注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。

では、ベビーベッドにベビー布団などをセッティングするときに敷き方はどんな順番にすると良いのでしょうか?

また、ベビーベッドの寝具類のお手入れ方法とは?ベビーベッドの選び方は?設置するときのどんなことに注意が必要?

そこで、ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

子供は幽霊が見える?子供が幽霊を見やすい理由と霊感の有無

子供からある日「幽霊が見える」と言われたらビックリしますよね。まさか…と半信半疑でも、まさか本当...

赤ちゃん(8ヶ月)のお風呂!ママ一人だと大変!入れ方のコツ

赤ちゃんのお風呂は、パパが仕事でいないのでママと二人で入るというパターンも多くあります。赤ち...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

名前の画数気にしない?姓名判断にこだわると決められない!

名前の画数、気にしない?気にする?気になりだすと止まらない!でも、画数だけを気にしす...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

スポンサーリンク

ベビーベッドでもベビー布団が必要!敷き方や必要な寝具とは?

ベビーベッドにはベビー布団を使うようにしましょう。

大人用のものではだめなのかと思う人もいると思いますが、ベビー布団は大人用の布団とは違います。

サイズが違うだけではなく、赤ちゃんは首や骨がまだ安定していないので敷き布団は大人用のものよりも固く作られているのです。

そして保湿性・吸湿性・放湿性の高い布団を選ぶ事が大切でしょう。
赤ちゃんの体温調節は難しく、産まれたばかりのころは寒がりですが2ヶ月を過ぎると反対に汗かきになります。

ベビー用の布団類で必要なものとして以下の6点が基本です。

  • 掛け布団
  • 掛け布団カバー
  • 敷布団
    フィッティングシーツ
  • 防水シーツ
    キルトパット

汚れる事も良くあるのでカバー類や防水シーツ、キルトパッドは洗い替え用として多めに準備しておきましょう。

ベビーベッドの布団の敷き方や寝具の必要枚数は?

ベビーベッドの布団の敷き方の順番をお伝えしていきます。

まず、一番下に湿気とりシートを引き、その上に敷布団、防水シーツ、キルトパット、通気性を良くするハニカムパッド、シーツを重ねて出来上がりです。

シーツはゴムが入っているワンタッチシートを使えばずれも生じにくいでしょう。

一見防水シーツはシーツの上や下に敷くと思われがちですが、赤ちゃんはオムツをしていますのでおねしょのためというよりも汗を布団にしみこむのを防ぐために使用するのです。

先ほどもお伝えしましたが、カバー類や防水シーツ、キルトパッドなどは洗い替えができるように2~3枚ほど準備しておいた方が良いでしょう。

敷き布団や湿気取りシートなどは一枚で十分でしょう。

シーツの上に赤ちゃん用のバスタオルを敷くと汗も吸ってくれて洗濯もしやすいのでお勧めです。

ベビーベッドの布団の敷き方でわかったこと

他にもベビーベッドの上に折りたたみ式の厚手のマットを敷く方法もあります。

そして防水シートやその他パットを敷いてワンタッチシーツでくるむと良いでしょう。

それだけでなく、さらに上には汗取りマットやバスタオルなどを敷いてあげると良いでしょう。

シーツの上に直接寝かせてしまうと汚れてしまっても洗濯するのが大変です。

衛生面や効率面でもバスタオル等を敷いておくと便利ですよ。

床に座布団等を敷いて寝かせるような環境は新生児には良くありません。

赤ちゃんにとっては床は思った以上に寒く感じたり、ホコリやゴミも舞いやすいので衛生的にもあまり好ましくありません。

風邪をひく原因にもなってしまいますので、よっぽどの理由がない限りはベビーベッドに寝かせてあげるようにしましょう。

ベビーベッドの寝具類のお手入れ方法

では、ベビーベッドの寝具類のお手入れ方法についてアイテムごとに見ていきましょう。

  • 掛け布団カバー
    ファスナーをしっかり閉じて洗濯ネットに入れて洗濯機で洗濯しましょう。
  • 掛け中布団
    洗濯ネットに入れて弱めの水流で洗いましょう。干す前は型崩れしないように形を整えてから干します。
  • 敷き布団
    敷き布団は汚れた部分をつまみ洗いして自然乾燥させましょう。なるべくならば防水シーツやキルトパットをしようして敷き布団が汚れないように工夫した方が良いでしょう。
  • シーツ類
    洗濯ネットに入れて洗い、乾燥機の使用は避けましょう。

  • 汚れた部分をもみ洗いして自然乾燥させます。
  • タオルケット
    洗濯ネットに入れて洗い、乾燥機の使用は避けましょう。パルプ素材のタオルケットの場合、初めて洗濯する場合はまずは水洗いをしましょう。干す前には軽くホコリを払うためにパタパタとあおりましょう。

ベビーベッドの選び方と設置するときの注意点

ベビーベッドの選び方と設置する時の注意点を見ていきます。

ベビーベッドの選び方

ベビーベッドのサイズは二種類あります。
通常サイズのものは2歳まで寝れる大きさで、ミニサイズのものは1歳半くらいまで使用できます。

そのうち添い寝するようになるとベビーベッドを使わなくなり邪魔になってくる場合もあります。

そういったことを考えて、小さく折りたたむ事ができるものや組み替えると子供用のベッドになる機能性のあるものを選ぶのも良いでしょう。

そしてベビーベッドは頑丈なもので、柵の間隔が広すぎないものを選ぶようにしましょう。

ベビーベッドを設置する時の注意点

ベビーベッドを設置する場合、周りの家具や小物、照明器具などはそばに置かないようにしましょう。

地震などで物が落ちてくると赤ちゃんの怪我に繋がります。

そしてエアコンの風邪なども直接当たらないように気をつけてあげてくださいね。

ベビーベッドの設置場所としてはお母さんと同じ寝室にしてあげた方が安心です。

赤ちゃんが泣いていたり体調などの様子に対してすぐに対応する事ができるので、できるなら同じ寝室で寝るようにしましょう。

もしそれが難しいようならば赤ちゃん用のモニターをつけてあげるようにしてください。