注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやすい名前をつける人も増えてきています。

でも、日本人の名前の中には外国語ではNGなものもあることを知っていますか?

では、名前をつける時にはどんなことに注意すればいいのでしょうか?男の子と女の子の場合でも違う?

外国語でもNGとならない日本人の名前の付け方と注意点について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。前転のコツを幼...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

子供の名前。キラキラさせちゃって後悔しています。変えたい!

子供の名前。マタニティーハイで、世界一の名前だと突っ走ってしまったけど、日々その名前で子供のこと...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。では、魔の3歳児の子育てに疲れ...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

スポンサーリンク

日本では問題なくても、外国語を話す人にとって発音しにくい名前がある?

日本から海外に渡ったプロスポーツ選手の中には、本名ではなくニックネームで呼ばれている人も多いですよね。日本人にとっては馴染みある名前でも、日本語以外を話す人にとっては発音しにくい場合もあるようです。

日本では赤ちゃんの名前をつける際、その名前の音の響きや漢字の意味、画数などを気にすることはあっても、それぞれの母音にまで着目する人は少ないかもしれませんが、例えば「あおい」などの母音が続く名前は、外国の方にとっては非常に発音しづらいそうです。

また、日本では名前の表記がひらがな・カタカナ・漢字と三通りあるのに対して、海外では通常はローマ字表記のみを用いますよね。この際用いられるヘボン式という表記方法では、小さい時に習ったように長音(音を伸ばす印)は使用しませんので、そのままローマ字にすると日本人の名前に詳しくない人にとっては、どのように読んで良いのかわからない場合があるのです。

例えば、「しんいち」という名前はローマ字だと「shinichi」となり、「しんいち」という名前を知らない人には「しにち」と間違われてしまうこともあるようです。

外国語を話す人にとって呼びづらい日本人の名前の特徴とは?語尾にも注意!

外国人にとって発音しづらい名前

名前自体というよりも、発音しづらい音が入っているかどうか、特に注意したいのが「ら行(らりるれろ)」と「つ」が含まれた名前です。

「らりるれろ」は小さいお子さんでもなかなか発音するのが難しいですよね。ましてや日本語が母国語ではない外国の方だと、余計に発音しづらいようです。
また、お隣の韓国のように発音の中に「つ」という文字自体が存在していない国もあり、「つ」ではなく「ちゅ」と発音されてしまうこともあるのです。

外国で名付けに注意したい点

それは、名前の語尾に関するものです。

海外では名前の語尾によって、性別を区別する国もあります。語尾が「あ(a)」で終われば女の子で、「お(o)」で終われば男の子といった具合です。

日本では「あきら」という名前はたいてい男の子に付けますが、名前の最後が「あ(a)」で終わっていますので、海外の方からすると女の子だと思われてしまうケースもあるようです。

外国語の中でもハワイ語で日本人の名前をつけるとカッコいいかも?

最近、芸能人の間でも子供の名前にハワイ語を使うケースが増えているようですが、一般の方々にもその人気は高まっているようです。ここでは、赤ちゃんの名づけにオススメなハワイ語をご紹介します。まずは男の子から。

  • アオ(ao)
    光や夜明け、世界という意味のある言葉で、世の中を明るく照らすような存在になって欲しいとの願いを込めて使う人が多いようです。
  • カイ(kai)
    こちらは日本語の読み方と同じく海を意味する言葉なので、海や自然が好きな方や、海のように広い心を持った人間になれるようにといった意味も含まれるでしょう。
  • ケイ(kei)
    高貴な、上品なという意味で使われる言葉です。
    一方、女の子向けでは、このようなハワイ語もあります。
  • マナ(mana)
    生命の力、奇跡といった意味があり、生命の誕生といった奇跡的な場面にふさわしい言葉だと言えるでしょう。
  • マオリ(maori)
    純粋の、本物のという意味で使われ、いつまでも純粋な心を持ち続けて欲しいという願いを込めるにはぴったりな名前ではないでしょうか。

こんな名前ならどこの国でも通用する?日本人の女の子向けの名前をご紹介!

生まれてきた女の子に将来、海外でも通用するような名前を付けたいとお考えでしたら、このような名前はいかがでしょうか?

  • 「エマ」
    昔から日本でも使われている名前ですが、欧米諸国でも非常に人気がある名前です。親しみを込めて「エミィ」と呼ばれることも多く、その語源は「神様と私達は共にいる」というヘブライ語から来ています。
    絵麻・恵真など様々な漢字でも表すことが出来ますし、日本人にとっても呼びやすい名前なため、周囲にも名前を覚えてもらいやすいでしょう。
  • 「エレナ」
    この名前はとくに、ヨーロッパ圏で広く親しまれている名前です。ギリシャ語の「Helio」がやがてラテン語の「Helena」に変化し、それがイタリア語やスペイン語では頭につくHが発音されずに「Elena」という言葉になり、その後多くの国々で女性の名前として親しまれています。

古代のラテン語では、「Hele」から始まる言葉には、太陽の光や輝き、生命力といった意味があり、「エレナ」という名前は各国で「エレーナ」「エレン」「ヘレン」といった様々な呼ばれ方をするようです。

日本人にとっては一般的な名前でも外国人にとっては違う意味になる名前もある?

外国と日本では別の意味に聞こえてしまう言葉

  • あい ドイツ語では「たまご」という意味になる。
  • あゆみ 「Aye you me?」に聞こえる。
  • かな フィンランド語では「鶏肉」という意味になる。
  • きよみ 発音によっては「kill me」と聞こえるので注意が必要。
  • こうた スウェーデン語で「スケベ」、イギリス語で「女性の陰部」、ドイツ語で「大便」という意味。
  • さおり 「I am saori」と名乗ると「I am sorry」に聞こえる。
  • じゅんや 「Junior」に聞こえる。
  • そう フランス語では「fou(ばか)」と聞こえる。
  • てるみ 「Tell me」に聞こえる。
  • なお 「Now」に聞こえる。
  • はると アラビア語では「彼のせいで疲れた」という意味。ヒンディ-語では「泥棒」。英語では「halt」に聞こえる。

これらが日本人の名前だと認識がない外国語圏の人々にとっては、時にギョッとする言葉である可能性もあるので、もしも子供に将来は外国でも活躍してほしいとお考えでしたら、このような例もぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。