注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

顔の横幅を狭くするためにはマッサージが効果的!そのやり方とは

小顔に見せるためにはメイクを変える方法もありますが、顔の横幅が気になる人はそれ自体をなんとかしたいと思いますよね。

顔の横幅を狭くするためにはどんな方法があるのでしょうか?効果的なマッサージ方法とは?

小顔に見せるために顔の横幅を狭くするマッサージ方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

医者が患者に恋愛感情を抱くことはある?医者と患者の恋愛事情

医者と患者がお互いに恋愛感情を抱くことはあるのでしょうか。実際、患者さんがお医者さんに恋愛感情を抱い...

レオパは脱皮前後に食欲がなくなる?レオパの脱皮と注意点

脱皮前後のレオパは食欲がなくなるって知っていますか?レオパの食欲がいつもよりないと飼い主とし...

趣味にかけるお金の月平均は?30代既婚男性の趣味のお金の相場

30代の既婚男性は、一ヶ月にいくらのお金を趣味に使用しているのでしょうか。30代の既婚男性の中には、...

絵のコツ【顔の描き方】上達するポイントやバランスの取り方

絵のコツについて、顔が上手に描けないという人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?人の顔を...

アラフォーの彼女と別れたい時の別れ方と注意点・恋愛傾向を解説

アラフォーの彼女と別れたいと考えるとき、彼女の年齢などを考えて別れを躊躇してしまうこともありますよね...

黒い服に付いたほこりの取り方!すぐにできる方法と外出先の対処

黒い服はいろいろなアイテムとも合わせやすく、誰もが1枚は持っていると思います。しかし、黒い服は他...

顔の体操は大事!高齢者向けの簡単な顔や口の体操のやり方を紹介

高齢者になっていくと、人と接する機会が減り話しをする時間も短くなってしまいます。ですので顔や体を...

髪がロングの人がカラーをした場合、ショートの人と違う点とは

髪がロングの人は美容室でカラーをする時に、ロング料金が設定されている場合がありますね。そこにはこ...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

謝罪の菓子折りを受け取らない時の感情と対処法と渡し方を紹介

相手に迷惑を掛けてしまった際にお詫びに伺う場面もあると思います。謝罪の言葉と共に、お詫びの菓子折...

好きな人が留学!告白した方がいい?遠距離片思いを実らせる方法

好きな人が留学することになったら、告白した方が良いのか考えてしまいますよね。自分の気持ちを伝えたいけ...

乾杯の挨拶は面白い方が盛り上がる!笑いが取れるオススメ音頭

乾杯の挨拶は面白い方が飲み会は盛り上がりますよね。しかし、いざ挨拶を任されたらどんな挨拶をし...

女性も帽子のマナーを守っておしゃれな帽子ライフを楽しもう

女性も帽子を楽しむためにも、きちんとした帽子のマナーを身に着けておきたいですよね。女性用の帽...

オンとオフの切り替えは大切!オン・オフの切替で充実した生活を

オンとオフの切り替えがなかなかできず、充実した生活ができていないと感じている人もいるのではないでしょ...

おばさんは何歳から?50代は?おばさんの年齢について

「私はもうおばさんだから…。」と口では言っていても、心の中ではまだおばさんではないって思っていません...

スポンサーリンク

顔の横幅を狭くする方法とは?さっそく試してみよう

小顔の大敵となる、顔の横幅が広い原因としてはいくつか考えられることがあります。

  • 表情筋が凝り固まっている
  • 老廃物によって顔がむくんでいる
  • 脂肪や老廃物がしこりとなって定着してしまっている
  • 筋肉が発達し過ぎている

元々の骨格以外にも、これらの原因が顔の横幅を広く見せているかもしれません。
骨格が原因でないのなら、このような原因は改善することが出来ます。

  • 氷水で冷やす
    気が立っていたり、イライラしているときは頭の体温を下げましょう。そうすると、自律神経がクールダウンされて落ち着きます。
  • 頭皮マッサージ
    まずは頭頂部を、念入りに時間をかけてゆっくりマッサージします。
    力が抜けるまでリラックスしたら、次は側頭部のハチ下をつむじからおでこに向かってマッサージしていきます。
  • 顔のマッサージ

