注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ピアスを開ける時に痛いと感じるのは個人差が!痛さのレベルとは

ピアスを開ける時は痛いのでしょうか?

耳に穴をあけるのだから痛いに決まってる!とちょっと・・・イヤかなり怖いですね。

ですが痛みを感じるのには個人差がありますし、あける場所によっても違いがあるんですよ!

まずは、痛みを感じる場所の順番を紹介します。
次に耳に開けたときの感想を聞いてみました。やはり痛みの感じ方は、痛かった、そうでもなかった、開けた後が痛かったと色々のようです。

病院であけるかセルフであけるかについても紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女の男友達。二人でカラオケに行くって言うけど、コレって…

彼女が男友達とカラオケに行く。しかも二人きりで!いくら「友達」だと主張されても、二人...

ウーパールーパーのエラがなくなるのはなぜ?原因と対策を解説

ウーパールーパーのチャームポイントといえば、フサフサしたエラですが、そのエラがなくなることがあります...

【男子向け】眉毛を整える方法~簡単お手入れのコツ

あなたの眉毛はきちんと手入れがされたスッキリとした印象ですか?眉毛なんて一度も整えたことがないと...

眉毛は剃ると濃くなるのは間違い!失敗しない眉毛の整え方とは

眉毛は剃ると濃くなると思い込んではいませんか?眉毛は剃ることで濃くなるように見えるだけです!...

ピアスを開けたいけどバイトで禁止!ピアスの穴を上手に隠す方法

ピアスを開けたいけどバイトで禁止されている・開けたピアスの穴を隠す方法が知りたいという人もいますよね...

生理がなく妊娠が発覚、大学生という立場で悩んでしまったら

生理がなく調べてみたらまさかの妊娠。大学生だってあることです。学生という立場上、この先どうすれば...

告白の返事を保留。食事に行った後告白したら返事は保留に

告白の返事を保留に…。関係を発展させたいから告白したのに、保留って!「二人きりで食事...

前髪の切り方をシースルーにするコツや切らない作り方とは

前髪の切り方でシースルーな透けた前髪にするのが最近では女性に人気ですよね。このシースルー前髪...

腹筋をしても脂肪は取れない?その理由やお腹の脂肪を落とす方法

腹筋をしているのに脂肪がなかなか取れないときには、何が原因なのでしょうか?お腹の脂肪を落とす...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

謝罪の菓子折りを受け取らない時の感情と対処法と渡し方を紹介

相手に迷惑を掛けてしまった際にお詫びに伺う場面もあると思います。謝罪の言葉と共に、お詫びの菓子折...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。特に...

彼女の弁当は自慢するかしないかの男性の本音!自慢の彼女とは

彼女の手作り弁当を男性はどう思っているのでしょうか?やっぱり嬉しい?手作りお弁当は周りに自慢した...

熱帯魚のヒーターが故障したときの緊急対策や備えと注意点

熱帯魚のヒーターの故障は熱帯魚を飼育する上でありえることです。しかし、はじめて熱帯魚を飼育し...

母子家庭が結婚の弊害に…。彼女との結婚を反対された時の対処法

母子家庭は今や珍しくありませんし、母子家庭だからと偏見を持つのはどうかと思いますが、息子の結婚相手の...

スポンサーリンク

ピアスを開ける時に痛いのは場所にもよる!

初めてピアスを開けるとき痛いのではないか、どれほど痛いのだろうと不安を感じている人も多いのではないでしょうか。
自分の体の一部に穴を開けるので痛いのだろうと想像してしまうのも無理はありません。

ピアスを開けるときの痛みの感じ方は開ける場所によって変わってくる

耳は専用のピアッサーの登場によって痛みをほとんど感じることがなくなり、さらに簡単に穴を開けることが可能となりました。
以前は安全ピンや画鋲といったものを使って開けていたというツワモノもいたようですが、ピアッサーが登場したことで衛生面でも安心して使えるようになったのです。

しかし、痛みをほとんど感じなくなったのは耳だけで、他の部位にピアスを開けるときは比べ物にならないくらいの痛みが生じます。

そして、本当の痛みはピアスを開けたあとに襲ってきます。
ピアスを開けた瞬間に少し痛みを感じたとしても、その後のジンジンとした痛みの方が強いと感じる方もいます。

ピアスを開けたあとに化膿してジンジンとした痛みがあったり、服や物がぶつかったときの衝撃を受ける痛みなども強く感じます。
ピアスを開ける瞬間の痛みだけではなく、その後の痛みにも関心を向けた方が良いですね。

ピアスを開ける時は痛い?痛くない?みんなの感想

ピアスを開けるときに痛みはあるのか、ピアスを開けた方の感想をご紹介していきます。

 

「開けるときの痛みは一瞬でしたが、開けたあとはしばらくジンジンしていました。
皮膚科で開けましたが化膿止めなどもらえたので、皮膚科で開けてよかったと思っています」

 

開けたときの痛みは一瞬ですが、やはり開けたあとは痛むものなのですね。
化膿止めなどを処方してもらえるのは安心できますよね!

 

「耳を開けたとき痛みはあまり感じませんでした。
病院で開けてもらう場合でも、先生によって左右の高さがバラバラになることがあります。」

 

耳はあまり痛みを感じないようですね。自分で開けたり病院で開けてもらったりしてもらう人もいるようですが、自分で開けるよりも病院で開けるほうが安心です。
安全性を考えるのなら、病院で開けてもらう方が良いですね。

医療機関ではセルフで開けるよりも安全性が高く、最近では病院でピアスを開けることが一般的となっているのです。

ピアスの位置の意味って?

ピアスの位置には意味があるのを知っていましたか?

ピアスを開ける位置や個数には意味があり、それは男女によっても異なります。

今回は女性のピアスを開ける位置や個数による意味をご紹介していきます。

基本的なピアスの位置の意味とは何でしょうか?
本来ピアスは片耳だけにつけるもので、男性は左耳にピアスをすることで守る人という意味があり、女性は右耳にすることで守られる人という意味がありました。

ヨーロッパの文化において、女性は必ず男性の左側を歩いていました。
当時の男性は女性の右側を歩くことが紳士的と言われていたのです。
そのため女性が左耳にピアスをつけ、男性が右耳にピアスをつけてしまうとお互いのピアスが見えなくなってしまうので、反対側の耳につけるようになったのです。

今ではファッションでどちらの耳にもつけるようになりましたが、基本的にはこのような意味を持っているのです。