注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?
赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!
赤ちゃんが嬉しいと感情表現しなくても、『脳が喜ぶ音楽効果』があります。

クラッシックは有名ですが、様々なジャンルの音楽に触れさせてあげましょう。

DVDやスマホを使った育児には賛否両論ありますが、一日15分程度ならママにとってもリラックスタイムになるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?赤ちゃんのげっぷ対策

赤ちゃんに授乳をしている最中に、そのまま赤ちゃんが寝ることってありますよね。授乳のあとはげっぷを...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやす...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

子供の名前。キラキラさせちゃって後悔しています。変えたい!

子供の名前。マタニティーハイで、世界一の名前だと突っ走ってしまったけど、日々その名前で子供のこと...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

スポンサーリンク

赤ちゃんに音楽を聴かせる!脳が喜ぶ音楽の効果とは?

赤ちゃんを喜ばせたり、脳の発達を促す為に赤ちゃんに音楽を聴かせるのは効果的です。
赤ちゃんを笑わせるだけではなく、脳が喜ぶ音楽の効果とは、どういったものなのでしょうか?

大人でも、テンポの早い音楽を聴いてテンションが上がったり、ゆったりしたリズムの曲を聴いて、リラックスしたりますよね。
それは、赤ちゃんにも当てはまる事なのです。

赤ちゃんと音楽

赤ちゃんの頃から音楽に慣れ親しんでいると、コミュニケーション能力が高まったり、言語能力の発達が良くなるなど、脳に良い刺激を与える事が出来ます。

だからと言って、一日中音楽をかけっぱなしにする必要はありませんが、一日15分程度の音楽タイムを設けて、赤ちゃんとママのふれあいタイムや、リラックスタイムにしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんは音楽が大好き!動画見せると喜ぶけど、赤ちゃんに見せてもいいの?

赤ちゃんは音楽が大好き

スマホやタブレットで動画見せると喜ぶけど、赤ちゃんに見せてもいいのでしょうか?

「スマホ育児」なんて言葉があるように、スマホを赤ちゃんに渡して、その間にママが好きな事をしているなんて事をよく耳にします。
そういった事を「教育に良くない」なんて言って目くじらを立てる人がいますが、本当にそうなのでしょうか。

赤ちゃんは寝ているだけの時期は、すぐに過ぎてしまいます。
寝返りをうつようになったら、ハイハイをするようになって、伝え歩きから、よちよち歩きまで、すぐに成長してしまいます。
そんなじっとしていられない赤ちゃんの世話を、片時も離さずに出来ればいいのですが、ママは、掃除に洗濯、ご飯の準備など、たくさんやる事があります。
その間だけでも、大人しく静かにしていてくれたら、ママ達はどんなに助かるか、言葉では言い表せません。

赤ちゃんにスマホを渡す事に罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、長時間続けて見せたり、目に負担がかからなければ、大いに活用するべきだと思います。
見せる時は、うっかり知り合いに電話などをしないように気を付けましょう。

赤ちゃんが音楽を聴いて喜ぶのはナゼ?

赤ちゃんが音楽を聴いて喜ぶのはナゼでしょうか?

赤ちゃんは、ものすごい速度で成長しています。
それは、体だけではなく、脳にも言える事です。
脳は常に刺激を求めていますから、自分の身の回りにない刺激、例えば音楽を聴くと新しい刺激を得た事で、喜びの表現をします。

とはいえ、発展途中の赤ちゃんですから、大人が聞くようなポップスやロックよりは、シンプルな音とリズムの方が赤ちゃんにも理解しやすいです。
子供のおもちゃで木琴が定番なのは、その理由からなのです。
ですので、子供向けの歌や音楽は、とても理にかなっていると言えます。
手元に楽器や音楽を再生するものがなければ、手を叩いてリズムを取ったりするだけでも、立派な音楽に変わります。

いくつか手遊び遊びを覚えておけば、子供が退屈した時に、良い時間つぶしにもなります。

赤ちゃんって音楽を聴くと喜ぶの?クラッシックは優秀な子守!

赤ちゃんとクラッシック好相性

クラシックには激しい曲もありますが、優しくゆったりした曲もあります。
もし、赤ちゃんの寝かしつけに使うのなら、もちろんゆったりした曲を選びましょう。
大人だけではなく、赤ちゃんにとってもリラックスできます。

CDなどで曲をかけても良いですが、オルゴールを使っても効果的です。
オルゴールのシンプルで優しい旋律は、赤ちゃんを安らかな安眠にいざなってくれるでしょう。
自分の好みで曲を選んでも良いですが、クラシックの中には、子守唄として作られているものもあります。
有名なのは、ブラームスの子守唄ですが、他にも、シューベルトやショパンなどの有名な作曲家が作った子守唄がありますので、いろいろ聞いて、子供の寝かしつけに使ってみましょう。

寝落ちに注意!赤ちゃんの寝かしつけに最適な音楽とは?

「寝落ちに注意!」赤ちゃんの寝かしつけに最適な音楽とは、クラシック以外にどのようなものがあるのでしょうか?

赤ちゃんにママが子守唄を唄う

赤ちゃんが一番安心する音は、やはりママの声です。
ママの優しい声で子守唄を唄ってあげれば、赤ちゃんも安心して眠る事が出来るでしょう。
日本でお馴染みの子守唄はもちろんですが、海外の子守唄でもOKです。
歌詞がよくわからなくても、鼻歌でも充分です。

赤ちゃんの寝かしつけ専用のCDなどを使う

CDなどで、赤ちゃんの寝かしつけに最適な曲をまとめたものがあります。
それを活用して、赤ちゃんを寝かしつけてみるのはいかがでしょうか。
他にする事があって、自分で抱っこして子守唄を唄う時間がない時に役立ちます。

赤ちゃんに胎内音を聴かせる

少し音楽とはことなりますが、赤ちゃんが産まれて外に出るまでに聞いていた胎内音を聴かせるというのも効果的です。
ゴーという砂嵐にも似た音や、心臓の音は大人にとっては雑音でも、赤ちゃんがお腹の中で命の形になった瞬間から聞いている、いわば始めての音楽とも言えます。
CDだけではなく、その音を内蔵したおもちゃも売られています。