注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。

楽しいバーベキューも後片付けが大変になってしまいます。そこで、鉄板や網の焦げ付きを簡単に落とす方法を紹介します!

ポイントは熱いうちに落とす事!
ですがキャンプなどですぐに洗うことが出来ない場合は、こんな方法を試してみてください。

焦げを落とすのに必要な物とやり方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

10ヶ月頃の夜泣きがひどい時に考えられる原因と夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は個人差がありますが、生後10ヶ月になって突然ひどい夜泣きが始まることも...

男は本能で子孫繁栄したくなる!本能が選びたくなる女性のタイプ

「男の人が浮気をするのは本能だから」という話を聞いたことがある人もいますよね。男の人は子孫繁栄のため...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

スーパーの惣菜が余った!冷凍保存出来るかどうかのポイント

タイムセールや閉店間際にスーパーに行くと惣菜や弁当が半額や割引されていますよね。安いのでつい買うつも...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

朝顔の自由研究で押し花をするときのポイントやコツを紹介

朝顔 自由研究で朝顔の押し花をするときには、どのような方法があるのでしょうか?今までは、新聞...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

赤ちゃんが寝れないで泣く原因と対処法!赤ちゃんの睡眠を解説

赤ちゃんが寝れないで泣くことに頭を悩ませているママもいますよね。赤ちゃんは話をすることができないため...

窓が閉まらないときの修理費用やポイントと考えられる原因とは

車の窓が閉まらないときはすぐに修理をしなければならないのでしょうか?では、窓が閉まらないとき...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

スポンサーリンク

焼肉の鉄板の焦げを中性洗剤を使って落とす方法

焼肉の鉄板の汚れや焦げは油汚れです。お家で食器を洗うときも水よりもお湯の方が、汚れが落とし易いですよね。

鉄板の汚れも熱いうちに、洗うと落ち易くなります。

熱が手に伝わらないように厚い手袋や軍手をはいて、鉄板の汚れを落としましょう。柄の長いブラシがあると焼肉の汚れ落しには便利ですよ。

鉄板の汚れや焦げを、鉄板が熱いうちに落とせなかった場合は、お家に帰ってゆっくりと汚れを落としてください。

でも冷えて固まった汚れは、落とすのが大変なのでは。と思ってしまいますが、中性洗剤を混ぜたお湯に浸け置きしておけば、汚れが緩んで簡単に落とす事が出来ます。

大きな鉄板を浸け置きするような場所がない場合は、大きなゴミ袋を利用してくださいね。

この時水が漏れてしまわないように、しっかりと口を結ぶ、ゴミ袋を二重にするなどの工夫を行ってください。

焼肉バーベキューの鉄板の焦げにも重曹が効く!

重曹は掃除や消臭にも役立つ万能洗剤です。そして焼肉をしたときの鉄板のしつこい汚れや焦げ落しにも効果を発揮するんですよ。

重曹を使った焦げ落としの方法をご紹介します

【必要な道具】

  • タワシ
  • 割り箸
  • 重曹
    の3点です。

最初にもお話したように、油汚れは浸け置きで汚れを浮かすか、熱いうちに対処するのがベストな方法です。

  1. 重曹を使用する場合には、鉄板が熱いうちにお湯や水をかけて、汚れを浮かせておいてください。
  2. 次に汚れが浮いてきたら、割り箸を使って焦げ付きや主な汚れをこそげ取ります。そして重曹をタワシにつけて汚れをきれいにしていきます。
  3. 汚れが落ちたら後は水でしっかりと、すすいで終了です。

