注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。

女性のスカートには長さや形に違いがあり、それには名称や歴史も関わってきます。

では、女性がスカートを履くのはどのような理由からなのでしょうか。例えば、デートの時に女性がスカートを履くのはどんな心理からなのでしょう。

そこで、女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

子供の名前をキラキラネームにすると後悔する?デメリットとは

子供が生まれるとわかったら、どんな名前にしようかと画数などをいろいろ調べて考えますよね。その...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

パスタソースのレトルトを冷凍するときのコツやポイント

パスタソースのレトルトが少し残ってしまったときには、冷凍保存をしておくと便利ですよ。冷凍をしたときの...

右脳を鍛える方法とは?右脳を鍛えて自分の潜在能力を高めよう!

右脳を鍛える方法ってありますか?はい!あります!一番手っ取り早いのは『左手』を使うことです!...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?お外に連れていってあ...

スポンサーリンク

冬でも履くの?女性がスカートを履く理由とは

男性から見て、女性のファッションの中でも特に好きなのは「スカート」ではないでしょうか。

女性らしい服装の代名詞とも言えるスカートは、形も様々で、自分らしく着こなしている女性は魅力的にも感じますよね。

スカートをよく履く女性の多くは、「オシャレ」を目的に履いている人が多いようです。
パンツよりもスカートの方が女性らしく見えるため、デートには自分が可愛く見える服装ということでスカートを選ぶ女性も多いです。

スカートは、足が出るので寒そうにも思えますが、冬でもスカートを履いている心理はどんなことが考えられるのでしょうか。

理由としては、やはりここでも「オシャレ」という部分が多いでしょう。

寒い外気にさらされた足が寒そうに見えますが、防寒用のタイツなどでそんなに寒さを意識することなく履けるのがスカートです。

長さや形も色々あるので、自分に似合う色や形を探すのもスカート好きな女性にとっては楽しい時間なのです。

女性のスカート派が多い理由は体型カバーのため?

スカートは、女性の服装の中でも人気が高いものです。

制服からずっとスカートなので、大人になっても違和感なく着られるということもあります。

そして、スカートの利点として、体型をカバーできるということがあります。

パンツだと、足の形がそのまま出てしまうので、足が太めでコンプレックスがある人は躊躇してしまいますが、スカートだとそのコンプレックスを上手く隠してくれて、さらに女性らしく見せてくれるということが人気の理由ではないでしょうか。

面白いのは、ほとんどスカートのスカート派とパンツばかりのパンツ派にはっきり分かれるところです。

パンツが好きな女性は、ほとんどスカートは履かないという人が多い特徴があり、逆も同じです。

どちらでも良いし、どちらも履くという人もいるでしょうが、大部分はスカートかパンツに偏る傾向があります。

女性がスカートを履く理由には歴史がある?

ズボンが男性服の象徴で、スカートが女性服の象徴であるという考え方は、中世から浸透していったものです。

映画を見ていると、古代時代の男性がスカートを履いていることがありますが、スカートの歴史は、古代エジプト時代からと大変古く、当時は男性女性ともに円筒状の原始的な形のスカートを履いていたことが分かっています。

中世の頃には、「半ズボン」が登場し、男性が好んで履くようになりました。

女性の履くスカートは装飾や形を変え、円筒状からより立体的なデザインのスカートを履くようになっていきます。

このように、スカートは今では一般的女性の服ですが、元々は男性女性関係ない服装だったのです。

男性がスカートからズボンへ服装を変えていったということが現在につながっていると言えます。

デートの時に女性はスカートを履いている?

初デート時は、特に女性は着ていく服装に気を使うものです。

どんな服装を身につけているかに注目すると、デート相手であるあなたへの気持ちがわかります。

人間の心理として、好きな相手には自分のことを良く思ってほしいということがあります。

そのため、デート時の服装が、好意のレベルを推し量ることができるのです。

個人的な意見としては、服装の肌の露出度が高いほど、相手に対する好意も高いと考えます。

もし、デートに着た彼女がTシャツとジーパンというラフな服装であれば、残念ながら、異性としては意識されていなく、友達として見られているということです。

逆に、ワンピースやスカートなど多少肌が露出している服装であれば、あなたに好意があると考えられます。

好意の強さに応じて、自分のことを可愛く見せたい、魅力的に思われたいという願望は働くもの。

ぜひ、デートの時は、彼女の服装に注目してみましょう。

女性のスカートは長さ別で名称や歴史がある

スカートといっても、形や長さは様々で、着た時の印象は違います。

丈の長いスカートは「ロングスカート」と呼びます。

日本で最初に浸透したスカートは、このロングスカートで、欧米から帰国した教育者である女性が最初と言われています。

ロングスカートとは、膝よりも丈が長く、一般的には70cm以上の丈のスカートのことです。

くるぶしあたりまでの長いスカートは、マキシスカートと呼ばれ、夏のリゾートで着るのに涼しげで人気があります。

膝が隠れるくらいの長さのスカートは「ミディスカート」といいます。

ミディとは、フランス語で「中間」という意味です。

ミディ丈よりも長く、ふくらはぎが半分隠れる長さのスカートは「ミモレ丈スカート」とも言われます。

膝が見えるくらいの短いスカートは「ミニスカート」です。

日本では、1967年にイギリス出身のモデルであるツイッギーが来日したことをきっかけに、日本でもミニスカートが流行りはじめました。