注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。

前転のコツを幼児に教えるにどうしたらいいのでしょうか。
前転のコツを掴む基本の教え方は?前転ができない幼児の原因と前転をするコツとは?

手の位置やあごの引き方がポイントです。
コツを掴めば前転も上達しますので、おうちでもぜひ練習してみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼科入院中に暇つぶしになるものは?おすすめはやっぱりアレ

眼科入院となると、入院中の暇つぶしグッツの定番である、読書やスマホ、テレビといった目を使うものが役に...

魚の出汁の取り方とは?臭みを取るポイントやコツをご紹介

魚の出汁で美味しいご飯を作りたい!けれど、出汁の取り方ってなんだか難しそう・・。魚の出汁をとると...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

男兄弟の仲が悪くなるのはなぜ?基本仲良しな男兄弟の謎

男兄弟を育てていると、どうしてこんなに毎日喧嘩ばかりするの!とイライラもしてしまいます。大人しい姉妹...

寝かしつけに音楽は効果的!音楽が幼児の成長に与える良い効果

寝かしつけの時に音楽をかけると、幼児の寝かしつけや成長に効果的だという話を聞いたことがある人もいます...

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。独学で合格する人ももちろん...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

犬が舌を出すのはなぜ?寝る時や日常生活で舌を出すこんな理由

犬は寝るときや日常生活で舌を出す行動をすることがあります。飼い主さんからしてみれば、どうして舌を出し...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

うさぎのケージ掃除は3段階で考えよう!ケージ掃除のポイント

うさぎのケージはエサや排泄物で汚れやすいため、こまめに掃除することが大切です。常に清潔なケージに...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

バドミントンを子供の初心者に指導する際に心掛けたいこと

バドミントン初心者の子供にどう指導するべきか、コーチとして一番悩むところでしょう。バドミント...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

スポンサーリンク

前転のコツを幼児に教えるには?

幼児は転がるのが好きですよね。
だから前転も大好きです。

だけど、まっすぐに出来ない子はたくさんいます。
また、首を痛めそうな感じの子も見かけます。

前転を上手に行なうためには、あごを引いていなくてはいけません。

「おなかを見るようにして」と言っても、「あごをくっつけて」と言っても、子供には上手く伝わらなかったり、子供の意識が転がるほうへ移ってしまったりしませんか?

そこで使って欲しいアイテムが「小さめのタオル」です。
小さめのタオルを折りたたんで、あごで挟んでもらいます。

挟んだままタオルを落とさないように、前転の練習をするのです。

タオルを挟むとあごを引く形になりますよね。
「あごを引く」よりも、「タオルを落とさないように」の方が子供にとっては理解しやすいのです。

幼児が前転のコツを掴む基本の教え方

幼児が前転を上手に行なうコツは、始めの体勢にある

前転を始める時には、しゃがんでしまう幼児がいますが、それはNGです。
膝はあまり深くは曲げずに、手はつま先の前に置きます。
離れても手のひら1つ分程度にしましょう。

その体勢から、あごを引いておなかを見るように前転します。
あごを引くのが上手くいかないなら、小さめのタオルを活用してくださいね。

この動作をスムーズに行なえると、綺麗に前転を行なう事が出来ます。

また、転がってから立ち上がるまでには、別な練習方法を取り入れてみましょう。

体操座りのように体を丸めて、後ろに倒れます。
そのままの体勢で、起き上がりこぼしのように起き上がりましょう。
リズミカルに倒れたり起き上がったりします。
この動作で腹筋も鍛えられますし、体を丸めながら転がることにもなれる事が出来ます。
最後の立ち上がる練習をするときには、背倒立からの立ち上がりを行ないましょう。
背倒立とは、体操すわりの状態から後ろに倒れて、お尻を持ち上げて、背中の上部と後頭部、そして腕を床につけた状態の倒立です。
ここから、足を素早くたたんで勢いよく転がり立ち上がる練習をしましょう。
この練習で気をつけることは、手の力は使わないことです。
また、足を開かないように行ないましょう。

前転から立ち上がりまでを通して、練習するには坂を使うのも有効です。
傾斜でスピードがつくので、上手に回転する感覚や、立ち上がる感覚を掴む事が出来ます。

前転ができない幼児の原因と前転をするコツ

幼児が前転でつまづくポイントはたいてい以下の3つでしょう。

  • 背中から落ちている
  • 横に倒れてしまう
  • 起き上がれない

これらを解消するためには、始めの姿勢が最も大切です。
背中から落ちているように回る子は手の位置を注意しましょう。
足元から遠くに手を置いてしまうと、頭のてっぺんがマットについてしまいます。
その結果、回転が出来ないので足の力で回ろうとして、背中から落ちているように前転するのです。
ですから、手はつま先の前か手の平1つ分空ける程度にしましょう。

横にたおれてしまうなら、あごをしっかりとひきましょう。
始めの姿勢を守って、あごを引いたまま転がることが出来ればまっすぐになります。

始めの姿勢とあごを引いて回転がが上手に出来ていれば、後は起き上がるだけです。
開きあがりたくて足を伸ばしてしまいがちですが、体操座りのような姿勢のまま足が着くまで転がりましょう。
足まで転がるにはある程度のスピードも必要です。

どうしても前転のコツが掴めない場合

前転のコツがつかめない場合には、傾斜での練習がおすすめ

自宅で行なうなら敷き布団の下に枕や座布団などを入れて、小さな傾斜を作って練習しましょう。
坂になっていることで転がりやすいので、でんぐり返しの感覚がつかめます。

大事なことは始めの体勢です。
つま先の前に手をついて、足はあまり曲げすぎない体勢をとりましょう。
後頭部をつけていることを確認します。

そこから「ゴロン」と一気に回ります。

その時にあごは引いて、足は縮めて回ります。
膝がくっついている事も確認してください。
足が開いていると横に転がってしまいます。

スピードがあれば、起きあがれるはずです。
最後はしっかりと前を向きましょう。

何度も繰り返して、感覚を掴みましょう。

前転は幼児だと何歳からできる?

幼児が前転を始めるのは何歳からなのでしょうか?
平均的には3歳~3歳半くらいと言われています。

ただし、子供によって発達には差がありますから、1歳半で前転する子もいれば、5歳前後で覚える子もいます。

幼児はいきなり前転が出来るようになるわけではありません。
その子によって、四つん這いになってみたり、しゃがんだままトライしたりとある程度の練習を重ねて、前転できるようになります。

ですから、練習期間の長い子や短い子、また発達の具合などにもよって始める年齢が変わってきます。

たまに乳幼児の赤ちゃんが前転する事があります。
他の赤ちゃんに比べると運動機能が発達しているのは間違いないでしょう。

しかし、「うちの子は運動神経がよい!」と手放しでは喜べません。
赤ちゃんは乳幼児よりも危機を察知したり回避する能力が未熟です。
ですから、幼児に比べると前転のリスクが高くなるため注意が必要なのです。