注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

8ヶ月なのに胎動が弱い原因とは?対処法を理解しておこう

妊娠8ヶ月にもなると胎動を感じやすいと言われますが「なんだか胎動が弱いのでは?」と心配になることもありますよね。

胎動が弱いと感じると赤ちゃんに何か問題があるのでは、と気になってしまいますが、他にも考えられる原因はあるのでしょうか。

胎動が弱い原因とその対処法を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

吐き気がするけど吐けない!吐きつわりの原因と対処法・期間とは

吐き気がするのに吐けない、辛いつわりの症状に悩まされている人妊婦さんもいますよね。妊娠の喜びもつかの...

産後に里帰りしないママのために食事に関するアイデアを教えます

里帰り出産ではなく、里帰りしない出産を選ぶママが増えているといいますが、一番心配になるのは産後の食事...

お腹の赤ちゃんの胎動が痙攣みたい!胎児の胎動からわかること

初めて胎動を感じた日はとっても嬉しい、幸せな気持ちになりますよね!お腹に赤ちゃんがいるママは...

胎動が弱く感じるもの?9ヶ月頃の胎動と赤ちゃんの様子

それまでは、ママのお腹の中で赤ちゃんが元気いっぱいに動いてたくさん胎動を感じていたのに、妊娠9ヶ月頃...

12wでつわりがぶり返したときのつわりを乗り切る方法と対処法

妊娠12wになってやっとつわりが落ち着いて着たと思ったら、またつわりがぶり返してしまったというママも...

妊娠中に旦那と喧嘩!胎児に与える影響と喧嘩が増えてしまう理由

お腹の中に赤ちゃんがいる時、妊娠前よりも喧嘩をする回数が増えてしまうことがあります。妊娠する...

男性は出産の痛みに耐えられない?痛みの例えと夫にできること

「男性は出産の痛みに耐えられない」という話を耳にしますが、実際に男性が陣痛を経験すると本当に耐えられ...

旦那は「子供いらない」と言っても説得する方法はあります

結婚したら子供を作って家族になる…。そう思っている人が多い反面、必ずしもそう考えていない人もいます。...

産後入院中の服装は何がいいの?服装選びのポイントと注意点

産後の入院日数はママの状況によって差がありますが、早くて5~6日間、長くても10日前後です。...

出産で入院中に義両親が来るタイミングは?ママの心と体を考えて

出産という大仕事を終えて入院中のママたちは、赤ちゃん産んだことで体力もなく、ヘトヘトの状態のことが多...

妊娠6ヶ月はお腹が苦しいとき?対処方法や過ごし方とは

ようやくつわりから開放されたと思ったのに…。妊娠6ヶ月頃からはお腹が苦しいことや張ってくることが増え...

彼女の生理こない!一週間ないのは妊娠?生理がこない原因と対策

彼女から「一週間生理こないの」と言われたとき、男性のあなたはどんなふうに思いますか?驚いてしてどうし...

妊娠中の体調不良を旦那に理解してもらえないのは

妊娠中の体調不良といえば『つわり』ですよね?旦那さんは、彼氏の頃って頼りがいがありましたか?...

つわりでお風呂がしんどいのはなぜ?原因とつわりの時の入浴方法

赤ちゃんを妊娠した喜びもつかの間、辛いつわりの症状に悩まされることもあります。つわりの症状は人ぞれぞ...

22週は性別がわかる確率も上がる!赤ちゃんの性別がわかる時期

妊娠22週頃になると、赤ちゃんの性別がわかることも多くなります。性別を判断できる確率も上がってきます...

スポンサーリンク

8ヶ月で胎動が弱い場合でも、心配しなくてもいい?

