注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?

ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団はセットで販売されている場合も多くあり、初めてのママには便利ですね。

防水シーツがありますが、コレって必要なの?蒸れてしまわない?と心配になってしまいますね。

赤ちゃんはよく戻したり、オムツから漏れてしまったり布団が汚れる頻度は高いので防水シーツはあったほうが便利です。敷き方も紹介します。

また出産に必要な物もみていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方や予防方法を紹介

いつもピカピカにしておきたいとは思うけれど、気がついたらできてしまっているのがトイレの水垢。トイレに...

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じ...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

新生児は寝る時間がバラバラ!生活リズムを整えるコツとは

新生児の赤ちゃんは基本的に寝ていることが多いので寝る時間もバラバラです。では、赤ちゃんに生活...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

1歳半の寝かしつけに音楽をかけるならこんな音楽!曲やかけ方

なかなか寝てくれない1歳半頃の赤ちゃんの寝かしつけに毎日困っていませんか?すーっと寝てくれたらど...

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?6...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?赤ちゃんのげっぷ対策

赤ちゃんに授乳をしている最中に、そのまま赤ちゃんが寝ることってありますよね。授乳のあとはげっぷを...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

スポンサーリンク

ベビー布団を準備はいいですか?防水シーツや必要な物

何が必要で何が要らないのか?

色々と迷ってしまいますよね。我が家もベビーベッドを買うかどうか迷い、知り合いから借りることが出来たのですが、結局ベッドとしてはほとんど使わずに終わりました。
テレビで流れている紙おむつのCMのように、ベビーベッドでひとりでグッスリ眠ってくれる赤ちゃんなんて、ほぼ存在しないと言って良いです!せいぜい短時間の昼寝の時に使うくらいで、あとはベッドというよりベビーサークル扱い。動物を飼っていたり、他にも幼い兄弟がいるご家庭であれば、ベビーベッドも必要かもしれませんが、そうでなければ必ず用意しなくてはいけないという物ではないと思います。

また、生まれたばかりの赤ちゃんをどこに寝かせるかで、準備する物も多少変わってきます。
ママやパパと一緒に並んで布団で寝るのであれば、夜中の授乳もラクですが、寝相の悪さが心配でしたら、少し離してベビー布団に寝かせてあげると良いでしょう。

ベビー布団は、赤ちゃんに合わせたサイズ感なのはもちろんのこと、骨がまだ安定していない赤ちゃんの身体を支えるために、大人用に比べて敷布団が硬めに作られています。スペースに余裕があるようであれば、専用のベビー布団に寝かせてあげることが理想です

赤ちゃんの寝具として必要なものは、季節によって違ってきます。
掛け布団・掛け布団カバー・敷布団・シーツ・防水シーツ・キルトパッドの他に、毛布やタオルケットも準備しておきましょう。洗い替えとして2~3組用意しておきます。

ベビー布団セットに防水シーツは必要です。その選び方

防水シーツのサイズ

ベビー布団のごく一部だけを覆うタイプから、ベビー布団全体をカバーするもの。大人用のシングルサイズといったかなり大きめなものは、少し大きくなってからのおねしょ対策としても活用できます。
新生児のうちは寝返りもしないので、用途にあった小さめサイズのものでも大丈夫です。おしっこ漏れよりも吐き戻しが多い赤ちゃんであれば、防水部分を頭のほうに敷いてあげるのも良いでしょう。
やがて、寝返りできるようになると寝相も激しくなり、ベビー布団からはみ出したところにおしっこを漏らしてしまうことも…。これを防ぐためには、あえて最初から大き目の防水シーツを準備しておいて、布団からはみ出す場所にもシーツを広げておく方法もあります。

また、夏場はとくに防水シーツだけでは蒸れてしまうので、キルトパッドとの併用がベストなのですが、洗ったあと干すのにも場所を取りますよね?この2つを合わせた防水パッドも販売されていますので、ぜひ購入を検討してみてください。

赤ちゃんに必要なベビー布団や防水シーツの注意点

赤ちゃん用のベビー布団はどれもかわいい

選ぶのも楽しみですよね。ついつい柄やお値段を重視してしまいがちですが、大事なのはやはり機能性と寝心地です。

赤ちゃんはまだ上手に体温調節ができません。通気性の悪い布団だと、身体に熱がこもってしまい、必要以上に体温が上がってしまいます。これによって汗をかくことで、あせもが出来たり、布団のじめじめとした状態が冷えたことによって、寝冷えを起こすことにも繋がります。

通気性の良いベビー布団を選ぶ事が重要

その点、羽毛布団はただ軽いだけでなく、通気性もよく蒸れにくいので、赤ちゃんに最適と言えます。

また、敷布団を選ぶ際にも注意したい点があります。布団が柔らかすぎると、寝返りした際に窒息する恐れもあるので、硬めのものを選びましょう。

寝具はダニやカビなどの温床となりやすいため、布団の上で過ごす時間の長い赤ちゃんにとっても、アレルギーの原因となりかねません。毎日干すことは難しくても、布団専用の掃除機をかけたり下にすのこを敷いたりと、普段から対策をしておくことがとても重要となります。

新生児に必要なものを紹介します

出産前必要なもの

肌着類

  • 短肌着…5~6枚
  • コンビ肌着(もしくは長肌着)…5~6枚

生まれた季節にもよりますが、赤ちゃんは吐き戻しが多かったり汗をかくたびに着替えるので、肌着は多めに準備しておくと良いでしょう。

ベビーウェア

2Wayオール…2~3枚。

肌着の上から着せるのは、2Wayウェアがオススメ。新生児のうちはさほど頻繁に外出いないので、これくらいあれば大丈夫です。たくさん用意してもすぐに着れなくなってしまいますしね。

おむつグッズ

  • 紙おむつ
    おしりふき
  • おむつ替え用シート

赤ちゃんは生まれた時の大きさによっては、一般の新生児用おむつよりもさらに小さいサイズを使う場合もあります。退院時には産院で使いかけのおむつをそのまま持ち帰ることが出来る場合も多いですし、成長スピードも人それぞれですので、紙おむつは最初からあまりたくさん用意せず、成長に合わせてその都度購入するようにしましょう。

授乳グッズ

  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶消毒グッズ
  • ガーゼ

産後すぐには母乳の出が悪かったりして、粉ミルクに頼ることが多々あります。帰宅後すぐに使うことを想定して、退院前に哺乳瓶の消毒を済ませておくと良いでしょう。産院と同じ粉ミルクを使用したいのであれば、出産後に購入しても良いですね。

用意したけれど、いらなかったなと思うもの

必要ではなかった物

退院時のセレモニー服

退院の時にしか着ない上にお値段もそれなりにしたのですが、我が子は真夏に生まれたので熱すぎて、結局着せずに終わりました(泣)。

おくるみ

わざわざ用意しなくても、バスタオルで十分です。

授乳用クッション

最初だけ使っていましたが、慣れてくると別に家にあるクッションや枕でも代用できることに気付きました。

搾乳機

私の場合は幸いにも母乳の出が良く、我が子もたくさん飲んでくれたので、結局ほとんど出番はありませんでした。産後の状態を見て、必要になってからで大丈夫かと。