注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い主さんもいますよね。

うさぎを抱っこすることができるようにするには、どんなしつけをすれば良いのでしょうか。抱っこを練習する方法はある?

そこで今回は、うさぎを抱っこできるようになるしつけの方法と注意点についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

子育て疲れた。一歳の我が子が暴君にしか思えない。そんな時には

子育てって、しんどいしキツイんだよ!疲れたと思ったら、休める状況を作りましょう。一歳にな...

寿司の醤油の付け方とは?多くの人が逆だった!?お寿司マナー

お寿司屋さんに食べに行くときには、どのような醤油の付け方をしたらいいのでしょうか?高級なお寿...

七五三の三歳の着付けを自分でやってみよう!意外と簡単です!

三歳の女の子の七五三が近づいてくると「着物をレンタルして美容室を予約しなくちゃ。」と考えるママも多い...

音楽の才能の見極め方や子供の才能を伸ばすポイントとは

子供に音楽の才能があるかどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?子供に小さいうちから...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

倒立のコツを子供に教えるときに気をつけたいことやポイント

倒立をできるようになるには、まずはコツを掴んで練習することですね。では、子供に倒立のコツを教...

生後2週間の赤ちゃんが寝ない!原因は魔の3週目?新生児の育児

それまではよく眠っていたのに、生後2週間を過ぎた頃から赤ちゃんが寝なくなってしまう・ぐずるようになっ...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

幼稚園の夏休みの思い出の作り方や子供と有意義に過ごすポイント

幼稚園の夏休みには、思い出作りを子供とたくさんしたいですよね。せっかくだから思い出作りに家族...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

スポンサーリンク

うさぎを抱っこすると暴れるのはどうして?

うさぎはその愛らしさから、最近ではペットとして飼われることも非常に多くなってきました。
ペットショップでも見られることが多くなり、触れ合える機会も増えてきましたよね。

しかし、抱っこすることが難しいと聞くことも多いです。
最初は静かに抱っこされているけど、突然暴れて逃げてしまうなんてことが多いようです。

これはうさぎの本能が関係しています。

 

本来野生のうさぎは、逃げることで敵から身を守ります。

抱っこされることは、人間にとっては愛情表現であっても、うさぎにとっては捕獲されたという感覚です。

なので抱っこされ、拘束されるということが嫌いであり恐怖でもあるのです。

うさぎは身を守るという理由から、抱っこしても暴れるのです。

うさぎの耳を持つようにする
無理矢理抱っこする
立ったまま抱っこする

 

このような抱っこは、更にうさぎの警戒心を強くさせてしまいます。

抱っこしたいのであれば、優しく声をかけ、撫でることからゆっくりと始めます。
そして慣れてきてから、膝の上で抱っこするという段階で進みましょう。
いきなり抱っこしようとは考えないで下さい。

うさぎと飼い主の信頼関係がしっかりして、警戒心がなくなると暴れることも少なくなってきます。

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法

うさぎを抱っこしようとしても暴れてしまうときは、これらのことを試してみて下さい。

 

うさぎが抱っこすると暴れるなら、うさぎのテリトリーの外で抱っこする

うさぎは本来、非常に縄張り意識の強い動物です。
いつも遊んだり過ごしたりしている場所は、うさぎにとっては自分の縄張りなので、頻繁に踏み込まれたり抱っこされることは、警戒心を作動させてしまいます。

縄張りではない場所から始めていくことが、抱っこするには適切でしょう。

 

餌を上手く利用する

 

抱っこを上手に出来たタイミングで、餌をあげてみましょう。
何度も繰り返すうちに、抱っこされるといいことがあると学習していきます。

餌をくれるという認識で、飼い主に対しての警戒心や恐怖心も小さくなっていきます。

 

うさぎが暴れるようなら落ち着かせるために目隠しを

 

うさぎを抱っこしているときに暴れてしまうと、動きも早いので大変です。
もし落としてしまったら、怪我をする可能性も考えられます。

怪我を防ぐためにも、一度うさぎを落ち着かせることが必要です。
手でうさぎの目を隠すように覆うと、大人しく静かになるので、暴れたときは実践してみましょう。

 

最初は短い時間から始める

 

