注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

軽トラの運転のコツ!普通自動車との違いと運転方法

軽トラというと、農家の方が乗っている車というイメージがありませんか?
しかし、最近はそれだけではないようです。さまざまな目的に合わせて軽トラを選ぶ人もいます。
引っ越しにも便利ですし、少人数のキャンプに利用する人もいます。

しかし、軽トラを運転した経験がある方は少ないですよね?
軽トラの運転のコツや普通自動車との違いをご紹介します。

軽トラの特徴を踏まえて、安全運転で楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボウリングの練習は自宅でも簡単に出来る!方法と上達のコツとは

ボウリングは子供から大人まで楽しめる娯楽でもあり、スポーツでもありますね。ボウリングが上手く...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

子供が欲しい妻と欲しくない夫、離婚前にできることはあるのか

結婚したらすぐに子供が欲しい妻とこの先も子供は欲しくないという夫。実はこの「子供が欲しい、欲しく...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」とい...

100均のカッパを子供に選ぶ時のポイントとリメイクアイデア

小さな子供の場合、雨の日にはカッパが必需品です。カッパを購入する場合には、子供服売り場やホームセ...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

スポンサーリンク

軽トラの運転のコツは?普通車との違い

慣れない人が軽トラに乗って感じることは、バックのしにくさ・ハンドルの効き過ぎ・ブレーキが効きにくさなどがあります。

普通車よりも後ろの視界が悪く、荷台に物を積み込むとより見づらくなるためバックする時に難しいと感じてしまうのです。

加えてホイールベース(前輪と後輪の距離)が短く小回りが効くため、普通車とはハンドル操作の感覚が異なります。

その他、ブレーキを踏み込んだ時に効き始めるまでのストロークが長く感じので、ブレーキが効きにくい印象を持ちます。

慣れない軽トラの運転では、次のようなことに気をつけると良いでしょう。

【軽トラを運転するコツ】

  • ハンドルの操作はゆっくりと
  • ブレーキはいつもより早めを心がけて
  • タイヤの位置を把握する

コーナーを曲がる時は、ハンドル操作を遅めのタイミングで行う方が上手く曲がれます。
逆にブレーキは早めにかけることを心がけます。特に注意が必要なバックでは、シートベルトを外し窓を開けて左右・後方の確認を行いましょう。

最初は違和感があっても、少し運転していれば慣れてきますよ。

軽トラの運転にはコツが必要!乗ってみて感じたことは

軽トラに不慣れな人が運転してみて感じることには、次のようなことがあるでしょう。

  • エンジンのパワーが物足りない
  • 後方視界が悪いのでバックが怖い
  • 車体の前方に重心があるのでバランスが悪く、コーナーが曲がりにくい
  • 重心が高くカーブやコーナーで車体が不安定になりやすい
  • もともと付属のタイヤではグリップが弱い
  • ブレーキのストロークが長く、普通車の感覚でブレーキを踏むと効きが悪く感じる
  • 左右のタイヤの回転を合わせるデフロックが搭載されていない軽トラでは内外回転差を感じる

これらの違和感は、荷台に荷物を乗せているとより強く感じるものも多く、荷物を乗せているほど運転しづらく感じることになるでしょう。

ここまで見ると軽トラは「運転しづらい車」のように感じるかもしれませんが、基礎的な運転テクニックを磨くために適した車だとも言えます。

軽トラを自在に操れるようになってから普通車に乗ると、かなり運転しやすく感じるのではないでしょうか。

軽トラの運転のコツ…普通車との違いを理解して運転

ここまで見て来て運転のしにくさが目立つ軽トラですが、コツをつかめば軽トラのほうが乗りやすいし便利だと愛用している人も多いのです。

普通車との違いとコツを理解しておけば、決して乗りにくい車ではありません。

ホイールベースが短いので、直線ではふらつきやすさを感じます。しかし、小回りが効くので狭い場所での切り返しは楽になります。道幅の狭い場所でも小回りが効くので動きやすいのもメリット。

車高が高いので普通車よりも段差に強く、野山でも活躍する場面が多くあります。高さがあるということは、他の普通車とライトの高さが異なるので夜の走行時に対向車や後続車のライトを眩しく感じることが少ない利点があります。

ただし、車高が高いということは横風に弱いので強風の日は注意が必要。

軽トラとはいえ「トラック」ですからマニュアルの場合ギヤ比が低速寄りです。低速のパワー・加速はありますが高回転での伸びがないのでシフトアップは早めを心がけるのがコツです。

軽トラにはマニュアル車も多い!マニュアル車の運転のコツ

1980年代にはマニュアル車・オートマ車の割合は半々程度でしたが、2000年以後どんどんマニュアル車の販売数は減り続け今や数%程度。

しかし軽トラは、まだまだマニュアル車も多いのです。普段オートマしか乗っていない人は、マニュアル車の運転のコツをおさらいしておきましょう。

マニュアル車運転のコツはなんといっても「半クラッチ」にあり!

教習所でも半クラッチが上手くできずに何度もエンストした記憶が蘇りませんか?

クラッチの踏み方は、かかとは付けたままで支店にしてペダルを操作する方法と、完全にクラッチペダルに足を乗せて膝を浮かせて操作する方法があります。
自分のやりやすい方法でかまいません。

半クラッチのコツは、クラッチを踏んだ左足の浮かせたときにエンジンの振動の伝わりと感じること。
振動の伝わりが大きくなってきたところでアクセルをゆっくり踏み込みながらクラッチを離します。

慣れると坂道発進でも平地と同じ感覚で操作できます。

走行時スピードを落とす時は、しっかりと速度が落ちてからシフトダウンします。停車したらギアはローに入れるクセをつけましょう。

操作が多いマニュアル車は面倒だと思われがちですが、慣れると操作が多いことが車の運転の楽しみになりますよ。

軽トラをレンタルしてキャンプに出かける人も

「遊びに行くのにレンタカーで軽トラを借りるなんてかっこ悪い」そう思ったあなた。
実は使い方によってはレジャーにもってこいなのが軽トラです。アウトドアなら荷物がたくさん積めるし、普通車車高が高いので多少の悪路でも大丈夫。

狭い場所でも小回りが効くのが思ったより便利です。

問題は運転手も入れて二人しか乗れないこと。でも、アウトドアデートなら二人乗りで充分じゃありませんか?

アイデア次第でいろいろな楽しみ方ができるのが軽トラなのです。

ただし、注意が必要なのは荷物の積み方。あまり大きな物を乗せて荷台からはみ出してしまうと違反になってしまいます。

また、荷台に積んだ荷物はしっかり固定しないと走行中に傾いたり、落ちてしまうことがあるので積み方に注意したり、ベルトや紐でしっかり固定することが大切です。