注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

髪がロングの人がカラーをした場合、ショートの人と違う点とは

髪がロングの人は美容室でカラーをする時に、ロング料金が設定されている場合がありますね。
そこにはこんな理由がありました。

またショートの人と比べると、カラーにかかる時間には多少の違いがあるようです。
カラーの放置時間やカラー薬剤を塗布している時間について詳しくみてみましょう。

またカラーの放置時間が長いと思った事はありませんか。その理由もお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

乾杯の挨拶は面白い方が盛り上がる!笑いが取れるオススメ音頭

乾杯の挨拶は面白い方が飲み会は盛り上がりますよね。しかし、いざ挨拶を任されたらどんな挨拶をし...

100均ネイルチップの付け方!初心者でもキレイにできるコツ

ネイルチップ初心者におすすめなのが100均のネイルチップです。慣れないうちは高価なものには手...

ウサギの平均寿命と老衰で現れる体の変化。高齢ウサギの飼い方

ウサギが高齢になってくると、若い頃と違って、体にもいろいろな変化があります。年令とともに老衰の症状も...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

前髪をストレートにキープする方法!くせ毛の前髪対処法

くせ毛で悩む人は多くいますが、中でも厄介なのが前髪ですよね。髪の全体的なうなりなら束ねたりア...

運転が下手で教習所が嫌になる前に出来ることや運転のコツを紹介

自動車の免許取得の為に教習所に通っている人もいるでしょうが、運転が下手過ぎると落ちこんでいませんか。...

化粧ブラシの正しい使い方!プロがやってるベースメイクの秘訣

ベースメイクの仕上がりがいまいちだとか、なんとなく疲れた顔に見えるという方には、ファンデーションをブ...

雰囲気が変わったと言われた!変化が現れた新しい自分

雰囲気が変わったと言われた!これって褒め言葉なの?そうです!褒め言葉です!素直に「ありがとう...

爪の白いところが多い原因は何?健康な爪を保つ爪のお手入れ方法

自分の爪の白いところが多いのではないかと気になっている女性もいますよね。どうして白い部分が多くなって...

電車内で隣の人の肘が当たるのが不快!対処法を紹介します

電車の中でも迷惑だと感じる行為は色々あります。中には隣の人の肘が当たってイヤな思いをしている人も...

前髪の切り方をシースルーにするコツや切らない作り方とは

前髪の切り方でシースルーな透けた前髪にするのが最近では女性に人気ですよね。このシースルー前髪...

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。では、眉毛の生え方が気にな...

雪道をスタッドレスなし走行するテクニックと走行時の注意点

ノーマルタイヤで出かけ、次の日雪が降っていた!ということもよくあります。雪道をなんとかスタッ...

スポンサーリンク

髪がロングだとカラーやカットの時間はかかる?平均時間は

髪がロングヘアだと、カットやカラーのときにかかる時間が長いのかと気になります。
カットの場合だと、元の長さからどのくらいカットするのか、どのくらいヘアスタイルを変えるのか、美容師さんの施術内容などによって時間は変わります。

基本的にはシャンプーやブローの時間を含めても、1時間以内には終わることが多いです。
早ければ30分くらいで終わることもあるようです。

カラーも色のトーンや、グラデーション、ハイライトやローライトの有無によっても時間は変わってきます。
カウンセリングの時間も考えると、ほとんどが1時間は超えます。
長い場合だと2~3時間というケースもあります。

髪質によって染まりにくいか染まりやすいかという理由も、時間には関わってくるでしょう。

気温のよっても多少の違いは出てくるので、カラーを希望するときは時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

髪がロングとショートでのカラーの時間の違い

カラーする部分が伸びてきた根本部分だけなら、髪の長さがショートかロングかということは関係ありません。
カラーにかかる時間はほぼ同じで、ブローにかかる時間が違うということになります。

全体的にカラーをする場合は、やはり長さが違うと多少の時間の差も出てきます。
カラー剤を使う範囲が違うので、塗布するだけでも時間が変わりますよね。

また頭皮は体温が伝わりやすく、カラーも短い放置時間で大丈夫ですが、体温が伝わりにくい毛先は長い放置時間が必要になります。
それがロングヘアとなると、より体温から遠いので少し時間を伸ばす場合もあります。

と言っても数十分も時間が変わることは少なく、カラー時間は10~15分くらいの違いとなることが多いようです。

カラーの放置時間が長いのは髪がロングのせい?こんな理由です

市販のカラー剤を使った場合でも同じですが、必ずカラー剤を塗布した後、放置する時間が必要です。
この放置時間は、カラー剤を髪に浸透させて、色の発色や定着をさせるためです。

放置する時間は誰でも同じではありませんし、同じ人でもそのときによって時間が変わることもあります。
髪質や、元の髪色から染める色の明るさのレベルなどのよって放置時間を変えているのです。

例えば元の色が黒髪で、金髪にカラーをしたい場合、明るさのレベルが大きく変わりますよね。
このように大きな変化を求める場合、放置時間も長くなります。

最長だと30分くらい放置することになります。
逆に30分以上は放置しません。

カラー剤は30分以上放置しても、意味がありません。
それ以上時間をおいても発色や定着の役割はしません。
髪のダメージにつながるだけなので、もし30分以上放置された場合は、担当の美容師さんに聞いたほうがいいです。

このように、放置時間が長いにはロングヘアが必ずしも理由だとは限りません。

髪がロングの場合のロング料金について

美容室によっても違いますが、施術を受けるときにロングヘアだと「ロング料金」と別途の金額が設定されていることがあります。

このロング料金とは、何のための料金なのか、なぜ必要なのかということをまとめてみました。

ロング料金は、髪が一定の長さを超えると発生する可能性があります。
カットでもロング料金が設定されている場合、ショートの人に比べるとカットに時間がかかる可能性やシャンプーを使う量の違い、ドライヤーを当てる時間の違いなど、一人にかかる時間や労力から発生するものだと考えられます。

カラーやパーマの場合も所要時間の違い、使う薬剤の量の違いから料金の設定を変えていることがほとんどです。

これは納得の理由です。
しかしこのような正当な理由だとしても、ロング料金を設定しないという美容室も中にはあるので、ロングヘアの人は確認してみるといいですね。

カラーの種類によっても料金はちがいます

カラーと一言で言っても、行う施術の種類によって料金が違うことがあります。

伸びてきた根本だけをカラーするリタッチ。
全体的にカラーをするフルカラー。
毛先に向かって色のトーンを変えていくグラデーション。
部分によってトーンや色味を変えるハイライトやローライト。

一番安く出来るカラーはリタッチです。
根本部分だけなので、時間も短く使うカラー剤の量も少なくて済みます。
なのでフルカラーと比べると、料金も低く設定されていることが多いです。

一つのカラーで全体を染めるフルカラーが、最も一般的でしょう。
使うカラー剤の種類は一つだけで、あとは全体に塗布して色の定着を待ちます。
利用するカラー剤のランクや、トリートメントの有無でお店によって金額が違うことがあります。

グラデーションやハイライト、ローライトは使うカラー剤の種類が一つではないので、フルカラーよりも高めの料金に設定されていることが多いです。
バランスを見ながら放置時間を微調整していくので、時間も長めになることがあります。