注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんにママのイライラは伝わる!ニコニコママになるには

赤ちゃんにイライラしているママの気持って伝わるの?

リラックス状態か、ストレス状態か赤ちゃんにだってわかっちゃいます。

イライラが止まらない時には、一旦立ち止まってみて!

なんだったら、ぜーんぶやらないで、赤ちゃんと一緒にお昼寝しちゃおうよ!

ママって、自分が思っているよりも頑張りすぎてるんだよ。

隅々まで整ったキレイな部屋でイライラしながら赤ちゃんのお世話をするのって、本末転倒だと思わない?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

関西人は性格がきついのではなく、言葉遣いがストレートなのです!

関西人に対するイメージってメディアからの思い込みが多いような気がします。性格がきついのではな...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

プラバンの作り方!トースターを使った歪まない焼き方のコツ

プラバンを使用したハンドメイドを数多く見かけるようになりました。子供の頃に使ったプラバンとは思えない...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりす...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。PTAは任意というニュースが話...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

スポンサーリンク

赤ちゃんにママのイライラって伝わるの?

赤ちゃんには生まれた時から感情があり、最初は泣く事で表現します。
成長と共に怒ったり笑ったりすることができるようになり感情をだんだんと表せるようになっていきます。
赤ちゃんの記憶が大きくなってどれほど残っているかは人それぞれですが、3歳くらいまでの記憶は忘れてしまう人がほとんどではないでしょうか。

赤ちゃんの頃の記憶がない人がほとんどですが赤ちゃんは赤ちゃんなりのお母さんの愛情を求めています。
神経質になりがちな1人目育児や何かと手が回らない2人目3人目育児、それぞれの大変さがあり、できるものならお母さんもイライラをしないで育児したいものです。
赤ちゃんに十分に愛情はあるのに、それでもイライラしてしまい、自己嫌悪になる時も多々あると思います。

赤ちゃんの頃だけではなく子供の成長はその都度たくさん壁や悩みにぶつかります。
大きい壁がドンッと単発的にあったり、小さい壁が小まめにあたりそれは様々です。
お母さんもお母さんになってそこまでの年数はたってないはずです。
赤ちゃんと一緒に成長しながらお母さん業を頑張っていきたいですね。

赤ちゃんには全部伝わっちゃう!ニコニコもイライラも伝わるのです

結論から言いますとお母さんのイライラは赤ちゃんには伝わります。

赤ちゃんはお腹の中にいる頃からお母さんの声を聞いて過ごしています。
お母さんの喜怒哀楽の声のトーンも十分に理解していることでしょう。

赤ちゃんが小さい頃はお母さんのイライラも伝わらないだろうと油断してしまう人が多いかと思います。
育児に対してイライラしているわけではないのに、イライラの対象が育児にまでトバッチリがいく時も正直ありますよね。

赤ちゃんには全部伝わることを頭に入れておくといいですね。
プレッシャーに感じてしまうお母さんもいると思いますが、赤ちゃんもお母さんも人間ですから感情はあるのでイライラすることは仕方がありません。

ストレスが溜まりイライラしてきたら家族に協力してもらいリフレッシュしながら赤ちゃんにいっぱい愛情を注いであげましょう。

赤ちゃんにママのイライラが伝わることは実験済み

アメリカの研究者は、本当にお母さんのイライラは赤ちゃんに伝わるのか、という実験を行ったそうです。

赤ちゃんがいないところで試験官がお母さんに質疑応答します。
試験管はお母さんの意見や答えに対して首を横に振ったり否定的な発言を繰り返し、お母さんへストレスを与えます。
質疑応答が終るストレス状態のお母さんが赤ちゃんと再会し抱きかかえます。
その結果、お母さんに抱かれた赤ちゃんの心拍数が上がり、お母さんより強くストレスを抱えている状態になった数値が長く出続けたそうです。

お母さんのイライラが赤ちゃんにも伝わると言う事を決定付ける実験となりました。

このストレスのを感じるホルモンが赤ちゃんに頻繁に長い時間分泌する事で赤ちゃんの脳には悪影響を及ぼすことになります。

このような実験結果を目の当たりにすると今までの子供に対しての自分の行動を振り返ってゾッとするお母さんも多いでしょう。
育児中にイライラをしないお母さんの方が少ないかもしれませんね。
定期的にストレス解消をしながら、自分の育児に対する思いや行動を見つめなおしてみましょう。

イライラするのは栄養不足?

お母さんがあまりに赤ちゃんにイライラしてしまうことはあると思います。
そんな時はお母さんが普段摂取している成分を見返してみましょう。
もしかすると栄養不足が頻繁にイライラしてしまう原因かもしれません。

ビタミンC
ストレスを和らげる成分を作り出します。

ビタミンB群
体の中で精神を落ち着かせる物質を作り出します。

カルシウム
イライラや緊張状態になったときに神経が張っていることがおおいですがその神経を緩めてくれる働きをします。

これらを摂取したからといってイライラしないわけではありませんが、これらの成分が極端に欠けていると少なからずイライラの原因の1つにもなってしまいます。
イライラを頻繁にすると自分自身も疲れてしまいますよね。
そんな時は意識してこれらの成分を取り入れてみましょう。

イライラを減らすには?ずぼらになってもいいんだよ!

赤ちゃん1人目の育児はどうしてもお母さんは気を張りすぎて神経質になってしまいがちです。
人間完璧にすべてこなせる人は少ないですが、自分の許容範囲以上の事まで気になりしようとしてしまいます。

育児をしていると物事が思い通りにいくことは少なく、赤ちゃんを支配しようとすればするほど壁にぶつかることが多いです。

育児をしているお母さんは、ホルモンバランスの乱れ、寝不足、自分だけ頑張っていると思いがちです。しかし思い通りに行く事が少ない、このような事が多く見られますので、あまり神経質にならなくてもお母さんの愛情が伝われば赤ちゃんはしっかり成長していきます。

ゆるく、ゆっくり、「こんなにずぼらな育児でいいのかな」と思うくらいでも赤ちゃんに愛情が伝われば十分です。

少し肩の力を抜いて育児に取り組んでみてくださいね。