注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。

女性のスカートには長さや形に違いがあり、それには名称や歴史も関わってきます。

では、女性がスカートを履くのはどのような理由からなのでしょうか。例えば、デートの時に女性がスカートを履くのはどんな心理からなのでしょう。

そこで、女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供が泣くとイライラしてしまう。イライラしない方法とは

子供が泣くとイライラしてしまう。子供が泣くのには理由がある。それもわかってる。でもイライラする。母親...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

離乳食用の麦茶はいつまで保存できる?赤ちゃんのことを考えよう

離乳食が始まる頃から麦茶をあげるママも多いと思いますが、どのくらいの量をあげればいいのか、そして残っ...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから?どんな赤ちゃん...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

スポンサーリンク

冬でも履くの?女性がスカートを履く理由とは

男性から見て、女性のファッションの中でも特に好きなのは「スカート」ではないでしょうか。

女性らしい服装の代名詞とも言えるスカートは、形も様々で、自分らしく着こなしている女性は魅力的にも感じますよね。

スカートをよく履く女性の多くは、「オシャレ」を目的に履いている人が多いようです。
パンツよりもスカートの方が女性らしく見えるため、デートには自分が可愛く見える服装ということでスカートを選ぶ女性も多いです。

スカートは、足が出るので寒そうにも思えますが、冬でもスカートを履いている心理はどんなことが考えられるのでしょうか。

理由としては、やはりここでも「オシャレ」という部分が多いでしょう。

寒い外気にさらされた足が寒そうに見えますが、防寒用のタイツなどでそんなに寒さを意識することなく履けるのがスカートです。

長さや形も色々あるので、自分に似合う色や形を探すのもスカート好きな女性にとっては楽しい時間なのです。

女性のスカート派が多い理由は体型カバーのため?

スカートは、女性の服装の中でも人気が高いものです。

制服からずっとスカートなので、大人になっても違和感なく着られるということもあります。

そして、スカートの利点として、体型をカバーできるということがあります。

パンツだと、足の形がそのまま出てしまうので、足が太めでコンプレックスがある人は躊躇してしまいますが、スカートだとそのコンプレックスを上手く隠してくれて、さらに女性らしく見せてくれるということが人気の理由ではないでしょうか。

面白いのは、ほとんどスカートのスカート派とパンツばかりのパンツ派にはっきり分かれるところです。

パンツが好きな女性は、ほとんどスカートは履かないという人が多い特徴があり、逆も同じです。

どちらでも良いし、どちらも履くという人もいるでしょうが、大部分はスカートかパンツに偏る傾向があります。

女性がスカートを履く理由には歴史がある?

ズボンが男性服の象徴で、スカートが女性服の象徴であるという考え方は、中世から浸透していったものです。

映画を見ていると、古代時代の男性がスカートを履いていることがありますが、スカートの歴史は、古代エジプト時代からと大変古く、当時は男性女性ともに円筒状の原始的な形のスカートを履いていたことが分かっています。

中世の頃には、「半ズボン」が登場し、男性が好んで履くようになりました。

女性の履くスカートは装飾や形を変え、円筒状からより立体的なデザインのスカートを履くようになっていきます。

このように、スカートは今では一般的女性の服ですが、元々は男性女性関係ない服装だったのです。

男性がスカートからズボンへ服装を変えていったということが現在につながっていると言えます。

デートの時に女性はスカートを履いている?

初デート時は、特に女性は着ていく服装に気を使うものです。

どんな服装を身につけているかに注目すると、デート相手であるあなたへの気持ちがわかります。

人間の心理として、好きな相手には自分のことを良く思ってほしいということがあります。

そのため、デート時の服装が、好意のレベルを推し量ることができるのです。

個人的な意見としては、服装の肌の露出度が高いほど、相手に対する好意も高いと考えます。

もし、デートに着た彼女がTシャツとジーパンというラフな服装であれば、残念ながら、異性としては意識されていなく、友達として見られているということです。

逆に、ワンピースやスカートなど多少肌が露出している服装であれば、あなたに好意があると考えられます。

好意の強さに応じて、自分のことを可愛く見せたい、魅力的に思われたいという願望は働くもの。

ぜひ、デートの時は、彼女の服装に注目してみましょう。

女性のスカートは長さ別で名称や歴史がある

スカートといっても、形や長さは様々で、着た時の印象は違います。

丈の長いスカートは「ロングスカート」と呼びます。

日本で最初に浸透したスカートは、このロングスカートで、欧米から帰国した教育者である女性が最初と言われています。

ロングスカートとは、膝よりも丈が長く、一般的には70cm以上の丈のスカートのことです。

くるぶしあたりまでの長いスカートは、マキシスカートと呼ばれ、夏のリゾートで着るのに涼しげで人気があります。

膝が隠れるくらいの長さのスカートは「ミディスカート」といいます。

ミディとは、フランス語で「中間」という意味です。

ミディ丈よりも長く、ふくらはぎが半分隠れる長さのスカートは「ミモレ丈スカート」とも言われます。

膝が見えるくらいの短いスカートは「ミニスカート」です。

日本では、1967年にイギリス出身のモデルであるツイッギーが来日したことをきっかけに、日本でもミニスカートが流行りはじめました。