注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまいますよね。毎日、運転をしている私もその1人です。

では、車がすれ違うときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

慌てずに、しっかりと対応をすれば車のすれ違いは怖くありません。車のすれ違いが怖いのを克服するヒントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。ブレーキパットの交換につい...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

5ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方と発達に合わせたおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんは寝返りもできるようになり、物を掴むこともだいぶん上手になります。この時期の赤ち...

プラバンの作り方!トースターを使った歪まない焼き方のコツ

プラバンを使用したハンドメイドを数多く見かけるようになりました。子供の頃に使ったプラバンとは思えない...

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

寝かしつけに音楽は効果的!音楽が幼児の成長に与える良い効果

寝かしつけの時に音楽をかけると、幼児の寝かしつけや成長に効果的だという話を聞いたことがある人もいます...

生後5ヶ月でミルクの量が減る原因と対策・離乳食と成長の目安

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、今までよりもミルクの量が減るということがあります。赤ちゃんは大きくなっ...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

スポンサーリンク

車のすれ違いが怖いのはまだ感覚がつかめていないため

車のすれ違いが怖い方に、すれ違うときの基本的な運転の仕方をご紹介します。

車とすれ違うときはまずスピードを落としましょう。
スピードが出ているままだと万が一の事故も防げなくなってしまいます。

徐行の速度まで落としていつでも止まれる状態にしておくことが大切です。
運転に不慣れな方はハンドル操作もまだ完璧にはできないですよね。
万が一スピードが出ている状態でぶつかってしまった場合、その時に生じる損傷がおおきいものになってしまいます。

修理代も高くかかってしまうため、損傷を最小限に抑えるためスピードを落とすということは運転の基本ですね。

 

すれ違いが怖い方は自分の車の車幅の感覚を掴んでおくと運転がしやすくなります。

車幅の実数値ではなく、運転席から見える幅がどの程度なのかを把握しておくと良いです。
確認方法ですが、道路に引かれている左側の白線が運転席からの目線でボンネットの中央部分に来ているとタイヤが白線上にあるということになります。

車のすれ違いが怖いなら相手に行ってもらうと良い

車のすれ違いが怖いとき、相手に先に行ってもらうとすれ違いが楽になります。

通る道のすべてが広くて余裕のある道ではありませんよね。
入った道がとても狭いもので、対向車が現れないことを祈っていても現れてしまうものです。
運転に慣れていないと狭い道でのすれ違いはとても怖い思いをするかと思います。

対向車が来たと思ったら早い段階で車を左に寄せてゆっくり走るようにすると、相手の方も気をつけているんだとわかってくれます。

対向車とすれ違うときに気をつけたいのが、自分の車体が斜めになってしまうことです。
狭い道で車が斜めになってしまうと相手の車もすれ違いにくくなってしまうので、車体はお互いに真っ直ぐな状態にしてすれ違うようにしましょう。

車を左側に寄せるといってもどの辺りで寄せたら良いのかわからないという方は、電柱などが無いところで車を寄せておくと対向車が進んでくれますよ!

車のすれ違いが怖いときにはアレをたたもう!

対向車とすれ違うときはなるべく道幅が広い場所を選んで確実に左側に車を寄せましょう。
左側の感覚をしっかりとつかみ、右側はぶつからないように目で確認しながら進みます。
道幅がギリギリですれ違うときに余裕が無いという場合は、ドアミラーをたたむことで10センチ以上の余裕ができます。

このような場所では徐行が大切ですが、場合によっては停車することも大切です。
停車していれば車をこすってしまうという可能性も低くなります。

 

対向車とのすれ違いが怖くても慎重に運転することを心がけていれば大丈夫です。

狭い道での運転の恐怖心がなくなれば、もっとドライブが楽しくなりますよ!

車の周辺の障害物は運転席からは死角となって見えないので、運転する前に車の周りを1周ぐるりと確認してから運転を開始しましょう。
周りの状況がよくわからない場合は同乗者に降りて見てもらうことも良いですね。

車のすれ違いは怖いと思うくらいが安全かも

車をぶつけてしまったとき、原因は自分が車幅感覚をわかっていなかったからということではありません。

車幅感覚をわかっている人でも車をぶつけてしまうことはあります。
車幅がわからないまま通れるかどうかがわからない道を走ったりすり抜けたりすることも同じことですが、そうしてぶつけてしまった場合自分の運転が下手だった・車幅がわからなかったと考えている人は間違いです。

車幅感覚がわからないならその道を通らなければよい話ですよね。
車幅がわからないけど、通れるかどうかをイチかバチかで走ってみたらだめだったという賭け事のような運転をしているからぶつけてしまうのです。

車幅がわかっていなくてもその道を通ってぶつけてしまうか通らないでぶつけないかということが問題になります。
車幅がわからなくても問題はありませんので、気軽にハンドルお握り慎重に走ることを大切にしてください。

車のすれ違いで怖いのがバックすること そうなったときには?

狭い道を走っているときに大型のトラックやバスが入ってきてしまったら、おそらくトラックやバスは停止するかとおもいます。
そうなった場合は速やかに交差点へ入りましょう。
そうでなければ車をバックさせなくてはいけなくなります。

自動車同士がすれ違うスペースが無い場合はどちらかの車両が待つようにしなければいけません。
基本的には深く侵入している自動車の方を優先して通すと考える必要があります。

狭い道に入ろうとしたとき、対向車がいたら停車してその対向車が出てくるまで待つという方法もあります。
また、ある程度まで入って対向車がいたらバックして通れるようにすることもできますが、バックする場合後ろ側がどうなっているのかわからないためぶつけてしまう可能性が高くなります。

バックする場合は対向車の人に後ろを見てもらうことでぶつけることはなくなります。
バックすることに不安がある場合は頼ることも大切です。