注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなくなってしまうこともあるため、飼い主さんは魚がストレスを感じないようにしてあげる必要があります。

魚がストレスを感じるのはどんな状況?ストレスを減らしてあげる方法は?

そこで今回は、水槽で飼育している魚がストレスを感じる原因と対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の運動会の場所取りで必要な物やオススメと注意点とは

幼稚園の運動会では場所取りが重要なポイントになりますよね。では、幼稚園の運動会の場所取りは何...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

赤ちゃんにママのイライラは伝わる!ニコニコママになるには

赤ちゃんにイライラしているママの気持って伝わるの?リラックス状態か、ストレス状態か赤ちゃんに...

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやす...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

脳のリミッターを外す?決めない思考で自分の潜在能力を引出す

脳のリミッターを外すってきいたことありますか?できないできない、ダメダメと思っていては、でき...

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

スポンサーリンク

水槽の中にいる魚の数が多いとストレスを感じる

魚を水槽で飼育していると、魚にストレスがかかっている場合があります。
その1つの原因として、魚の数が上げられます。

3~4cm程度の海水魚1匹に対して10Lの海水が必要だといわれます。

60cmの水槽に60匹の魚を入れていたら、単純計算で1匹あたり1Lの水しか与えられてない事になります。
これでは魚は自由に泳ぎまわる事はできません。

人間だって満員電車やたくさんの人が乗っているエレベーターなどでは、とストレスを感じますよね。
自分の部屋で1人でゆったりしている時はリラックスできます。
魚も一緒です。

魚にもゆったりと過ごせる水量が必要なのです。

ストレスが多いと魚も健康に過ごす事が出来ません。
体調不良や病気になったり、最悪の場合は息絶えることもあり得ます。

1匹に必要な水量を確保できる水槽や、個体数にする事が大切です。

水槽の水の急激な温度変化も魚のストレスになる

魚を水槽で飼育している場合に、魚がストレスを感じるのは水量だけではありません。

魚は変温動物です。
自分で体温を調節できませんから、水温が上がりすぎても下がりすぎても元気がなくなることでしょう。
急激な水温の変化も魚にとってはとてもストレスになります。

特に水換えのときなどは注意が必要です。
冬場などは水が冷たくなっていますから、温度合わせをせずに水換えする事は魚にとってはかなりのストレスとなることでしょう。

魚のストレスになるため急激な温度変化は出来るだけ避けるのが良いでしょう。

夏場は昼と夜の温度変化が激しい為、場所によっては水槽クーラーなどが必要になるでしょう。
また、冬場にはヒーターが必要になる場合もあります。

ただし、一年中同じ水温というのも、温度変化に弱い固体に育ててしまう可能性があります。
温度変化に強い固体を育てたいなら、故意に水温を変えるというのもひとつの方法です。その場合には急激に変えるのではなく、数日間にわたってゆっくりと温度変化をさせて少しずつ慣らしていくのです。
この方法を行なう時には、水温は23℃~27℃の範囲で行なうようにします。

魚を水槽で飼うとストレスで弱ることも

魚を水槽で飼育すると、ストレスから病気になることがあります。

海水魚を水槽で飼育して、ほとんどの方が悩まされるのは白点病ではないでしょうか。
淡水魚を飼育している場合にもこの病気にかかる事があります。
しかし、海水魚の場合には進行が早いのでとても厄介な病気の一つです。

海水魚が白点病にかかる原因の多くはストレスだといわれています。
ですから、ストレスを出来るだけ取り除く事が、予防策になります。

水質はもちろん、水温の変化もストレスになります。
また個体数多すぎたりしてもストレスとなることでしょう。
海水魚を水槽という小さな空間で飼育すると、どうしてもストレスを与えることになります。

海水魚はストレスにとても弱いのです。
白点病の予防や対処方法として薬を使う方もいます。
それが悪いわけではありませんが、出来る限りストレスを軽減させる事が病気予防の最善策ではないかと思います。

水槽の外の音は魚のストレスになるの?

水槽で飼育されている魚にとっては、いろいろなストレスがあります。
先ほどまで上げていた、個体数や水質・水温はもちろんですが、水槽の外の音や振動などもストレスになるといわれます。

人間の会話やテレビの音などもストレスとなり得ますが、日常会話などのいつものことでしたら慣れてくることでしょう。
しかし、ドアの開け閉めなどの突発的な音や、足音などの振動では魚が驚いて飛び跳ねたり暴れたりすることがあります。

いつも静かな環境にいるよりは、日常的に生活音に晒されて慣れている固体の方が、そういったストレスには強くなるでしょう。
ただし、特に臆病だったり神経質な種類の魚は、静かな環境を確保しないと怯えて出てこなくなる場合もあります。

そういった事が心配であれば、改良種の方がおすすめです。
改良種は比較的丈夫で、神経質ではなくストレスによる拒食症状もあまりありません。

水槽で飼育する魚のストレスを減らす方法

海水魚はストレスに弱い魚です。
ですから、ストレスを軽減してあげる必要があります。

魚のストレスを軽減する為には、水槽の水質・水温など、魚の生活環境を整えてあげる事が必要です。

魚は温度変化に弱い生き物ですから、水換えの時に水の温度合せはもちろんですが、夏場や冬場の水温管理も必要になります。
夏場などは日光があたると水温が急激に上がってしまいますから、水槽の設置場所には配慮が必要です。
また地域によっては外気温がかなり高くなるのでクーラーなども検討したほうが良いでしょう。
冬場も場所によっては水温が急激に下がってしまう可能性があります。
ヒーターを活用して、水温を一定に保つようにしましょう。

水質の変化もストレスの原因です。

魚の個体数にもよりますが、適度に水槽の水換えを行ないましょう。

水が濁っていたり色がおかしいなど、普段と様子が違うなら水換えする事をおすすめします。
水換えの時には全量かえると一気に水質が変わり魚のストレスになってしまいますから、多くても半量程度にすると良いでしょう。

 

魚のストレス軽減のために隠れ家を作ってあげるのも効果的です。

隠れる場所が多いほど、魚のストレスを軽減できるでしょう。