重曹はアルカリ性で酸性の油汚れを中和するので、焼肉の汚れ落しに適している洗剤なんですよ。

焼肉を焼いたら鉄板が焦げちゃった。自宅にある物で落としてみよう

重曹が焼肉の鉄板の焦げ落としに役立つというお話をしましたが、その他にも自宅にあるもので焦げ落としに使えるものがあります。

  • 玉ねぎの皮もその一つ。普段は玉ねぎの皮の茶色い部分は捨ててしまいますよね。その部分をお湯と一緒に沸騰させると、焦げも簡単に落とす事が出来ます。
    フライパンで焼肉を焼いて焦げてしまったときなどには、手軽に出来る焦げ落としの方法です。
  • 毎日のように食べる卵ですが、卵の殻も玉ねぎの皮同様に捨ててしまう部分です。この卵の殻を使っても、焦げ付きを落とす事が出来ます。
    まず焦げ付きをお湯で柔らかくふやかします。そして卵の殻を砕いたものを使って、スポンジで焦げを擦っていきます。卵の殻が研磨作用をするので、しつこい汚れもきれいに出来るんです。
  • その他にはクエン酸もアルミ素材の黒ずみ、焼き焦げを落とすこと出来ます。水にクエン酸を入れて沸騰させて、しばらく焦げ部分を浸け置きします。これだけで金だわしなどで擦ると、黒ずみや焦げがキレイに落とせるんです。

鉄板や網の焦げを減らす為に出来ること!

焼肉などの鉄板の焦げは、工夫次第では簡単に落とす事が出来ますが、出来れば焦げが付かないようにしたいものです。

最初から焦げ付きが最小限に抑えられれば、後片付けもラクになりますよね。

そこで肝心なのが焼肉の前に網や鉄板に、焦げ付き予防の処理を行うことです。と言っても、難しいものではなく、とっても手軽に行える方法です。

用意するものはキッチンペーパーとサラダ油のみです。

最初に網や鉄板を温めます。十分に温まったらキッチンペーパーにサラダ油を浸して、全面に塗りつけます。

鉄板や網はとても熱くなっているので、トングを使ったり菜ばしを使ったりして、油を塗ってください。この一手間をするだけで、焼肉をしても材料がくっつきにくくなり、焦げを減らすことができます。

また焼肉が終わっても、そのまま網を焼き続け焦げを取り除く方法もあります。焦げをさらに炭にしてしまう方法です。ここまで火を加えると金ブラシなどで、擦るだけで簡単に焦げを取り除けます。

どの方法も、やっぱり面倒!と言う方は、思い切って安価な網や鉄板を購入して、使い捨てとして使用する方法もあります。100均でも購入できるので、そのようにしている方も少なくはありません。しかし、網や鉄板はサイズも大きいので、ゴミとして処分するとしても大きな有料ゴミ袋を用意したり、廃棄の手間がかかってしまいます。

BBQの鉄板の使い始めの時にやっておきたい作業

BBQの鉄板は上記したように、使い捨てと割り切って安価なものを使用するという手もありますが、逆に良いものを使用して長く使いたいという方もいらっしゃいますよね。

そこで焦げ付きを抑えて、長持ちさせるにはどうしたらよいのか?
やはり、使い始めのお手入れが重要なポイントです。油ならしをしましょう。

  1. まずは新品の鉄板を洗います。これはほこりやゴミ、鉄くずを落とすためです。
  2. しっかりと水ですすいだら、次は鉄板を火にかけて煙が少し出るまで熱しましょう。熱した後は自然と鉄板が冷めるまで待ち、もう一度中性洗剤を利用してキレイに洗います。
    ちなみに熱いうちに水に付けてしまうと、変形の原因となってしまうのでやめて下さい。
  3. 洗った後は水を切って、再度火にかけて温めます。水分が蒸発したら、油を塗って鉄板に良く馴染ませてください。
  4. くず野菜を炒めていきます。どうしてくず野菜を炒めるのか?というと、さらに油なじみがよくなるとともに、鉄板の臭みを取る役目をしてくれるからなんです。
  5. 野菜を炒めた後はもう一度中性洗剤を使って、きれいに洗いましょう。最後に火にかけて水分を飛ばし油を塗ったら終了です。

この作業をする事で、次に使用するときも焦げ付く事がなく、そして鉄板を長持ちさせること出来ます。注意点としては、次からは使用後も洗剤を使用せずに水だけで洗うこと。洗剤を使用してしまうと、せっかく鉄板にしみ込ませた油が洗い流されてしまうので、また最初からこの作業を行わなければいけなくなります。注意をして下さいね。