注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるようになったら手放すべきなのかで悩んでしまうようです。

双子ベビーカーはいつまで必要なのでしょうか。

双子ベビーカーの必要性について調べてみました。そこには双子ならではの苦労がありました。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

雨の日ベビーカーで電車に乗る方法と注意点・あると便利なグッズ

電車でのお出かけにベビーカーを利用しているママもいますよね。雨の日はお出かけを控えたいものですがどう...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

大学生が趣味にお金を使うのはいいが4年間を無駄にするのはダメ

今どきの大学生は趣味にお金を使うことが多いようです。ただ趣味といっても色々ありますし、その趣味に...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

レストランのキャンセル料さえ無視する客への対策と予防法

レストランなど飲食店の予約キャンセルが問題となっています。何十人という予約をしておきながら、当日...

腕が短い人の洋服選びのポイント~おすすめの袖のタイプ

洋服を買っても、いつも袖が余ってしまうとか、シルエットがキレイに出ないとお悩みの方はいませんか?...

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではない...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

子供が泣くとイライラしてしまう。イライラしない方法とは

子供が泣くとイライラしてしまう。子供が泣くのには理由がある。それもわかってる。でもイライラする。母親...

スポンサーリンク

双子ベビーカーはいつまで必要だった?

一般的な双子用のベビーカーの対象年齢

30キログラム前後まで使用することができるとされています。

メーカーごとに多少の違いはありますが、30キログラムを基準にして考えると、一人あた15キログラムになります。15キロが平均体重の時期は、子供が4歳くらいですから、これを基準に考えてみると良いでしょう。

赤ちゃんが歩くようになるのは1歳前後のことが多いです。ですが、双子の場合はこれに限らず、成長曲線に乗るまで少し時間がかかってしまう事もあります。

歩けるようになると、ベビーカーは卒業かな?と思うかもしれませんが、双子の場合は歩けるようになってからもベビーカーを必要とするときがあります。

双子の子育ては、一人で同じ年齢の子供の送迎をしたり、どちらかが病気になっても片方だけを連れて病院に行くことができない事もあります。

手を繋いできちんと歩いてくれないこともありますし、ぐずって歩かなくなってしまう事もあります。

こうした緊急事態のことを考えると、歩けるようになったからと言って、ベビーカーを処分してしまわない方が良いでしょう。

双子ベビーカーはいつまで?双子が乗るギリギリまでが本音かも

双子の子育ては大変

体力のある大人がいつも二人で外出できたり、一緒に行動ができる場合は二人乗り用のベビーカーは必要ないかもしれません。

ですが、そうではない事の方が多いという人には、やはり二人乗り用のベビーカーはあったほうが便利です。

人は抱っこ・もしくはおんぶをして、もう一人を一人乗り用のベビーカーに乗せて行動をするのには、限界が来るときもあります。

子供が歩けるのであれば歩かせたいと思うかもしれませんが、実際は想像を絶する大変さがあります。

一人と手を繋ぎ、片手には買い物袋を持ち、もう一人とは手を繋がないで歩くなんて、とても危険だとは思いませんか?道路に飛び出してしまう事も考えられます。

二人乗り用のベビーカーは、4歳くらいまでは利用することができます。

子供の安全やママの苦労を考えても、やっぱり二人乗り用のベビーカーをギリギリまで上手に活用することをおすすめします。

双子ベビーカーはママの負担がなくなるまでいつまでも使いたい

双子用のベビーカーのママに嬉しいメリット

外出がしやすい

二人乗り用のベビーカーがない場合は、一人を抱っこ・もしくはおんぶして、もう一人を一人乗り用のベビーカーに乗せて外出するようになります。

この方法で外出するママもたくさんいますが、実際に持って外出する荷物は二人分。かなりの量の荷物を、一人で運ばなくてはならないのです。

買い物をした場合、更にこれに荷物が追加されますよね。

二人乗り用のベビーカーであれば、子供二人をベビーカーに乗せて移動することができるため、ママが荷物を持つ時の負担を軽減することができます。

ママの体の負担が減る

双子との外出は、ママの体にも大きな負担がかかります。一人を抱っこしたりおんぶしたりしながらベビーカーを押すのは、ママの体に大きな負担がかかってしまいます。

長時間の外出であればなおさらですよね。こんな時は、二人乗り用のベビーカーが活躍してくれます。

双子ベビーカーはどの時期に何を使うべき?縦と横どちらがいいの?

二人乗りのベビーカーの形状

縦型タイプと横型タイプの物があります。縦型のものは、赤ちゃんが生後6ヶ月以降、腰座りの時期になってから利用することが可能です。

一方で横型のものは、赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎて、外出することができるようになってから使用することができます。

大人一人の外出が多く、赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎたらたくさん外出したい!と考えているママは、横型のベビーカーを購入すると良いでしょう。

ですが、横型のベビーカーはかなり幅が広いので、通れない場所も多くあります。幅が狭いツインカーを選んでも、やはり一人乗り用のベビーカーよりは幅が広く、通れない場所もあります。

重量も10キロ以上になるものも多いため、抱えて階段を上り降りするときも少し大変かもしれません。

使用頻度などを考え、横型の方が現実的だと思うのであれば、横型のベビーカーを購入しても良いでしょう。

ですが、そうでない場合は、生後6ヶ月以降になってから使用するタイプの物を購入する方がいいですね。

双子ベビーカーは横型が主戦力

横型のベビーカーを購入した先輩ママの体験談をご紹介します。

「妊娠中にトラブルがあり、生まれてきたあとに新生児用の抱っこ紐を使えない体重で生まれてくる可能性があったため、横型のベビーカーを購入することにしました。

生まれてきてからすぐに、病院などに外出する機会が増えるのではないかと考えたからです。でも、横型のベビーカーを購入した理由はこればかりではありませんよ!

せっかく双子ちゃんで誕生してくれたのですから、双子用のベビーカーに二人並ばせて乗せてみたいと思っていたのもこれを選んだ理由の一つです。念願の双子用のベビーカーに乗せてから、二人並んだ姿を沢山写真に写しまくりました!双子用のベビーカーは大きいぶん重量もあり、持ち運ぶのは大変です。でも、重量があるぶん簡単に曲がったりはしませんし、何よりも安定感がありました。

子どもたちも、隣に自分の相方がいるので、楽しそうに二人で声を出して騒いでいましたね。

横型のベビーカーは、狭い場所を通ることは出来ません。また、車のトランクにも入らないというデメリットはありましたが、外出の頻度や使用頻度を考えて、横型のベビーカーを購入したことは間違いではなかったと思います!」