注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?

では、体育の授業でオススメなソフトボールの練習メニューとはどんな練習でしょう?

また、体育でソフトボールに退屈しないためには、楽しい練習や工夫をするのがいいでしょう。

そこで、ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

幼稚園の運動会の場所取りで必要な物やオススメと注意点とは

幼稚園の運動会では場所取りが重要なポイントになりますよね。では、幼稚園の運動会の場所取りは何...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

赤ちゃんにイライラをぶつけて後悔!自分を責めずに子育てを

子育てなどでストレスがたまり、赤ちゃんにイライラをぶつけて後悔しているママもいますよね。自分は最低な...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点とは

バスにベビーカーも一緒に乗り降りすることは、周りへの迷惑を考えたり、赤ちゃんのことも気にしながら、お...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。前転のコツを幼...

子供は幽霊が見える?子供が幽霊を見やすい理由と霊感の有無

子供からある日「幽霊が見える」と言われたらビックリしますよね。まさか…と半信半疑でも、まさか本当...

スポンサーリンク

体育の授業でオススメなソフトボールの練習メニューとは

男子であれば、小さいうちから遊びを通して、キャッチボールの経験くらいはある生徒もかなりいますが、女子ともなるとルールはおろか、ボールやグローブに触れた経験もないといった生徒が大半だと思います。

体育の授業でソフトボールをする時は、まず動くボールに目を慣らさせることと、ボールを利き手以外でキャッチする練習メニューを

まずはグローブをはめずに、2人1組になって近い距離で向き合い、下から軽く相手にトスします。最初は両手で、慣れてきたらグローブをはめて、徐々に距離を離しながら、利き手とは反対の手でボールをキャッチすることに慣れさせます。

グローブでボールを取ることに慣れてきたら、胸辺りにグローブを立てて構えて、今度は上向きでボールを取る練習をします。なるべくグローブ付近に投げるように心がけ、最初はゆっくりと、上から投げることに慣れてコントロールできるようになったら、少しスピードのある球を投げさせ、早い球をキャッチする感覚を身に着けていきます。

実際に試合中には、打球はどこへ飛んで来るかわかりませんので、飛球に目を慣らす練習も必要です。2人1組になって、1人は相手に背中を向けるように立ちます。後ろ側の人は掛け声とともにボールを左右にトスし、もう1人は合図と同時に振り向き、すばやくグローブでキャッチします。この時、「右!」「左!」と回転する方向を指示してあげると良いでしょう。

体育の授業ではソフトボールの楽しさを練習メニューに!

どんなスポーツも、最も大切なことは基礎練習の積み重ねです。まずは体力をつけることが必要ですが、ただ単調な練習を繰り返すだけでは、練習がつまらなくなり、やがてはそのスポーツ自体が嫌いになってしまう可能性もあります。

たとえば、ソフトボールの練習メニューのひとつであるベースランニングも、ただベース間を走るだけでは、その行為自体は単調で、すぐに飽きてしまいがちです。ここに「競争」という要素を加えてみることで、生徒たちは俄然面白くなるのです。

やり方はいたって簡単です。2チームに分かれて、一方はホームベースから、もう一方はセカンドベースから同時にスタートさせ、それぞれリレー方式でベースランニングをさせます。相手チームとの距離を縮めようと、みんな必死になって走ることで、1人ずつ淡々と練習するよりも、何倍もの楽しさがあるのです。

もしも、生徒たちにとってソフトボールがつまらないと感じるのだとしたら、それは試合で思うように打てなかったり、上手く守れなかったりすることが原因です。試合が面白いと感じるためには、基礎からしっかりと練習することが必要なので、まずは試合に勝つための練習の重要性を、生徒たちに教える必要があるでしょう。

体育で退屈しない!楽しいソフトボールの練習メニューとは

よほど運動神経が良くない限り、野球やソフトボールの経験がない生徒にとっては、初めのうちは動いているボールをバットに当てることすら難しいでしょう。

バットに当てる感覚を身につけるのに、まずはティーバッティングから始めてみます。バッターが打ちやすい範囲に横から軽くボールをトスし、何本も打ち続けます。ティーバッティング用の器具があれば、そちらのほうがより打ちやすいでしょう。

打ったボールが遠くまで飛ぶようになると、俄然バッティング練習は楽しくなるものです。バットにジャストミートさせる感覚を覚えることで、次にそれがピッチャーを相手にしたバッティング練習にも生きてくるのです。

基礎練習はもちろん大切なのですが、初めてソフトボールをやる生徒たちにとっては、練習だけではソフトボールの楽しさを理解するのはなかなか難しいものです。
部活動と違って、体育の授業は勝敗が全てではないので、いっそのこと早い段階で生徒たちに試合をさせてみるのもひとつの手でしょう。

いきなり打つことは難しいので、ピッチャーとの距離を縮めてみたり、野手の数を増やして守備範囲を狭くするのも良いでしょう。また、点が入りやすいように、あらかじめセカンドランナーを置いた状態からスタートするといった方法もあります。

ソフトボールは素振りの練習で体育でも大活躍!

これは球技全般に言えることですが、ソフトボールにおいても打撃の基本はやはりバットの素振りです。野球やソフトボールの経験がない生徒であれば、バットに触れるのも初めてでしょうから、これがまだ握力の弱い女子生徒ともなれば、ただ重いバットを素振りするだけでも大変です。

素振りの目的はボールを打つためのものですが、ただやみくもに決められた回数を振っていれば良いというわけではありません。正確なフォームを意識しながら早いスイングをすることで、実際の試合においても的確にボールを捉えることが出来るようになるのです。
ソフトボールは、実際にボールを打てるようになることで、俄然面白くなります。素振りでバッティングの基礎を磨くことの重要性を教えるとともに、ある程度スイングが安定してきたら、積極的にボールを打たせることで、さらにソフトボールの面白さを体感させてあげましょう。

体育で二人ずつでもできるソフトボールの練習メニュー

ソフトボールの守備練習は、2人1組で行うのが基本です。

キャッチボールやクイックスロー以外にも、打球を上手くさばくための練習方法をいくつかご紹介します。

捕球が苦手な生徒には、お互いにワンバウンドやゴロを転がしあい、低い姿勢で取ってからスローイングするまでの流れを身体に覚えさせます。ボールを前後左右に振ることで、打球に対する反応を良くし、キャッチからスローイングまでの一連の動作がスムーズに出来るように練習します。

また、捕球後にワンステップで投げられない生徒には、相手に短めの球を投げてもらって、前に出て捕球したあとに無駄なくワンステップで投げられるようになるまで、毎回繰り返し練習します。

どちらも単純な練習ですが、地道に繰り返すことで確実に上手くなりますよ。