注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?

生後5ヶ月の赤ちゃんになると、なかなか夜に寝てくれない、夜泣きが急に始まったなんてことも多いようです。

では、なかなか寝ない赤ちゃんに寝かしつけをするならどんな方法がいいのでしょうか?オススメは?

そこで、生後5ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ないときにオススメな寝かしつけの方法などについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミルクと母乳の混合育児をする場合のミルクの足し方や方法とは

赤ちゃんは出来るだけ、母乳で育てたいと思いますね。ですが母乳の出方には個人差があります。...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

漢字の書き取りが苦手な子供の勉強方法と覚えさせるためのコツ

小学校でも学年が上がるにつれて覚える漢字の量は増えていきますよね。でも、子供が漢字の書き取り...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

バドミントンを子供の初心者に指導する際に心掛けたいこと

バドミントン初心者の子供にどう指導するべきか、コーチとして一番悩むところでしょう。バドミント...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

ミルクの間隔が3時間なのはいつまで?赤ちゃんの授乳の間隔

赤ちゃんが誕生した瞬間からずっと、ママは赤ちゃんのお世話で大忙しになりますよね。オムツ替えや授乳、沐...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?寝かしつけは必要?

生後5ヶ月の赤ちゃんの1日の睡眠時間は13時間前後です。個人差はあるものの、昼寝は2~4時間、夜は9~10時間が目安になります。

生後5ヶ月頃になると、段々夕寝をしなくなります、お昼寝は午前中に1回、午後に1回する赤ちゃんが多くなります。夕方でも体力がある赤ちゃんは夕寝をやめさせるいいタイミングになります。

夕寝をやめさせる場合、早めにお風呂に入れましょう。入浴後はいつもより早めに寝かせます、午前と午後のお昼寝が安定したら、夜の就寝に影響が出ないように15時まではお昼寝から覚めるようにするといいです。

そうすると、夜にたくさん寝る赤ちゃんが多くなります。母乳やミルクも一度にたくさん飲めるようになるので、夜中の授乳の回数も少なくなります。しかし夜泣きが始まる赤ちゃんもいます。

生後5ヶ月で寝かしつけに時間がかかる!寝ないときは?

生後5ヶ月になると、夜にたくさん寝るようになります。長い時間寝る赤ちゃんだと5時間~8時間寝る赤ちゃんもいます。夜中授乳も1回、もしくは朝まで授乳しなくてもいいぐっすり寝てくれる赤ちゃんもいます。睡眠時間は、日中しっかり遊ぶこと、お昼寝の時間が関係しています。

5ヶ月になってもなかなか夜寝てくれない。夜泣きが始まるケースもあります。夕方から夜にかけて夜泣きをする赤ちゃんが増えます。昼間の強い刺激や夢を見たことが影響していることもあります。空腹やオムツが濡れていて気持ちが悪いなどの問題がある場合は一定の時間で落ち着きます。

決まった時間に布団に入り、朝の日差しを浴びる、昼間はしっかり遊ぶなど時間を決めておくと夜も眠りやすくなります。

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の調整で寝かしつけを楽に!

生後5ヶ月の赤ちゃんは夜の授乳の必要がなくなり朝までぐっすり寝てくれるようになります。そして昼寝の時間帯も決まってきます。昼も夜もしっかし寝てくれるので、育児もかなり楽になります。逆に夜中に何度も授乳したり、昼間も短い時間何度も寝ている場合は生活リズムが乱れているので、しっかり睡眠が取れるように工夫してあげましょう。

赤ちゃんの睡眠時間は赤ちゃんではなく、ママが時間で管理してあげると生活リズムが整います。朝は決まった時間におこし、昼寝も決まった時間にさせます。早めにお風呂に入れて早めに寝かしつけるようにしましょう。

パパの帰宅時間と赤ちゃんの就寝時間が重ならないようにする工夫も必要になります。パパには朝や休日に遊んでもらうようにしましょう。

生活リズムをつけるのに役に立つのが、授乳間隔の調整。離乳食のことを考えて整えるようにしましょう。赤ちゃんはご飯だけでは栄養が取れないのでおやつも大切な栄養補給になるのです。離乳食は夕方食べさせるのが理想です。5ヶ月の赤ちゃんの夜の授乳は少し遅い時間にすると、お腹いっぱいになるので夜しっかり寝てくれるようになるのです。

オススメ!みんながやってる寝かしつけの方法は?

入眠で「オルゴール」を聞かせています。オルゴールがなると「寝る」という習慣がつくので布団に入り薄暗くしオルゴールをならすとすぐに寝てくれるようになりました。4歳の子供は現在はオルゴールは使用していないけど、薄暗くするとすぐに寝ます。音楽をかけると赤ちゃんはリラックスするのかもしれません。オルゴールがなると寝る時間と思ってもらえたらラッキーです。出来るだけ穏やかな曲にしましょう。

寝る時間になると一緒に部屋に行きます。部屋の電気をけして「電気暗くなったから寝る時間」といって布団に入ります。最初は全然寝ようとはしませんでした。布団の中でもモゾモゾしたり、枕元にあるぬいぐるみで遊びだしたりしましたが、見て見ぬふりをしていました。そのうち疲れて寝ている。そのようなことを毎日習慣にしていたら今は電気を消すとすぐに寝るようになりました。

生後5ヶ月なら試したい!こんな寝かしつけも

寝る時はパジャマに着替えるようにすると区別が付きやすいです。昼間は普通の服、お風呂上がりはパジャマを着せるようにしましょう。

子供の好きなキャラクターがついていたり、覚えやすい模様のパジャマにすると赤ちゃんも覚えやすいです。赤ちゃんが眠りにつくためには、ママが続けやすい方法ではじめるようにしましょう。入眠儀式を変えたり、やったり、やらなかったりすると意味がないので、続けられる方法で始めることをオススメします。

赤ちゃんの顔を優しくなでるといつの間にか寝ていることもあります、生後5ヶ月くらいまでは顔を撫でてあげると寝てくれます。寝てくれない場合は、環境を整えたあげるようにしましょう。テレビがついていたりしませんか?大きな音がすると目が冷めてしまい寝られない可能性もあります。

我が子がウトウトしながら白目を向いたりする姿はとても可愛いです。1日の疲れなんて吹っ飛んでしまいますよ。この寝かしつけ方法是非試して見て下さい。