注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

眉毛に長い毛が1本だけ生える理由!老化?宝毛?その理由を解説

眉毛に1本だけ長い毛が生えてくることってありますよね。どうして1本だけ長くなってしまうのか、原因が知りたい人もいるでしょう。

他の眉毛はみんな同じ長さなのに、1本だけ長さが違う毛が生えてくるのはどうして?宝毛って話は本当?

そこで今回は、眉毛に1本だけ長い毛が生えてくる理由についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダンスの苦手を克服するコツやうまくなるための練習方法とは

ダンスの苦手を克服したい人はどうしたらダンスが上手になれるのかと考えますよね。 そもそもダンス...

韓国で今話題の食べ物!現地でぜひ食べておきたい人気韓国グルメ

韓国への旅行は、観光やショッピングも定番ですが、美味しい食べ物を食べに行くのが一番の目的という方も多...

髪切ったけど明らかに失敗でしょ!衝撃の私と鏡の中でご対面

髪切った。失敗。 もう、絶望的ですよね? 鏡の中仕上がった自分。 えっ!?これが仕上がり!...

キムチを食べ過ぎたあとの臭いはどうしたら消せる?対処方法とは

キムチを食べ過ぎてしまったときには臭いをどのようにして消したらいいのでしょうか? キムチを食べると...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。 まずは、手軽にアイシャ...

好きな人が留学!告白した方がいい?遠距離片思いを実らせる方法

好きな人が留学することになったら、告白した方が良いのか考えてしまいますよね。自分の気持ちを伝えたいけ...

【距離を置く】と連絡をするときのメールの内容や書き方とは

男性が彼女に距離を置くと連絡するときにはどんな内容のメールをしたらいいのでしょうか? 相手を傷...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

日本は世界からどう評価されている?あなたが知らない日本とは

訪日外国人数は年々増加し、日本は世界の人から愛されていることは少なからず誰でも感じていることでしょう...

眉をペンシルで書く時の基本の書き方やポイントを解説

普段眉をペンシルを使って書いている方も多いと思いますが、その書き方で本当に大丈夫ですか? 眉の...

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。 話題としては盛り上がるのですが、会うた...

飲食店で店員がおしゃべりしていて楽しそう!これってアリですか

飲食店で食事をする時に、店員同士がおしゃべりしていて楽しそう。 仕事をしっかりするならまだしも、こ...

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

お風呂に入るのがめんどくさい!女性として言えない心の声

お風呂に入るのがめんどくさい! 女性だって、そうなんです! なぜ『めんどう』に感じるのでしょ...

スポンサーリンク

眉毛が1本だけ長い!どうして?

1本だけ長い眉毛が生えている人を、たまに見かけます。抜けばよいのにと思いつつ、その人が長い眉毛を抜かずにいるのは、もしかしたら、その毛を宝毛として大切にしている可能性があります。宝毛とは、白く長い毛のことで、幸運を呼ぶと言われています。そんな幸運を運んできてくれる毛を無理に抜いてしまうのは、勿体無いと思う気持ちもわからなくもありません。

1本だけ長い眉毛の生命力

髪の毛で考えてみましょう。髪の毛には、抜けて生え替わる周期があります。それは4年程度といるため、カットしなければ伸び続けます。眉毛にも同様に、生え変わる周期がありますが、3ヶ月程度と言われています。よって、眉毛は伸び続ける事がなく、切らずしても適度な長さを保つことが出来ます。

年齢を重ねるにつれ、その周期に乱れが生じます。3ヶ月程度で生え替わるはずの眉毛が、抜け落ちること無くそのまま伸び続けてしまうと、長い眉毛になってしまいます。年配の男性に、眉毛が長い人が多いのはそのためです。

老化すると、眉毛が長くなるのはお分かり頂いたと思います。それは、男性ホルモンが影響しているという説もあります。年齢とともに男性ホルモンの働きも衰え、眉毛が抜ける事無く、成長する期間が長くなってしまいます。カットせずにそのままでいると、垂れ下がる状態になる人もいるでしょう。

そのような眉毛は、濃く太いため、硬いのが特徴です。よって、これまで以上に、眉毛が目立つようになるのです。

長い眉毛が1本だけ生えてくるのは男性の方が多い!

