注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。

特に巻き髪の初心者は、基本的な巻き方から覚えてポイントをおさえましょう。

髪の毛を左右対称に上手く巻けない人もコツを掴めば上手にキレイに髪を巻くことができますよ。

どうしてもコテが苦手な人はコテなしでもカールを作る方法もご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女のお弁当、迷惑なんだよね。だってマズイから…ごめん

彼女がお弁当を作ってくれる!本来ならば、嬉しいことですが、その弁当、マズイんです…。そん...

ダンスの苦手を克服するコツやうまくなるための練習方法とは

ダンスの苦手を克服したい人はどうしたらダンスが上手になれるのかと考えますよね。そもそもダンス...

運転が下手で教習所が嫌になる前に出来ることや運転のコツを紹介

自動車の免許取得の為に教習所に通っている人もいるでしょうが、運転が下手過ぎると落ちこんでいませんか。...

前髪を巻くのにとれる方へ!前髪を1日キープする方法

せっかく時間を掛けて前髪をセットしたのに、気が付くとぺったりとしていたり、逆にボワボワに膨らんでいた...

バーベキューの焼きそばは使い捨てのアルミ製品で片付け簡単

バーベキューに欠かせないメニューの一つに焼きそばがありますよね。大人も子供も大好きで、家で食べる...

ピアスを開けたてのときのお風呂での注意点や正しいケア方法

ピアスを開けたてのときはお風呂は普通に入ってもいいのか不安になりますよね。ピアスを開けたての...

爪の白いところが多い原因は何?健康な爪を保つ爪のお手入れ方法

自分の爪の白いところが多いのではないかと気になっている女性もいますよね。どうして白い部分が多くなって...

玄関収納にコートクロークは便利!狭くてもスッキリ簡単アイデア

玄関の収納はコートクロークがあると、外に出るときはすぐにアウターを着ることができるし、子供が帰ったと...

鼻の角栓の取り方とは?気になる鼻はこうしてケアしよう

鼻の角栓がどうしても気になる…。鼻の角栓はどのようにケアしたらいいのでしょうか?鼻の角栓の取り方で気...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

ライブへの差し入れで食べ物は喜ばれる?渡す場合の注意点とは

お気に入りのバンドマンのライブを何回も見に行くと、次は何か差し入れしたいと思いますよね。でも...

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか?どうして食べるのでしょうか?人間、食べ物...

眉毛は切り方と長さを整えるコツを掴んで愛され美人眉になれる

眉毛の長さを整えるときには、眉毛の正しい切り方やそのコツを抑えておけば、誰でも愛され美人眉になれちゃ...

彼氏がカラオケが下手でも楽しむことが大切!彼氏への優しい一言

カラオケは、大きな声を出してストレス発散にもなりますよね。カラオケが大好きという方が多い一方...

スポンサーリンク

初心者にオススメ!コテを使った髪の毛の使った基本の巻き方とは

コテ初心者なら、まずは基本的な巻き方を知ることから初めましょう。
巻き髪の手順は以下に通りになります。

  1. 右手にコテを持ち、巻きたい毛束を左手で持つ
  2. 指でレバーを押してクリップを開く
  3. 毛束の中間くらいをクリップの間に挟む
  4. コテをくるっと一回転させて髪を滑らせながら一周巻きつける
    (何度か繰り返して毛先まで巻き込む)
  5. クリップを浮かせながらコテを下方向に抜いていく

これを繰り返すことで巻き髪が出来上がります。慣れたら内巻きや外巻きを考えなら巻いていくといいでしょう。

内巻きは顔に対して外側から内に向かって巻く方法なのですが、外巻きとなるとどの方向に巻いていくのか分からなくなるかもしれません。

外巻きのポイントはレバーを押してクリップを開く時。
レバーをどの指で押して開くかによって内巻き、外巻きが変わってきます。

例えば顔の右側を巻く場合。
内巻きにしたい時はレバーを押す指は人差し指、外巻きにしたい時は親指でレバーを押すのです。コテの位置が変わりますので、コテを内向き、外向きにすれば巻き方も変えられるということです。
これさえ覚えれば内巻きや外巻きが自由自在にできるようになります。

髪の毛の巻き方でコテの持ち方やブロッキング方法

コテは、レバーが人差し指にかかるように持つのが基本ですが、手が小さい人や握力が弱くて上手く持てない人もいるかと思います。
その場合は、人差し指と中指の2本を使うことで上手くレバーを調整することができるようになると思います。
実際に熱を入れる前のレバーを使って、無理なく開閉ができるかどうかを確認するといいでしょう。

