注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの体重が増えなくなってしまうと、どこか体の調子が悪いのではないかと不安になることもあるでしょう。

赤ちゃんの体重が増えなくなってしまうのにはどんな原因があるのでしょうか。増えなくても大丈夫?

そこで今回は、4ヶ月の赤ちゃんの平均体重と、体重の増え方についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じ...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

幼稚園の夏休みの思い出の作り方や子供と有意義に過ごすポイント

幼稚園の夏休みには、思い出作りを子供とたくさんしたいですよね。せっかくだから思い出作りに家族...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?平均在籍年数は2~3年と言われ...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

スポンサーリンク

4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない!成長曲線を確認してみて!

生後4ヶ月を過ぎた赤ちゃんの体重が増えなくなったと感じるママもいるかと思います。
たくさんミルクや母乳を飲んで体格がぷくぷくしてきたと思ったら、最近なんだか細くなってきたかも?と感じたりこれからも成長していくのに、このまま成長していくと思うと心配になったり、最近ミルクや母乳の飲みが悪い理由は嫌いになっているからなの?と考えることもありますよね。

今までしっかりミルクや母乳を飲んでいた赤ちゃんも成長していくにつれて飲む量も変わっていきます。
今までは少しでもお腹が空くと飲んでいたのに比べて、これからは本当にお腹が空いた時にしか飲まなくなるのです。

体重が増えなくて心配な時は、赤ちゃんの体重が成長曲線の範囲内にあるかどうかを確認しましょう。

生後4ヶ月まではどんどん体重が増えていきますが、4ヶ月を過ぎたあたりから体重が増えるスピードは緩やかになるので、きちんと健診に行っていて問題が無いと言われているなら心配はいりません。

体重が増えないけど大丈夫?4ヶ月の赤ちゃんの体重

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重は、男女の差や身長の差によって変わってきますが、大体5.3キロ~8.7キロほどです。

成長曲線を参考にしますが、この成長曲線はあくまで目安なので、ギリギリ範囲内に入らなかったからといって深刻に考えることはありません。
赤ちゃんの出生時の体重から月単位で増えていく身長と体重が成長曲線のカーブに沿っているかが重要になります。

生後4ヶ月頃にはミルクの授乳回数や睡眠時間などが安定してきて、赤ちゃんの生活リズムが掴めて来て楽になったというママも多いようです。

赤ちゃんの体重が思うように増えず心配になる方もいるかと思いますが、赤ちゃんの体重や体重の増え方にも個人差があるので、健診などで特に問題が無い場合はあまり深く考えすぎずに見守ることも大切ですよ。

それでも心配で仕方が無いという方は、健診時に相談してみるのも良いことです。
子育てをしている中で心配なことやわからないことは気軽に相談することが大切ですよ!

体重が増えない4ヶ月の赤ちゃん・授乳の間隔や飲む量は?

生後4ヶ月の赤ちゃんは授乳のリズムが整ってくる頃です。
授乳回数は1日5~6回ほどで、授乳間隔は日中は大体4時間おきで夜は5時間おきくらいが目安となります。
赤ちゃんによって多少前後したりしますが、目安なのでぴったりこの時間にということはありませんよ!
母乳はどれくらいの量を飲んでいるかわからないので欲しがるだけあげて、ミルクの場合はミルク缶に書いている量を守ってあげましょう。

ミルクを与えすぎてしまうと肥満児になってしまうので注意してください。

離乳食が始まるとミルクや母乳を飲む量は減ります。
しかし、母乳には消化を助け栄養の吸収を良くする働きがあるので、欲しがるだけあげましょう。

遊び飲みが目立つ場合は様子を見て積極的に飲まなければ切り上げて、次の授乳時間を早めてあげて良いです。
ミルクの場合は残したものは捨てて新しく作り直したものを次の授乳の時にあげましょう。
この頃の免疫力はまだ低いので、少しの菌でも大きな病気に繋がってしまうことがあります。
常に清潔を保つようにしましょう。

赤ちゃんの体重が増えない!母乳の場合は出る量が足りないかも

生後4ヶ月頃の赤ちゃんのミルクを飲む量は1回約200ミリリットルほどです。
この量を1日5回を目安に飲ませます。

1度に飲む量が多くなるので、授乳間隔が5時間ほど空くようになり、夜の授乳回数も減っていきます。
母乳とミルクの混合の場合は母乳量に合わせてミルクをあげましょう。

赤ちゃんの体重が思うように増えない場合、母乳の量が足りていない可能性があります。
母乳をあげた後に赤ちゃんが物足りないように泣くからとミルクをあげ、母乳よりもミルクをあげることが多くなってしまうと母乳量は減ってしまいます。

母乳の量が足りなくても赤ちゃんに吸わせることで、この量じゃ足りない!と体が判断してどんどん作られるようになるのです。
反対に母乳をあげなくなると、体は母乳の量が足りているんだと判断して作られなくなってしまうのです。

母乳の量が足りなくてミルクで補っていても、母乳を飲ませる回数は減らさないようにしましょう。
母乳は赤ちゃんにとって良い事がたくさんあるので、なるべく母乳を飲ませて育てたいものですね。

赤ちゃんの体重は増えないのにはこんな理由があることも

赤ちゃんの体重が増えない理由は遊び飲みをしているだけではなく、運動量が多いことも考えられます。

生後4ヶ月を過ぎると寝返りや早い子でハイハイをして活発に動き回ることがあります。
そのため、カロリーを消費しやすく体重が増えにくいのです。

元気に動き回ることは良いことなので、母乳やミルク、離乳食などで摂取するカロリーを増やしてあげましょう。

また、体重が増えないのは身長が伸びていることも考えられます。
赤ちゃんは身長と体重が交互に増えると言われているので、体重が増えない今は身長が伸びている時期かもしれません。

体重が増えないからと1日ごとに体重を測って気にするのは良いことではありません。
1週間ごとに体重を見るようにしましょう。
体重があまり増えなくても赤ちゃんが元気でおしっこもきちんと出ていれば心配いりませんよ!