注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。

では、眉毛の生え方が気になるときはどうしたらいいのでしょうか?生え方が変な眉毛の対処法とは?

また、理想の眉毛になりたいなら、眉毛を伸ばすのが一番です。でも、挫折しそうなときはどうしたらいいの?

そこで、眉毛の生え方が変と気になるときの理想の眉毛になるための対処法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

ウサギの平均寿命と老衰で現れる体の変化。高齢ウサギの飼い方

ウサギが高齢になってくると、若い頃と違って、体にもいろいろな変化があります。年令とともに老衰の症状も...

ジーンズが臭い、新品なのに臭い時の臭いの取り方と手順を紹介

ジーンズを買ったら新品なのに臭い。「新品なのにナゼ?」と思う事はありますよね。新品のジーンズ...

絵のコツ【顔の描き方】上達するポイントやバランスの取り方

絵のコツについて、顔が上手に描けないという人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?人の顔を...

彼女の弁当は自慢するかしないかの男性の本音!自慢の彼女とは

彼女の手作り弁当を男性はどう思っているのでしょうか?やっぱり嬉しい?手作りお弁当は周りに自慢した...

【カーテンの選び方】遮光カーテンの特徴と等級の違いについて

朝日の入る寝室や、大きな通りに面して明かりが室内に入りやすい部屋などは、カーテンからの光が気になるも...

100均ネイルチップの付け方!初心者でもキレイにできるコツ

ネイルチップ初心者におすすめなのが100均のネイルチップです。慣れないうちは高価なものには手...

前髪はドライヤーで!その巻き方とコツさえわかれば簡単です

前髪のブローってなかなか決まらないですよね。しかも朝の時間のない時だとついイラッとしてしまいませんか...

心拍数を下げる方法や緊張を和らげるコツとトレーニングとは

緊張すると人は呼吸が早くなったり、心拍数が上がりますが、その上がった心拍数を下げるにはどうしたらいい...

野良猫を保護したが自分では飼えない場合の対処法について

野良猫の保護について。飼えないけど、野良猫を見過ごすことができない状況に陥ってしまった。...

油絵の風景画で気をつける事とは?初心者が上達するコツを紹介

初心者が油絵の風景画を描くときには、いったいどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?風景画と...

浪人生がバイトをしても良いがそれは勉強時間を確保できる人のみ

浪人生が次の受験までにすべき事。それは勉強です。しかし生活費を稼ぐためなど、バイトをしたいという学生...

ライブへの差し入れで食べ物は喜ばれる?渡す場合の注意点とは

お気に入りのバンドマンのライブを何回も見に行くと、次は何か差し入れしたいと思いますよね。でも...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

スポンサーリンク

生え方が変な眉毛の対処法とは

美容雑誌でみる眉毛の整え方を試して見ようと、雑誌をよく見て自分とは違うことに気付く人もいるかも知れません。それは、眉毛の生え方です。美容雑誌で見る眉毛は、大抵、同じ向きや一定の流れに沿って毛が生えていることが殆どでしょう。

しかし、鏡で見た自分の眉毛が数本だけ変な向きで生えていたら、または、眉毛全体がバラバラと違う生え方としていたら、一体どうしたら良いのかと狼狽してしまうこともあるかもしれません。

そこで慌てることはありません。数本だけが違う向きに生えているのであれば、毛抜で一思いに抜いてしまいましょう。数本位無くても、気付く人はいないはずです。今までの状態と大差ありません。

中には、全体的にバラバラと違う生え方をしている人もいるかもしれません。そのような人は、違う流れになっている眉毛を多めに抜いて、理想的な眉毛になるようにアイブロウペンシルで書き足していきましょう。先端は、切りそろえてあげることが大切になります。

要は、毛抜で変な生え方をしている眉毛を抜いてあげることです。

眉毛の生え方が変!理想の眉になりたいなら

もし、眉毛の生え方が変だという事に気付いたときは、抜いてしまうのも手ですが、長く伸びるのを待つという方法もあります。

眉毛は、ある程度の長さの毛の集合体です。ですから、生えてきた位置や向きが変な方向だったとしても、伸びてくる段階で向きが変更して理想の状態になる可能性も考えられます。なので、根気よく経過を見守って上げることです。もし、長く伸びた状態でも、変な生え方をしているようなら、そのときは抜くタイミングとも言えるでしょう。理想の眉毛になりたいのであれば、とりあえず我慢強く伸ばしてみましょう。

伸ばしていくうちに気付くと思いますが、眉毛の上からの流れと下から生えてくる流れが、ある場所で合流し、その部分が濃くなります。眉に立体感が生まれるはずです。

それこそが、あなたの理想の眉への第一歩です。伸びてくると、要らない毛が発生するはずです。しかし、要らない毛だったとしてもそれはあなたの本来の眉毛なのです。本来の眉毛と作られた眉毛、その中間地点こそが自然で理想的な眉毛とも言えるのです。

