注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

男性は出産の痛みに耐えられない?痛みの例えと夫にできること

「男性は出産の痛みに耐えられない」という話を耳にしますが、実際に男性が陣痛を経験すると本当に耐えられないと思います。

陣痛の痛みは女の人にしかわかりません。ですから、男性の中には自分の奥さんが陣痛の痛みを大げさに言っていると思ってしまう人もいるようです。

陣痛は痛い!男性が体験したら確実に耐えられない程の痛みです。

奥様が出産をする時は、支えになってあげてくださいね。実際に陣痛の痛みがどれほどなのかについてまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那は「子供いらない」と言っても説得する方法はあります

結婚したら子供を作って家族になる…。そう思っている人が多い反面、必ずしもそう考えていない人もいます。...

つわりの時は冷製パスタ!トマトを使ったレシピをご紹介します

つわりの時って「赤ちゃんのためにもきちんと食べなくちゃ。」とは思うものの、食欲もなくなるし辛いですよ...

旦那が信用できない!妊娠中なのに浮気されたらまずは冷静に対処

妻の妊娠中に旦那が浮気をしたという話を残念ながら耳にすることがあります。妻が大事な時になんて...

出産で入院中に義両親が来るタイミングは?ママの心と体を考えて

出産という大仕事を終えて入院中のママたちは、赤ちゃん産んだことで体力もなく、ヘトヘトの状態のことが多...

8ヶ月なのに胎動が弱い原因とは?対処法を理解しておこう

妊娠8ヶ月にもなると胎動を感じやすいと言われますが「なんだか胎動が弱いのでは?」と心配になることもあ...

胎嚢と卵黄嚢の大きさはどのくらい?妊娠週数別の大きさについて

妊娠したことがわかると、エコー検査で胎嚢や卵黄嚢を確認することができるようになります。お腹の中できち...

産後に退院するときにはお化粧をしたほうがいい?出産のお悩み

産後に退院するときには、お化粧をするものなのでしょうか?産院に入院しているときにはお母さんの顔色から...

22週は性別がわかる確率も上がる!赤ちゃんの性別がわかる時期

妊娠22週頃になると、赤ちゃんの性別がわかることも多くなります。性別を判断できる確率も上がってきます...

未婚で出産の場合でも会社に産休・育休申請できます

未婚で出産でも、既婚で出産でも、産休や育休を取得することはできます。未婚でも既婚でも会社で申...

つわり嘔吐後の食事のタイミング・吐きづわり時の食事のポイント

妊娠初期は辛いつわりの症状に悩まされる妊婦さんも多いです。つわりで嘔吐後の食事で気をつけることや、食...

妊婦検診の頻度が少なくて不安?妊婦が抱える不安とかかる費用

妊娠が判明したばかりの頃や、妊娠に対して不安があるとき、妊婦検診の頻度が少なくて不安に感じてしまう妊...

8週で胎嚢の大きさが小さいのは異常?大きさには個人差がある

妊娠したことがわかって喜んでいたのもつかの間、妊娠8週で胎嚢の大きさが小さいと言われてしまったら、お...

排卵3日前の妊娠確率は低い?妊娠する可能性がある期間を解説

赤ちゃんを授かりたいと願い、妊活に励んでいるという女性もいますよね。排卵3日前の性交の妊娠確率がどの...

つわりでお風呂がしんどいのはなぜ?原因とつわりの時の入浴方法

赤ちゃんを妊娠した喜びもつかの間、辛いつわりの症状に悩まされることもあります。つわりの症状は人ぞれぞ...

15週でつわり復活?妊娠15週でつわりが復活する原因・対処法

妊娠15週頃になって、おさまったと思っていたつわりの症状が復活するママもいます。せっかくおさまったつ...

スポンサーリンク

出産の痛みってどのくらい?男性に伝える時の例えは?

出産は痛いと聞きますが、その痛みはいったいどのくらいなのでしょうか?
男性からどのくらい痛いのか聞かれたときはどう伝えたらよいのでしょうか?

出産の痛みはいくつか種類がある

大きく分けると陣痛の痛みと分娩時の痛みの二つがあります。

陣痛の痛みは、子宮が赤ちゃんを押し出そうと収縮しているときの痛みです。
最初のうちは不規則に弱い痛みがありますが、だんだんと強い痛みが規則的になっていきます。
陣痛が来てから出産するまでの時間はそれぞれ個人差があり、ほんの数時間で出産する人もいれば10時間以上や長い人で1日以上かかる人もいます。

分娩時の痛みは、赤ちゃんが骨盤を通るときの腰の痛み、子宮収縮する子宮の痛み、産まれる時の膣の痛みが一度に来ます。

陣痛から出産するまでの痛みはママだけが体験します。
これらの痛みを例えると、

陣痛は皮膚を切り裂かれるような痛み、とても酷い生理痛のような痛みと例えられています。

出産は鼻からスイカを出すような痛み、肛門からとても大きい球を無理矢理出すような痛みと例えられています。

聞いているだけでとても張り裂けそうな痛みということがわかります。

男性に出産の痛みはわからない!帝王切開で産むときも痛い!