眉毛の長い年配の女性はあまり見たことがありません。もし、1本だけ長い毛が生えている人を知っていると言うのであれば、それは男性ではありませんか。

実際、眉毛が長いのは、男性に圧倒的に多いように感じます。眉毛が長くなるのは、男性ホルモンが影響しているという説もありますが、実際、本当にそうなのでしょうか。眉毛と男性ホルモンはどのように関係しているのでしょうか。

体毛について考えてみましょう。生まれたときは、男女ともに、毛包の量は殆ど変わりませんが、思春期までに、男性は男性ホルモンの状況によって、ひげやムダ毛の発育を促進させ、体毛は太く硬くなります。体毛は部位によって性ホルモンと関係しています。

眉毛は、性ホルモンが全く関係しない部位です。まつ毛なども同様に性ホルモンの影響を受けない毛と言われています。このような毛は、性ホルモンの影響は受けませんが、生活習慣の影響はあると言われています。

女性であれば、40代になると女性ホルモンが徐々に減少してくるため、ホルモンバランスが乱れてくることもあるでしょう。この乱れは、毛の周期に影響を与える可能性があります。性ホルモンは関係ないと言えども、全く関係ないとは言い切れません。ですから、女性は40代後半なると、抜けた箇所から毛が再び生えてくるという事が少なくなる人もいるため、眉毛が薄くなってしまう人もいるでしょう。

眉毛が1本だけ長い!抜いても大丈夫?

あなたにもし、長い眉毛が1本だけあるのなら、それは宝毛としてとって置きますか。それとも、見た目を考えて抜いてしまいますか。実際、長い毛を見つけたらどうしたらいいのかと悩む人もいるかも知れません。

抜いても、問題無いのかと問われれれば、何ら問題は無いでしょう。人によって、長い毛が生える場所は様々です。眉だけでなく、頬や足、顔、背中、肩や太ももなどから、長い毛が1本だけ伸びている人もいるようです。

全くないもいますが、見つけたら、宝毛として大切にしたい気持ちもわかります。
ほくろに長い毛が生える人もいるでしょう。ほくろから生えた毛は、太くて黒い事が多いです。

ほくろは、色素細胞が変化し、母斑細胞が増殖して発生したものです。よって、ほくろの場所はメラニンの生成が活発であるため、他の毛穴より長く太い毛が生えやすいと言えます。ほくろに出来た毛を抜いてしまうと、刺激で皮膚の奥まで傷をつけ、皮膚を変化させてしまうこともあります。気になるときは、毛の根元をハサミなどで切るのが好ましいでしょう。

このような宝毛は、幸運を招くと言われていますが、親に宝毛がある場合には、子供にも同じ位置に宝毛が発生することもあります。これは、遺伝形成の一つだと考えられているようです。

眉毛の長さが決まっているのはどうして?

実際、1本だけ長い眉毛があったとしても、それ以外は同じ長さであることが多いでしょう。バラバラでは無いはずです。

では、なぜ眉毛は長さが決まっているのでしょうか。眉毛の生え変わる周期は3ヶ月程度と言われています。眉毛は伸びる速度がゆっくりで、また生え替わる周期も髪の毛などと比べて見ても、短いのが特徴です。

ある程度成長して、そこで成長が落ち着き、3ヶ月経過すると抜け落ちてしまいます。今の眉毛の長さが適度な長さだと仮定すると、その長さに伸びて一度落ち着き、しばらくすると寿命が来て抜け落ちると考えるとわかりやすいかも知れません。

毛には、生える部分によって、生え替わる周期も決まっています。それは、遺伝子の中にしっかりと組まれている情報なのです。

眉毛に現れる運気のサイン

開運につながる眉毛とは

眉毛にも、人相などのように、運気のサインがあると言われています。

例えば、眉毛に1本だけ硬い毛があり、それが立ち上がっていた場合は、成功が訪れると言われています。出世する毛とも言われているため、チャンスを掴む姿勢を忘れずにいることが上手くいく秘訣となるでしょう。試験やテスト、オーディションなどを受けてみても良いかもしれません。前向きに捉えることが大切です。

また、長い宝毛は長寿の印とも言われているため、年配の人の中では、切らずに大切にしている人も多いようです。

眉毛の流れに乱れが生じることもあるでしょう。眉毛の乱れは、心の乱れとも言われています。災いが訪れる危険があることを示しています。特にお金の取扱には慎重になるべきです。金銭的な危機に陥らないように、注意する必要があります。寝癖などで、眉毛が乱れてしまった場合は、早急に整えると良いかも知れません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686