伸ばしている途中は、切ってしまいたくなる気持ちもわかります。ですが、理想の眉毛を作るためには伸ばし切らなくてはなりません。その過程自体が嫌になってしまわないように、微妙な毛はコンシーラーなどでカバーしながら、伸ばす事に専念してみましょう。

眉毛の生え方が変なら伸ばす?挫折しかけたときは

あなたにとって理想の眉毛とはどんな眉毛ですか。雑誌やテレビでよく見る芸能人やモデル達。その中に、こんな眉毛になりたいと思えるような理想の人が存在するのではないでしょうか。憧れの人がいるのであれば、その人の写真と自分を見比べてみましょう。何が違いますか。憧れの人の眉毛は、形だけでなく、毛の流れも美しいはずです。自分の眉毛の生え方が変で理想の眉毛と違うと感じているのなら、まずは整えずに伸ばして見ましょう。

毛の流れを作るためには、ある程度の長さが必要になります。途中まで伸びてきた段階では、微妙な長さの毛も出てくるはずです。抜いていたところの生え始めは、プツプツと黒くごまのように眉毛の周りに出てくることもあるでしょう。

そのような場合、整えたくなる気持ちが強くなることは山々でしょう。しかし、ここで整えてしまっては、折角の毛の流れを作るという目標のために伸ばして来たことが、全て水の泡と化してしまいます。

今は、整えたくなる気持ちをこらえ、そのままでいることです。伸ばす事に挫折しかけそうになることもあるかもしれません。そんなときは、コンシーラやチークで、小さくプツプツと出てきた毛をカバーしましょう。微妙な長さで跳ねてしまうときは、眉用マスカラで整えましょう。

不格好過ぎてどうにもこうにも外出さえできないという時にだけ、眉毛を手入れしても構いませんが、そのときは、絶対に抜いたり切ったりせずに、剃ることを徹底してください。

それ変眉だよ!やってはいけない眉毛の描き方

眉毛の生え方がいくら気になるとは言え、ペンシルなどの使い方によっては、益々変な眉毛になってしまっている人もいるのでは無いでしょうか。
街中を歩いていても、時々変な眉毛の人を見かけることもあるかもしれません。なんとなく気になってしまう変な眉毛。自分自身もそのような眉毛にならないよう、やってはいけない眉毛の描き方を抑えて置くべきです。

まず、ペンシルを用意する際の注意点です。ペンシルの色は、自分の髪の毛の色に合わせてください。アイブロウアイテムの全ては、髪色に合わせます。アイブロウアイテムが髪よりも薄い色だと顔の印象も薄くなり、髪より濃い色だ、眉毛だけが目立ってしまいます。髪色に合わせて選ぶことでバランスよく自然に決まるのです。

最近は、眉山をしっかりと作りすぎない自然な眉毛が主流となっています。あまりにもきっちり眉山を作って眉毛を描いてしまうと、時代遅れに見られがちです。
眉山を作ったあとは、アイブロウブラシでしっかりと眉山をとかして、なだらかな山にすると自然な感じに仕上がります。

あなたは眉毛を描く時どこから描いていますか。
眉頭か描いた場合、眉頭だけが濃くなって、強い印象の眉になってしまいます。
眉頭から1センチ外側から描き始めるのが理想的でしょう。眉頭より一センチ外側部分は、眉毛の中でも比較的毛の量が多く、濃い部分です。ですから、この部分が濃くなったとしても、おかしくはありません。眉頭より1センチ外側から描き始め、眉山へと進んでいき、最後に眉尻を描きましょう。眉頭は、濃くなりすぎないように、ブラシでぼかしてください。

まずは、パウダーで眉に色を乗せて、その後、眉尻と足りない部分をペンシルで描き足すようにすると自然に仕上がります。ペンシルだけではくっきりしてしまうため、よりナチュラルに仕上げるためにも、パウダーとペンシルを併用すると良いでしょう。

生え方が変でも、生まれ持った眉毛に合ったメイクをしよう!

眉毛の生え方がなんだか変と感じているあなた。実は、それほど変ではない可能性があります。眉毛の生え方は、あなたの生まれ持った眉のデザインともいえます。

どんな眉毛が自分にあうのか、わからないと悩んでいる人もいると思いますが、自分に似合う眉毛とは、本来、生まれ持ったそのままの眉です。その生まれ持ったデザインこそが、あなたに一番にあう眉なのです。

ですから、変に整えようとせず、そのままの状態で足りない部分を描き足すというのが理想的です。

しかし、眉毛の形にも流行があります。本来の眉毛の形が、流行とかけ離れていることもあるかもしれません。そんなときは、上部分を整えて、下の部分はそのまま残したり、必要に応じて描き足しましょう。

上部分に描き足した場合は、あまり自然に仕上がりません。ですから、描き足すのであれば、下側にするべきです。

あなたに一番にあう眉毛とは、生まれ持った顔に対して自然に生えている眉毛なのです。ですから、一度しっかりと眉毛を伸ばして、自分の基礎の部分を知ることが重要になります。

基礎を知ることこそが、理想の眉毛を見つけるための近道なのです。