こめかみ上、こめかみ下、頬骨上を順番にほぐしていきましょう。

顔の横幅を狭くするためには、筋肉を発達させないようにしよう

先ほど顔の横幅を広くしてしまう原因に、筋肉が発達し過ぎていることを挙げました。
以前に比べて顔の横幅が気になっている場合、「歯の食いしばり」が大きな原因となっていることが多いです。

歯を食いしばることは、予想以上に大きな力が加わっています。

その力は、なんと体重と同じくらいの力です。
体重が50kgの人なら、食いしばると50kgの力を加えることになります。

これだけの力が加われば、自然と筋肉が発達することも不思議ではありません。
意識的に力を抜いて、筋肉をリラックスさせましょう。

顔の横幅を広くする以外にも、顔を歪ませる原因にもなるので改善させたいですね。

改善させるための訓練として使うものが、タブレット状のガムです。

ガムは噛むために口にしますよね。
そこをあえて噛まないというトレーニングです。

奥歯にガムを当て、約5分間噛まないようにするのです。
やり方は非常に簡単ですが、食いしばるクセがある人にとって、ガムを噛まないということは結構大変なことです。

食いしばらないための訓練としては非常に効果的なので、是非試してみて下さい。

顔の横幅を狭くするための効果的な方法とは?

顔の横幅を狭くするために、日頃から出来る方法もいろいろあるので紹介していきましょう。

スマホを使うときの目線が顔の横幅に関係する

日常生活の中で欠かすことの出来ないスマホやパソコン。
これらが顔の横幅を広げている原因になっていることもあります。といっても、スマホやパソコン自体が悪さをしているわけではありません。
原因は、スマホやパソコンを操作している顔や目線の角度です。

顔を下に向けうつ向いた状態で使う習慣が蓄積させると、顔がたるみ横幅を広くしてしまったり、下がった口角までも作ってしまいます。

出来るだけ顔や目線を下に向けずに操作出来るように、目線の高さに合わせて操作するようにしましょう。

顔の横幅を狭くするためにオイルで頬骨をほぐす

滑らかにマッサージ出来るように、オイルを使っていきます。

頬骨の前に、リンパの流れを良くするために脇の下をマッサージしていきます。
手をグーにして、脇の下をグリグリとマッサージします。

直接顔をマッサージしているわけではないのに、輪郭が整ったり血色が良くなるなどの効果を実感出来ます。

次に頬骨をマッサージしていきます。
頬骨は顔の中でも、毒素の溜まりやすい場所です。頬全体を下から上へ、内から外へとマッサージしていきましょう。

小顔になるためのマッサージ方法をご紹介します

小顔になるために、顔の横幅を狭くするマッサージを紹介します。

  1. 耳の横あたりにある凹みを、人差し指、中指、薬指で3秒くらい押します。
  2. このまま首筋に沿うように下へ滑らせます。
  3. 鎖骨に指を少し食い込ませます。
  4. 左右の鎖骨の真ん中に来たら、下へと老廃物を流します。

これを3回くらい繰り返します。
緩んでいる骨格を元の位置に戻す効果や、老廃物をきちんと流すことでむくみを解消してくれる効果が期待出来ます。

顔を大きくしてしまう原因は、横幅だけとは限りません。
頬骨の位置を高くして、小顔を目指しましょう。

  1. 頬骨に沿うように、少し手が食い込むくらい押します。
  2. そのまま机などに肘をつけ、全体重をかけて頬骨を支えるように圧をかけます。

10秒くらいかけて行い、3回繰り返します。
頬骨の位置が高くなると、小顔効果が期待出来ます。

入浴後の体が温まっているときに行うと効果的で、肌に負担がかからないようにオイルやクリームを使って行いましょう。

小顔に見せるためには姿勢を直すことが一番です

顔の大きさが同じ人でも、他の要因によって大きく見えたり、反対に小さく見えたりすることがあります。

例えば首の長さです。
首が長く肩幅が広いと、顔は小さく見えます。
首が短く肩幅が狭いと、顔は大きく見えます。

でも首の長さは変えることが出来ないと思いますよね。
しかし実際首の長さは、個人差がほとんどない部分なのです。

猫背などの姿勢の悪さが首を短く見えるようにしているだけで、長さはみんなあまり変わりません。
スタイルのいい人は、首が長いのではなく姿勢がいいからなのです。

姿勢を気をつけるだけでも、顔の見え方に変化が出てきます。
顔のマッサージなどと一緒に、姿勢も気をつけると相乗効果でさらに小顔が期待出来ますよ。