

イタリア語自体がそうなのかもしれませんが、パスタの名前ってどれもおしゃれに聞こえますよね。そ...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

実家に帰りたくないと言う嫁。なぜ実家を嫌がるのかを知りたい

実家に帰りたくないと嫁が言っている。オレの母ちゃん、いい人なのに…。そんなこと言ってると離婚...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

保育園の迎えの前に買い物するのはダメなワケと現場の声とは

子供を保育園に預けて、毎日働いて疲れているママさんも多いですね。仕事が終わって、子供を園まで...

転勤族の子供はかわいそうというのはウソ?子供に与える影響とは

夫が転勤族だと、自分だけではなく子供にも負担がかかりますよね。「転勤することは子供にとってか...

スポンサーリンク

アメリカの食べ物はなぜあんなに量が多くて大きいの?

アメリカに旅行をすると食べ物のサイズがどれもこれも大きく、食べきることができないという話をよく耳にします。

世界的にも有名なチェーン店のハンバーガーセットでさえも日本との大きさの違いに驚きます。
そしてポテトの量、飲み物のサイズまでも違い全てが大きいのです。

1人前を2人でシェアがオススメで、中には2人でも食べきれない量の時もあります。

ですが、アメリカ人ですらもお店で出てくる量の料理を食べきれない人が多く、お持ち帰りのパックを手にぶら下げている人は多く街でみかけます。

アメリカ人に食べ物の量がどうしてそんなに多いのかを質問したところ、あくまでもその人の考えだそうだがこのように答えてくれました。
「アメリカが貧しかった時代の名残で豊かになった今では客人には食べきれないほどの食事を出す事がおもてなし」という考えがあるんだそうです。

これは一説にすぎないが、そのような理由も一理あるのではと考えられますね。

アメリカの食べ物は大きいけど、どれもおいしい?

アメリカの食べ物は大きくて食べきれないのは有名な話だが、どれもこれも美味しいのが特徴であります。

アメリカといえばジャンキーな食べ物という印象ですが、中でもハンバーガーとシカゴピザはテッパンです。

日本では少し小腹が空いたらチーズバーガーやピザの1切れ2切れ食べてお腹を満たしたりしますが、そのような考えでアメリカのお店に行くと、信じられない大きさで出てきます。

あまりお腹が空いていなくてもあまりの美味しさにペロッと食べきってしまう事もあるほど味はとてもどれも良いんですよ。
1つの食事として考えてお店に行く事をオススメします。

アメリカから、日本へ進出しているお店もたくさんありますので日本でも本場の味を堪能できることが増えました。
大きさは日本サイズになっていることがほとんどですが、味はどれも本場と変わりませんよ。

アメリカ人は、大きい食べ物ばかりを食べているから太っている人が多い?

アメリカ人は好む食べ物について

パスタ、ハンバーガー、ポテト、コーラ、ピザ、アイスクリーム、マカロニなど出せばキリがありませんが、どれも炭水化物が多く過剰な塩分、油分、糖分が含まれていることがわかります。

アメリカに留学すると、ホストファミリーもこのような食事をしているのでカルチャーショックになるのは当たり前です。
日本の主食である米がでてくることは極めて少なく、3食の食事に加え間食などにも小麦を使ったものが日常に出てきます。

アメリカは世界から見ても肥満大国の上位にランクインしているほど肥満が多いです。
この食事内容を知ればごもっともといったところでしょうが、中にはベジタリアンや健康を意識してスレンダーな体型を保っている人もいるんですよ。

それでもアメリカ人で太っている人の多くは気にしない人が多くそれよりも美味しい物をたくさん食べる事に幸せを感じていて、肥満が重大なこととは思っていません。

日本食とは違うアメリカ人の食事の特徴とは?

アメリカは移民大国で様々な食文化が入り混じっている

まだ、アメリカが発展していない頃に国の恵まれた状況により乳や果物、野菜、豆、などたくさんの食物がとれていました。
国土の割りに人口があまりいなかったことから、食物を扱う技術が発展し機械を取り入れられるのも早く加工食品や冷凍食品、長期可能保存食品などが豊富でした。

そのため食事にも冷凍ピザやパスタ、スープ、フライドチキンなど多く食べられるようになっています。

そして、スイーツはとにかく甘くて驚きます。
日本人である私はたまに子供にお菓子作りをしますが、普段目にしない砂糖の量に動揺を隠せません。
ですが、その量の比にならないほどの砂糖を使います。

そのカロリーの高いスイーツや食事のほかに野菜を摂取しバランスを調和するならまだ話しはわかりますが、アメリカ人の食事は野菜がとても少ないです。
アメリカ人もこの事実を十分承知でビタミン剤やサプリメントで栄養を補っている人が多いようです。

食べ物は大きいけど、アメリカに行ったら絶対食べてほしいおすすめの食べ物とは?

アメリカのグルメガイドにも様々なお店や料理が載っていると思いますが、その中でも本場のタコスとエッグベネディクトはオススメする品です。

「アメリカと言えば」なハンバーガーやステーキ、ピザを堪能する人が多いのですが、こちらの2品もぜひご堪能ください。

タコスはメキシコ料理でも知られていますが、メキシコからの移民によりアメリカでもタコスが多く出回るようになりアメリカ発祥のチーズなど使いアメリカ風に進化を遂げているものがあります。
とても絶品ですので試してほしいです。

またエッグベネディクトはお食事マフィンに卵やチーズソースベーコンを一緒に載せて食べます。
朝食に用いられることが多いですがタイミングを逃すと食べられないで旅行が終ってしまうこともあります。
せひ1度本場のエッグベネディクトを食べてみてくださいね。