妊娠中のお母さんが赤ちゃんが元気かどうか確認できる方法として胎動があります。
胎動が弱いと心配になってしまうお母さんも多いと思います。

胎動の感じ方は人それぞれですし、赤ちゃんもお腹の中で毎日激しく動くとも限りません。
経産婦さんでも1人目より胎動が弱いなと感じることもあるでしょうが、それも赤ちゃんの個性です。
生まれてから活発な子は胎動も激しいと言いますし、おっとりな子はお腹にいる時から大人しかったという話はよく聞きますよね。

また妊娠中も働くお母さんは気が紛れる事が多いので常に胎動に意識する事は少ないと思いますが、家で過ごす妊婦さんは胎動に敏感に感じることが多いです。
その差でも、胎動の感じ方に違いがありますね。

この記事では妊娠8ヶ月で胎動が弱くて大丈夫なのかという記事ですが、少しでも胎動を感じお母さんの体調に変化がないのであれば、神経質になることはありません。

それでも不安を感じたり、心配でしたら受診し医師にすぐ相談しましょう。

8ヶ月なのに胎動が弱い時には

妊娠8ヶ月の赤ちゃんの胎動が弱く感じた時には、話しかけながら優しくお腹をさすってみましょう。
眠ったりしている赤ちゃんがお母さんの温もりを感じたら、お母さんの声に反応してくれる時がありますよ。

毎日慌しく忙しいお母さんや、お母さんや赤ちゃんの体勢によって胎動が感じにくいことや赤ちゃんが動きづらくしている可能性があります。
ゆっくりする時間を作ったり、体勢を変えると赤ちゃんも動きやすくなり胎動を感じられることがあります。

胎動が弱いと感じたら寝返りや、違う動きをしてみてください。
そうすることで赤ちゃんの体勢も変わり活発に動き出すことがあります。

このように、お母さんの体勢や日々の活動をいつもと少し変える事で、弱いと感じてた胎動も強く感じることができるかもしれませんね。

このような方法で赤ちゃんの胎動が弱いのは問題ないかどうかを調べる事ができますが、心配や不安が癒えない場合、妊娠中のストレスはあまり良くないので早めに医師に相談しましょうね。

夜の方が胎動を感じやすいというのはホント?

胎動が弱いと感じる人は、夜寝る前やベットに入ってからのお母さんがゆっくりしている時間帯はどうですか。

昼間がお母さんが動く事が多いため胎動を感じにくいことがありますが、夜のゆっくりしている時間は胎動が強く感じることが多いです。

よく、寝る時に限って赤ちゃんが活発になりだし眠れないというお母さんがいますね。
なぜかといいますと、お母さんが寝静まる夜間はお母さんから赤ちゃんへと血流の流れがよく栄養をより送りやすくなるため赤ちゃんが活発に動き出すといわれています。

また、哺乳類である人間も哺乳類の動物と同じような習性があり、哺乳類の動物は赤ちゃんを守るために明るく敵に狙われやすい昼間は赤ちゃんと共に薄暗い洞窟で静かに身を隠しています。

その生態は哺乳類である人間にもあるということがわかっています。
夜に赤ちゃんが活発になるのはこの遺伝子が人間にもあるためとも言われているんですよ。

赤ちゃんの胎動にはこんなに種類があります

  • 手足を伸ばす
    大人でも寝起きやリラックスしたい時に、体の手足を伸ばすとその効果を感じますよね。
    赤ちゃんも同じ動きをします。
    検診中のエコーでも運が良ければその姿を見れますよ。
  • 体を回転させる、向きを変える
    激しくゴロンッとお腹が大きく揺れ、胎動を感じることがあります。
    それは赤ちゃんが体の向きを変えたり、お腹の中で回転のような動きをしています。
    これは体が大きくなるとお腹の中の広さには回転する余裕がなくなるので、まだ体が小さいうちだけの動きになります。
  • しゃっくり
    一定の速さで規則的にピクピクしているのはしゃっくりですよ。
    この胎動は頻繁に感じることができると思います。
  • パンチ、キック
    パンチやキックされている時はお腹がボコボコします。
    赤ちゃんが大きくなると痛みとして感じることもあり、パンチのグーしているこぶしの形がお腹の表面に浮き出ることもあるんですよ。