男性は出産を経験することができない

この痛みはわかりません。

帝王切開だと麻酔も効いているし、痛みは感じないのでは?帝王切開は楽に産めるのでは?という意見を耳にしますが、これは大間違いです。

普通分娩も帝王切開も、どちらも変わらず痛いです。

出産に伴う痛みは陣痛や出産の痛みばかり取り上げられますが、通勤時のストレスや産後の痛みもあるのです。

妊娠出産をすると社会から自分だけ取り残されてしまったと思ってしまう方もいるので、男性や社会はもっと妊娠中、出産後の女性の気持ちもしっかり理解してあげなければならないと感じます。

帝王切開は無機質な手術室で行われることへの恐怖を感じたり、麻酔が抜けない状態で過ごすこと、その後痛みや出血に襲われたりします。

帝王切開だからといって、決して楽な産み方ではありません。

妊娠がわかってから出産するまで、長い期間お腹に赤ちゃんを抱えて生活するので、お腹が大きい状態で満員電車に乗ったり、買い物をして荷物を家まで持つなどするだけで肩も足もパンパンになります。

妊婦は行動一つ一つがとても大変になることを、周りがもっと理解してフォローしてあげることが必要です。

男性は出産の痛みを知らないから無痛分娩に反対する

男性は出産の痛みを知らないから無痛分娩を反対することが多いです。

男性は出産の痛みを一生経験することが無いので、その痛みを伝えるのはとても難しいことです。

無痛分娩対応の病院は普通分娩する病院よりも家から遠い場合があり、男性は家から遠いことが心配なので近くの普通分娩の病院を希望することがあります。

男性が無痛分娩に賛成できない理由は一体何でしょうか。

その理由は、「なんとなく自然に産む方が良いのでは」「痛みを経験しないと母親としての自覚が持てない、子供への愛情が湧かない」というものが多いのです。

女性は出産に対して自分の体への負担やリスクをよくわかっているので、真剣に無痛分娩を考えているのです。
それなのに「なんとなく」というあやふやな理由だけで反対されてしまうのは、女性からするととんでもないことですよね。

男性に出産の痛みを体験してもらうこともできる

男性は出産の痛みを体験すると良い

陣痛シュミレーターといって、陣痛を体験できる装置が海外発祥であります。
日本では妊婦がどれだけ大変な思いをしているのか体験できるものがありますが、この実際に出産の痛みを体験できる装置がとても話題になっているのです。

陣痛シュミレーターはどんな仕組みになっているのでしょうか?

チューブのようなものをお腹に取り付けて電気を流し、陣痛の痛みを再現する仕組みとなっています。
電気の強さには10段階あり、陣痛が始まったばかりの痛みをリアルに再現しているのです。

この装置を使うことで実際に痛みを感じる部位はどこなのでしょうか?

陣痛シュミレーターでは、胃を中心とした内臓の筋肉を収縮させて痛みを発生させているのです。

実際の陣痛の痛みも胃と深く関係があるのを知っていましたか?
男性は普段感じている胃痛とは比べ物にならない、この痛みをどこまで耐えられることができるのでしょうか。

女性は出産の痛みに対してもっと男性に理解をしてほしいことから、このシュミレーターは女性にとても評価されています。

奥さんの陣痛中に旦那さんができること

出産予定日が近づくといつ陣痛がきてもおかしくはありません。
突然奥さんに陣痛が来ても慌てないように、旦那さんも対処法を身につけておきましょう。

陣痛がきてからしばらくすると、奥さんは痛みと戦うことになります。
痛みと戦っている奥さんの背中をさすってあげることで奥さんの気持ちは落ち着きます。
そして、陣痛に耐えていると体が熱くなり汗だくになるので、うちわで扇いであげると良いですね。

痛みで緊張状態が続くので、全身が凝ってしまいます。
適度に肩やふくらはぎなどをマッサージしてあげましょう。

赤ちゃんが下りてくると、骨盤を押されるので背中から尾てい骨にかけてとても痛くなります。
奥さんの呼吸に合わせて、最初は背中の方から手のひらで押してあげ、時間と共に徐々に移動しながら押してあげると良いです。

痛みが強くなると呼吸が荒くなってしまいます。
荒い呼吸を続けてしまうと過呼吸を起こしてしまうので、しっかりと深呼吸をさせてあげてください。

陣痛中は赤ちゃんも痛みに耐えて頑張っているよ!など、常に声をかけて励ましてあげましょう。