先ほども説明したように、うさぎはそもそも抱っこされることがあまり好きではありません。

長時間の抱っこは、ストレスを与えてしまいます。

数秒~数十秒という短時間から始め、ストレスを感じない程度で離してあげましょう。

抱っこで暴れるうさぎをしつける時の注意点

うさぎを抱っこするには、少しずつ段階を経て進めていくことが大切です。
突然抱っこをすることは、ハードルが高いです。

まずは優しく撫でることから始めて、大人しく撫でることが出来たら、膝の上に乗せてみると順番に進めていきましょう。
このとき、高い位置では落ちて怪我をする危険もあるので、正座など低い位置で乗せます。

このようなことを踏まえ、しつけの注意点を見ていきましょう。

 

抱っこでうさぎが暴れてもすぐに離さない

 

抱っこしているときに、うさぎが暴れたからといって、すぐに手を離すとうさぎが学習してしまいます。
暴れれば離してもらえる、と思い込んでしまうのです。

これでは抱っこすることは、難しくなってしまいます。
飼い主が決めた時間は、抱っこされる状況に慣れてもらいましょう。

 

うさぎが怪我をしないように注意する

 

うさぎが突然暴れると、非常にすばしっこく動くので、高い位置だと落としてしまう可能性があります。

うさぎの小さな体なので、人間に身長ほどの高さから落ちると骨折など、大怪我をする可能性があります。

 

強く掴んではいけない部分を把握する

 

うさぎには強く掴んではいけない部分がいくつもあります。
耳や胸、お腹、足、しっぽは強く掴むことでうさぎが苦しくなったり、体温調節を妨害することにも繋がります。

基本的には優しく扱うことが大前提なので、他の部分もあまり力を入れずに触ってあげるようにしましょう。

抱っこを嫌がるうさぎを抱っこすることは必要?

うさぎを抱っこすることは、簡単ではないということを説明してきました。
こんなに簡単ではないなら、いっそ抱っこしなくてもいいのでは?と思う人もいるでしょう。

野生のうさぎであれば、もちろん大変な想いをして抱っこする必要はありません。
しかし、ペットとして飼われているうさぎには、抱っこされることは大切なことなのです。

ペットとして飼ううさぎには、飼い主がしてあげなければならないことがいろいろあります。
そのときに抱っこが出来ないと大変です。

 

病院へ連れて行くときや診察のとき

体調を崩して病院へ連れて行くとき、抱っこをすることが出来ないと、どうやって病院まで移動しますか。

抱っこすることが出来ないと、どうやって診察を受けますか。

これは飼い主にとって負担がかかるように思いますが、実はうさぎにとってもストレスなのです。

爪切りのとき

ペットとして飼っているうさぎは、爪が伸び放題になってしまいます。
なので飼い主が定期的に、爪を切ってあげる必要があります。

しかし、じっと爪を切らせてくれるうさぎはなかなかいません。
抱っこすることが出来ないと、爪を切ることがまず無理でしょう。

体調をチェックするとき

うさぎは本能的に、体調が悪くてもそれを表に出しません。
野生の世界だと、弱っていたら敵に狙われてしまうからです。

飼い主が体調をチェック出来るには、抱っこ出来るくらいの関係性が必要です。

うさぎを抱っこする時にやってはいけないことは?

うさぎを抱っこするために、絶対にNGということがいくつかあります。

ながら抱っこ

おやつを食べながら、テレビを見ながら、このようなながら抱っこはNGです。
ながら抱っこだと、うさぎが今どのような状況か、瞬時に見ることが出来ませんよね。

そしてながら抱っこだと、うさぎも愛情を感じることが出来ません。
抱っこするときは、抱っこに集中して下さい。

餌で釣って抱っこする

上手に抱っこが出来て、ご褒美として餌を与えることは問題ありません。
しかし、餌で釣って抱っこすることに慣れると、餌を使わないと抱っこすることが出来なくなります。

餌はあくまでもご褒美として使いましょう。

耳を持つ

うさぎの耳は、体温調節をするなど繊細で重要な部分です。
なので耳を持つように抱っこすることは、決してしないで下さい。

無理矢理抱っこする

当然ですが、無理矢理抱っこされることは強い恐怖心や警戒心が働きます。
飼い主に対して、不信感を抱いてしまいます。

これでは信頼関係を築くことは出来ませんよね。
抱っこだけではなく、何事も無理矢理は良くありません。

立ったまま抱っこする

立ったままの抱っこは、うさぎが逃げたときに落ちて怪我をさせる危険性があります。
人間の身長くらいでも、うさぎにとってはかなりの高さになり、骨を折ったり、捻挫をしたりする可能性があります。

抱っこするときは座った状態で、低い位置で行いましょう。