注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車のトラブルで喧嘩に発展しそうな時は車外に出てはいけない

車によるトラブルは喧嘩に発展しやすく、最近はあおり運転による逮捕者が出るほど深刻化しています。

いつ誰が遭遇するかわからない車によるトラブル。トラブルで喧嘩になるのを防ぐには何ができるのでしょうか。相手が喧嘩を仕掛けてきた時の対処法は?

喧嘩を仕掛けてきた相手に、同じように車から出て応戦するのはやめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

5ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方と発達に合わせたおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんは寝返りもできるようになり、物を掴むこともだいぶん上手になります。この時期の赤ち...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

子供は幽霊が見える?子供が幽霊を見やすい理由と霊感の有無

子供からある日「幽霊が見える」と言われたらビックリしますよね。まさか…と半信半疑でも、まさか本当...

子供の名前。キラキラさせちゃって後悔しています。変えたい!

子供の名前。マタニティーハイで、世界一の名前だと突っ走ってしまったけど、日々その名前で子供のこと...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

スポンサーリンク

車によるトラブルで喧嘩になるのを防ぐには?

車によるトラブルは喧嘩に発展することが多いです。実際どのようなことで喧嘩になるのか知っていますか?

自分ではそんなつもりはなくても、相手から車間距離が近いと思われてしまい、煽られていると文句を言われることがあるのです。そのようなトラブルにならないためにならないためにもしっかりと車間距離を取るようにしましょう。最近の車はヘッドライトが明るい車もあります。イライラしている時は相手に不快な思いをさせてしまい、喧嘩の原因になることもあるので注意しましょう。

そして車線変更する時は、無理をしないで後ろにいる車の確認をしっかりしてから車線変更しましょう。割込みに近い車線変更をしたため、後ろの車に煽られたり、文句を言われることもあります。このようなトラブルは、遠出をした時に起こることが多いです。理由としては知らない土地での道をナビが誘導しているためです。道を間違えそうになり、慌てるケースが多いのです。車線変更する時は必ず後ろの車の確認をして気をつけて車線変更するようにしましょう。

車のトラブルで相手から喧嘩を仕掛けてきた時の対処法は?

車のトラブルで相手から喧嘩を仕掛けられたらどのように対処したらいいのでしょうか。まずスマートフォンの録画機能を開始して、全体的に映るように撮影していることを相手に伝えましょう。動画を撮影していることを伝えることで相手はそのまま立ち去ることが多いです。しかし人数が多い場合は念のため逃げたほうがいいです。もし逃げても追いかけてくるようなことがあったら最寄りの警察に相談しましょう。立ち去ったらそのまま放置しましょう。

そしてドライブレコーダーが搭載されていることも伝えましょう。いきなり走る車が停止して車から降りて来て口論になった場合はドライブレコーダーに録画されていることを伝えるようにします。

相手を撮影する時は車のドアをロックして車からは絶対に降りないことです。万が一車を叩かれたり、蹴られたとしてもスマートフォンで撮影して耐えた後で被害届を出すようにしましょう。

なぜ車の運転でトラブルになり喧嘩にもなりやすいのか

車でのトラブルが起こりやすい場所として多い場所がサービスエリアでのトラブルです。煽った煽られたなどがあります。車間距離を狭めたり、パッシングをしたり、相手の車両の前に出て相手の車を止めたりするのです。そして車から降りて相手に因縁をつけて喧嘩をするのです。

喧嘩が発生すると警察官が現場に行き、仲裁をしに行くことが多くあります。この喧嘩の多くが交通トラブルが多いのです。割込みをされたと感じたり、クラクションを鳴らされたことに頭に来る人もいるのです。

車の運転する行為は、自分を大きく見せることが出来ます。スピードを出してテクニックがあるように運転したり、横柄な態度で運転したり、威圧的な車を運転したりする人もいます。自分を大きく見せたくなるのは、車の運転には男性的価値観が伴います。車そのものや車を運転する行為、車に対する知識だったりするのです。

そのようなことから、車の運転でトラブルになりやすいのは男性の方が多いのかもしれません。

車のトラブル時に身を守るためには?

もし車のトラブルに巻き込まれた場合身を守る方法はあるのでしょうか。

喧嘩になり車外に出ると、何もしていなくても相手が突き飛ばしたなど言う場合もあるのです。相手が診断書を取れば、何もしていなくても、傷害罪になってしまう可能性もあります。そのようなトラブルに慣れている人もいるので、挑発されても車の外には絶対に出ないで、警察に通報しましょう。

小競り合いでも暴力は犯罪です。相手にケガをさせたら、傷害罪になってしまい、懲役もしくは罰金という法定刑になってしまうのです。

鍵になるのは、警察への通報です。自分の身を守るためには先に通報することです。逆に相手に先に通報されると面倒なことになります。こちらが被害者と言っても聞き入れてもらえない可能性が高いからです。

車のトラブル最近多発している「あおり運転」にもし遭遇したら?

いつ誰でも遭遇する可能性がある車のトラブルのあおり運転。トラブルに巻き込まれないようにするためにはどのようにするといいのでしょうか。

車の運転をしていて、あおり運転をされたら、相手にしないのが1番の対処法です。煽り返したりするのはトラブルの原因になるので相手に道を譲りましょう。道を譲っても煽ってくる時は無視しましょう。

トラブルに遭わないためには、十分な車間距離を取り、安全な場所に停車し、警察に状況を正確に伝えるために、トラブルの状況、相手のナンバーや車種などをしっかりと記憶しておきましょう。状況によっては相手が車から降りてきて、文句を言う可能性もあるので、ドアロックはしっかりしましょう。喧嘩を言う相手と同じように車から降りて文句を言うことだけは絶対に避けましょう。

煽り運転に遭遇して、トラブルになったら自分で対応や、解決をしないで警察に通報することをオススメします。