注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね。

そんなときには、あるアイテムを使うと手の置く位置や力の入れ具合がわかるようです。
ブリッジのできない子どもはこの方法でブリッジができるようになるでしょう!ブリッジをする前に行うストレッチ方法も一緒に紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか?じつは猫を飼っている人にはよくあ...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増!離婚に至る前にすべき事

あなたの夫も趣味で物を集めていませんか?断捨離ブームもあってか、夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増し...

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

スポンサーリンク

ブリッジができないのは何が原因?コツは体幹

久しぶりに子供の体操教室を覗いて見るとブリッジが出来ないではありませんか。他の子供達はみんな出来ているのに我が子だけ出来ないと悲しい気持ちになりますよね。

ブリッジが出来ない原因はどんなことがあるのでしょうか。

ブリッチをするためには、体を持ち上げるために手足の筋肉が必要になります。手足の筋肉以上に必要になるのが、体をアーチ状に保つための筋肉と柔軟性になるのです。ブリッジが出来ない人は、この筋肉や柔軟性が劣っている可能性が高いのです。

ブリッジのやり方として、体をアーチ状にするために、手足を床に踏ん張ります。お腹、おしりの筋肉を使い体を持ち上げます。この時体幹のバランスが悪いと水平に体を上げることが出来ないのでブリッジが崩れてしまうのです。水平に体を持ち上げることが出来ても体幹に柔軟性がないと、体をアーチ状にすることが出来ないのです。

ブリッジを行うためにポイントになるのが、腕、足の筋肉を体幹の筋肉と柔軟性なのです。

ブリッジができない子どもには台で練習するのがコツ

大人になると体が固くなるので背中をアーチ状にするのは難しくなることが多いです。しかし子供の背中は柔らかいのでわりと簡単にアーチを作ることが出来ます。

ポイントは手足の最適な場所を意識させる事です。手足の位置はとても重要になります。手足の位置さえ正しい場所に置くと後はテクニックになります。子供にブリッジを教える時に色々なことを一度に教えようとしても出来ません。手足の位置だけしっかりと覚えさせます。

そこで背中に台を置き、ブリッジを意識しないように手足の場所だけを覚えさせるようにしました。手足は台に近い方がいいです。台から離れてしまうと力が分散され上に持ち上がりませんので台から近い方が上に持ち上げることが出来るのです。

手足は内側に入れるようにします。台がない場合は手足に集中することが難しくなります。もし台が自宅にない場合は、子供の背中の下に垂直に入れて持ち上げてあげて練習をしましょう。

ブリッジができないときにはアイテムを使うのもコツ

ブリッジの基本的なやり方

初めは布団やベットを利用しましょう。慣れてきたら床の上で行います。まず仰向けに寝ます。膝を立ててできるだけお尻に近い位置に足をつきます。耳の横に手を置きます。足を腹筋に津からをいれてお腹を持ち上げ、次に腕に力を入れて胸や頭も持ち上げます。出来ない人は頭をつけたままお腹と胸を持ち上げます。

毎日練習をすることで段々できるようになってくるので、無理をしない程度に毎日続けることでブリッジが出来るようになります。

ブリッジが出来ない時にバランスボールを使う方法もあります。

まずバランスボールに端に腰をかけます。腹筋を使いゆっくりと後ろに体を倒し、両腕を床につけて体を反ります。もし体が固くて手がつかなくても大丈夫です。とにかく反るようにしましょう。

ブリッジをする前にはリラックスしてから行おう

ブリッジの練習をする時は必ず軽くストレッチをしてから行うようにしましょう。ストレッチをしないでブリッジするとケガをする危険性もあります。ブリッジは全身の筋肉を使います。何の準備運動をしないでブリッジをしてしまうと筋肉を痛めてしまうこともあるのです。ブリッジをする場合は軽くストレッチをしてからするようにしましょう。初めてブリッジに挑戦する場合はしっかりとストレッチすることをオススメします。

そして何よりも大切なのは呼吸です。ブリッジする時つい力んでしまい呼吸が止まってしまいがちです。しかしブリッジをしている時に呼吸を止めてしまうと酸欠状態になってしまうのです。ブリッジをする時は、腹式呼吸を意識しゆっくり呼吸することがポイントです。

はじめはリラックスするような余裕はないかもしれませんが、心がけることで段々コツが掴めるようにります。呼吸は絶対に止めないことです。

ブリッジができようになるには柔軟性が大切!柔軟性を高める方法

子供は体が柔らかいというのは昔の話しで、最近は体の固い子供も多くなりました。体が固いのでブリッジが出来ないという子供も多いのです。あなたのお子さんはブリッジは出来ますか?ダンスを習っているお子さんも多く見かけますが、ブリッジやバク転など出来る子ってなんだかカッコよく見えますよね。今日からブリッジが出来るように毎日練習することでブリッジが出来る体になります。

ブリッジが出来るようになるためには柔軟性が大切になります。まずはお腹のストレッチからはじめましょう。うつ伏せになり両手の肘でバランスを取りながらゆっくりと上半身を持ち上げます。お腹の付近が伸びているのがわかります。お腹周りの柔軟性が高くなるとブリッジが出来るようになるのです。

ブリッジをするためには、背中を反るというイメージがありますが、柔軟性をよくするためにはお腹を伸ばすようにしましょう。子供にもわかりやすくお腹や背中を伸ばすということを教えやすいです。ブリッジを行う前にはストレッチ運動をすることが大切です。