コテで髪を巻く時、髪がしっかりブラッシングできていないとアイロンに髪が引っかかってしまうなどして、ヘアスタイルが上手く決まらないだけでなく、髪を痛めてしまう原因にもなってしまいます。
コテを使う前には、髪の内側や外側も丁寧にブラッシングして髪のほつれをほどいておきましょう。

コテを使って髪を巻く時は、髪をブロッキングしてから行いましょう。
面倒かもしれませんが、この一手間によって巻き上がりのバランスも大きく違ってきます。
ブロッキングは、こめかみ上のラインを上下に、耳より後ろのライン前後に分けるといいでしょう。

コテを使って髪の毛をワンカール!巻き方のコツ

コテを使って様々なカールを生み出すことができますが、コテ初心者にとってはとても難しいものです。
不器用で巻くのが苦手な人は、まずワンカールから挑戦してみてはいかがでしょうか。

ワンカールは毛先をくるっと一回巻くだけです。
簡単にできますし、一回巻くだけでも印象を変えることができます。内巻きだけでなく、外巻きワンカールにもぜひ挑戦してみてください。

内巻きワンカールのポイントは、コテを使う前にしっかりと髪を上下にブロッキングすること。
ブロッキングすることで髪に熱が伝わりやすくなり、ワンカールの跡も付きやすくなります。
また、ブロッキングができても、毛束をたくさん取って巻いてはだめです。
細かく分けて巻くことで、思い通りのニュアンスを出すことができます。綺麗に仕上げるためにも毛束をたくさん取りすぎないよう意識しましょう。
内巻きにする時は、顎に向かって巻くのをイメージすることも大切です。
それを意識するだけで左右対称に巻くことができます。

髪の毛を左右対称に上手く巻けない人は?

巻き方の要点を抑えれば、いつだってセルフで綺麗な巻き髪ができてしまいます。
不器用で自分で髪を巻くなんて無理!という人でも大丈夫。

  • 髪を巻く時はブロッキングを必ず行う。
  • 下の段を内巻きにしたら上の段は外巻き、下の段を外巻きにしたら上の段を内巻きにするなどランダムに巻く
  • 下の段の髪を内巻き次は外巻きなど、ランダムな巻き方にする
  • 内巻き、外巻きによってレバーを押す指を変える
  • 各毛束を巻き終わるごとに毛束をしっかりとほぐす
  • 後頭部の下の段の髪は毛先のワンカールでOK
  • つむじの向きによって巻き方を工夫する

以上の要点さえ抑えておけば綺麗に巻くことができます。

つむじの向きについては、つむじが反時計回りの人(右側がハネやすい人)は、右側の髪を巻く時は後ろから毛束を持っていくようにして巻き、左側を巻く時は各毛束が生えているばしょで巻くといいでしょう。
つむじが時計回りの人はその逆をすればいいわけです。

コテなしで作る巻き髪の作り方とは

マジックカーラーは、髪に引っかかりやすいようにカーラーの表面がチクチクしているカーラーのことです。
巻き付きピンも必要ないため、初心者でも使いやすい商品です。
コテと違って巻いて放置できるため、その間にメイクや準備もできて時短にもなります。マジックカーラーはコテと違って弱く巻けるため、ナチュラルなゆるふわ巻き髪を作ることができます。
毛先だけをふんわり巻きたい人、ナチュラルな巻き髪にしたい人、トップや前髪をフンワリさせたい人などに向いているでしょう。

ホットカーラーという商品もあります。
専用のカーラーとヒーターを使ってカーラーを温めて使う商品です。
髪を巻きながらカーラーから熱を加えることができるため、より強めのカールを作ることができます。髪が固い人やしっかり巻き髪を作りたい人におすすめです。ショートヘアでも使えるのが嬉しい点ではあります。

スポンジカーラーは、スポンジ状のカーラーを使って巻き癖を作る商品です。
筒状の物からスティック状、丸い物まで種類は豊富です。
素材がスポンジと柔らかいため、寝ていても使えるのがメリットでしょう。
夜に髪を巻いて朝目覚めたらゆる巻きに仕上がっているのは嬉しいポイントではないでしょうか。
ただある程度の髪の長さが必要なため、セミロング~ロングヘア向きの商品ではあります。