注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいますよね。

生後4ヶ月頃の赤ちゃんの体重は一体どのくらいが平均なのでしょうか。1日の授乳量や成長の目安を確認して、楽しく子育てをしましょう。

そこで今回は、生後4ヶ月の赤ちゃんの平均体重と身長・1日に飲む母乳やミルクの量についてお伝えします。参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

親がいない。ふとした瞬間に感じる寂しい感情

親がいない。親がこの世を去る。もう、会うことができない。ふとした瞬間に、猛烈な寂...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

鯉の飼育は水槽で!初心者が飼育する場合の注意点を解説します

池で優雅に泳いでいる鯉を見ると、自分でも飼育してみたくなりますよね。でも池がないから…。とあ...

跳び箱の練習場所が自宅でできるコツや飛べるようになるポイント

跳び箱の練習は、場所や跳び箱がなくても基礎となる練習や必要な練習をすることができます。では、...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか?...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

スポンサーリンク

体重が少ない?生後4ヶ月の赤ちゃんの成長

4ヶ月の赤ちゃんの身長、体重の目安

  • 女のコ 身長58~67cm 体重5~8kg
  • 男のコ 身長60~69cm 体重6~9kg

4ヶ月の赤ちゃんは喃語が話せるようになり、まだおすわりはできないものの、抱えて膝に座らせてあげるとご機嫌でニコニコと笑う姿はお母さんにとって癒やしそのものですよね。

この時期から昼と夜の区別がつくようになりますので、夜まとまった時間寝てくれる子が増えます。
しかし、日々の生活習慣次第では全然寝ない子になってしまいますので、この時期から生活習慣に気をつけていきましょう。
生活習慣が整っている子は昼寝や夜の寝付き食欲などにも差がでてきますよ。

成長の過程はあくまでも目安でありますので、身長が高い、体重が少ないなどの多少の差はありますのであまり心配なさらないでくださいね。

生後4ヶ月で体重の増え方が少ないと感じる時は授乳量を確認してみよう

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増え方が少ないと感じ、心配になるお母さんはたくさんいらっしゃいます。

赤ちゃんがどのくらい飲んでいるか授乳量を確認してみましょう。
母乳の場合は、授乳の前後でお母さんが体重計に乗って見ましょう。
その差が、赤ちゃんが母乳を飲んでいる量です。

混合の場合は母乳を欲しがる時に授乳しましょう。
ミルクは足りない分だけ足します。
母乳はミルクと違い肥満になる成分は少なく、胃に負担もかかりにくいですので、ミルクのように制限は必要ありません。

4ヶ月の時期ですと1日5~6回程度で4~5時間おきに授乳することが多いですよ。
授乳のリズムがついてくるので、それだけでも外出がしやすくなりますね。

遊び飲みが始まるのもこの時期ですから、赤ちゃんが飲んでいるようで、本当は飲んでいないこともありえます。
「さっき飲んでたのに…」と疑問に思うかもしれませんが、遊び飲みで飲んでいないか、足りなかったと考えられるでしょう。

ミルク育児の場合は、ミルクの缶に表示されている目安を基準にしましょう。
ミルクは赤ちゃんが必要な栄養分が豊富に含まれていますので与え過ぎは肥満につながります。

生後4ヶ月頃は体重の増え方が少ない事もある

生後4ヶ月までは体重の増えがいちじるしくわかりますが、4ヶ月をすぎたあたりから体重の増えが少ないことがよくあります。

それは赤ちゃんが成長と共に動きが活発になるのが原因と考えられます。
手足の上げ伸ばしや、寝返り、首が据わると、それだけエネルギーも使いますので、飲んだ分だけ消費しているともいえます。

生後4ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

  • よだれが多くなる
    (唾液の分泌量がおおくなるため)
  • なんでも触ろうと手を伸ばし口にいれる
    (食べて良いのか悪いのかの判断はまだない)
    怒る、泣く、笑う、表情が豊かになる
  • 体内時計が整い、昼夜の区別がつく
  • 昼寝、授乳のリズムがつく
  • 夜まとまった時間寝るようになる
  • 授乳やミルクの遊び飲み

これらができるようになるだけ体や脳も発達するのですが、その分体力も赤ちゃんなりに使っているのです。

4ヶ月で遊び飲みが始まる赤ちゃんも!体重が増えない時の受診の目安は?

生後4ヶ月になると授乳の回数や飲む量が安定してきて、体も発達してきますので、これまでみたく泣いては飲んで寝るだけということもなくなります。

運動量も自然と増えているため、飲んだ分だけ消費し、目もしっかり見えてきますので色々な事への興味を示すため、育児も授乳がメインではなくなってきます。

遊び飲みも増え飲んでいるようで飲んでいなく、体重の増えが少なくなる場合もありますが、それは生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴でもあります。

食欲旺盛の日もあれば、違うことへ興味が向き飲みが悪い日もあり、赤ちゃんの気分によって異なります。

機嫌よく遊び、飲まない翌日には良く飲み、体や排尿や便の量や状態に異常がないのであればそれも赤ちゃんの成長といえるでしょう。

心配であれば保健師さんなどに相談してみましょう。

体重が少ないと感じる時は検診で相談してみるという方法も

赤ちゃんの生活習慣は整っていますか。
生後4ヶ月になると、体内時計もある程度できてきます。
日々の生活次第では、夜に起きて昼に寝る生活にさせてしまうということにもなりかねません。
毎日決まった時間に起床し太陽の光を浴びさせ、パジャマから服へ着替え、顔を拭くことで朝と認識し、お風呂上がりのパジャマ、カーテンを閉め電気を消すことで就寝時間と認識していきます。

またこの生活習慣の乱れが食欲不振などにもつながりますので、生活習慣をしっかり整えてあげることがとても大切です。

体重の増えが少ないと心配になり、それがどんどん加速していく可能性もありますので、そうならないうちに、先輩ママさんや保健師さん、赤ちゃんの定期検診のついでに医師に相談してみましょうね。