注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまいますよね。毎日、運転をしている私もその1人です。

では、車がすれ違うときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

慌てずに、しっかりと対応をすれば車のすれ違いは怖くありません。車のすれ違いが怖いのを克服するヒントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

亀の飼い方!室内での飼育方法と育て方のポイント

ペットを飼いたいけど、あまりお世話をする時間が取れない方や、留守にする時間が長いという理由で亀を飼っ...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

離乳食を冷凍して持ち運びする場合の注意点について解説します

夏休みやお盆など夏の暑い時に帰省などで長時間移動するとなると、離乳食の持ち運びをどうするか悩んでしま...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

スポンサーリンク

車のすれ違いが怖いのはまだ感覚がつかめていないため

車のすれ違いが怖い方に、すれ違うときの基本的な運転の仕方をご紹介します。

車とすれ違うときはまずスピードを落としましょう。
スピードが出ているままだと万が一の事故も防げなくなってしまいます。

徐行の速度まで落としていつでも止まれる状態にしておくことが大切です。
運転に不慣れな方はハンドル操作もまだ完璧にはできないですよね。
万が一スピードが出ている状態でぶつかってしまった場合、その時に生じる損傷がおおきいものになってしまいます。

修理代も高くかかってしまうため、損傷を最小限に抑えるためスピードを落とすということは運転の基本ですね。

 

すれ違いが怖い方は自分の車の車幅の感覚を掴んでおくと運転がしやすくなります。

車幅の実数値ではなく、運転席から見える幅がどの程度なのかを把握しておくと良いです。
確認方法ですが、道路に引かれている左側の白線が運転席からの目線でボンネットの中央部分に来ているとタイヤが白線上にあるということになります。

車のすれ違いが怖いなら相手に行ってもらうと良い

車のすれ違いが怖いとき、相手に先に行ってもらうとすれ違いが楽になります。

通る道のすべてが広くて余裕のある道ではありませんよね。
入った道がとても狭いもので、対向車が現れないことを祈っていても現れてしまうものです。
運転に慣れていないと狭い道でのすれ違いはとても怖い思いをするかと思います。

対向車が来たと思ったら早い段階で車を左に寄せてゆっくり走るようにすると、相手の方も気をつけているんだとわかってくれます。

対向車とすれ違うときに気をつけたいのが、自分の車体が斜めになってしまうことです。
狭い道で車が斜めになってしまうと相手の車もすれ違いにくくなってしまうので、車体はお互いに真っ直ぐな状態にしてすれ違うようにしましょう。

車を左側に寄せるといってもどの辺りで寄せたら良いのかわからないという方は、電柱などが無いところで車を寄せておくと対向車が進んでくれますよ!

車のすれ違いが怖いときにはアレをたたもう!

対向車とすれ違うときはなるべく道幅が広い場所を選んで確実に左側に車を寄せましょう。
左側の感覚をしっかりとつかみ、右側はぶつからないように目で確認しながら進みます。
道幅がギリギリですれ違うときに余裕が無いという場合は、ドアミラーをたたむことで10センチ以上の余裕ができます。

このような場所では徐行が大切ですが、場合によっては停車することも大切です。
停車していれば車をこすってしまうという可能性も低くなります。

 

対向車とのすれ違いが怖くても慎重に運転することを心がけていれば大丈夫です。

狭い道での運転の恐怖心がなくなれば、もっとドライブが楽しくなりますよ!

車の周辺の障害物は運転席からは死角となって見えないので、運転する前に車の周りを1周ぐるりと確認してから運転を開始しましょう。
周りの状況がよくわからない場合は同乗者に降りて見てもらうことも良いですね。

車のすれ違いは怖いと思うくらいが安全かも

車をぶつけてしまったとき、原因は自分が車幅感覚をわかっていなかったからということではありません。

車幅感覚をわかっている人でも車をぶつけてしまうことはあります。
車幅がわからないまま通れるかどうかがわからない道を走ったりすり抜けたりすることも同じことですが、そうしてぶつけてしまった場合自分の運転が下手だった・車幅がわからなかったと考えている人は間違いです。

車幅感覚がわからないならその道を通らなければよい話ですよね。
車幅がわからないけど、通れるかどうかをイチかバチかで走ってみたらだめだったという賭け事のような運転をしているからぶつけてしまうのです。

車幅がわかっていなくてもその道を通ってぶつけてしまうか通らないでぶつけないかということが問題になります。
車幅がわからなくても問題はありませんので、気軽にハンドルお握り慎重に走ることを大切にしてください。

車のすれ違いで怖いのがバックすること そうなったときには?

狭い道を走っているときに大型のトラックやバスが入ってきてしまったら、おそらくトラックやバスは停止するかとおもいます。
そうなった場合は速やかに交差点へ入りましょう。
そうでなければ車をバックさせなくてはいけなくなります。

自動車同士がすれ違うスペースが無い場合はどちらかの車両が待つようにしなければいけません。
基本的には深く侵入している自動車の方を優先して通すと考える必要があります。

狭い道に入ろうとしたとき、対向車がいたら停車してその対向車が出てくるまで待つという方法もあります。
また、ある程度まで入って対向車がいたらバックして通れるようにすることもできますが、バックする場合後ろ側がどうなっているのかわからないためぶつけてしまう可能性が高くなります。

バックする場合は対向車の人に後ろを見てもらうことでぶつけることはなくなります。
バックすることに不安がある場合は頼ることも大切です。