注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児のバスタオルは大人と同じはNGな理由と必要枚数

新生児の赤ちゃんが使うバスタオルは、大人と同じバスタオルはやめた方がいいそうです。

では、どうして新生児のバスタオルは大人と同じものはやめた方がいいのでしょうか?その理由は?

また、新生児はバスタオルがたくさん必要ですが、何枚くらい用意したらいいのでしょうか?

そこで、新生児のバスタオルが大人と同じ物はやめるべき理由と必要枚数などについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストレスの解消には音楽がおすすめ。リラックスする方法とは

ストレスの解消に音楽を聴く人は多いと思います。しかし、なぜ音楽を聴くとストレスが解消されるのでしょう...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

旦那が不機嫌だと無視をしてくる!そんなときの対処方法

旦那が不機嫌になると無視をしだす・・。何が原因なのかわかれば、話を聞くなり放っておくなり対処できます...

腕が短い人の洋服選びのポイント~おすすめの袖のタイプ

洋服を買っても、いつも袖が余ってしまうとか、シルエットがキレイに出ないとお悩みの方はいませんか?...

ミートソースはレトルトでもおいしくする方法で絶品になるコツ

安いレトルトのミートソースを使って、パスタをおいしくする方法があるのをご存知でしょうか?では...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

子供の名前。キラキラさせちゃって後悔しています。変えたい!

子供の名前。マタニティーハイで、世界一の名前だと突っ走ってしまったけど、日々その名前で子供のこと...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

スポンサーリンク

新生児のバスタオルは大人と同じものはやめた方がいい?

新生児の場合、大人用のバスタオルを使用するのはやめておいたほうが良いでしょう。

新生児の肌はデリケートのため、とても敏感で傷つきやすいのです。

その為、大人用のタオルだと、生地の肌触りや材質によって赤ちゃんの肌が傷ついてかぶれてしまうこともあるのです。

肌荒れを避けるためにも新生児の肌に合った優しい素材のバスタオルを準備してあげましょう。

新生児はまだ小さいのでバスタオルでなくても、フェイスタオルで代用する人もいます。
しかし、フェイスタオルだと新生児を包み込む事ができません。
赤ちゃんはずっとお母さんの羊水の中にいたわけですからなにかにすっぽり包まれていないと不安になるようなのです。

その為大きなバスタオルは新生児も安心する事ができますので、赤ちゃん用のバスタオルを準備してあげましょう。

新生児は大人と同じはNG!簡単バスタオルのリメイク方法

大人用のバスタオルは使用せずに、赤ちゃん用のバスタオルを購入することをお勧めしました。
使い終わった赤ちゃん用のバスタオルは子供用のバスローブとしてリメイクする事ができます。

子どもが成長して一人で歩けるようになると、子どもはお風呂上りに色々なところを歩き回ります。
そんな時に便利なのが子ども用のバスローブです。

簡単な作り方としては、赤ちゃん用のバスローブを半分に折り、その中心を首周りに合わせて切り取りましょう。

切り取った箇所にバイアステープをつけて縫い合わせ、塗った箇所よりも内側にゴムを入れれば簡単に出来上がりです。

上からかぶせるポンチョ風のバスローブになり、子どもがぬれたまま歩き回っても問題ありませんよね。

タオルが二枚あるのであれば洗い替えようとしてもう一枚作っておくと便利でしょう。

他にもリメイク方法は色々ありますのでぜひ調べてみてくださいね。

新生児じゃないなら大人と同じバスタオルでもアリ?

新生児の場合は赤ちゃん用のバスタオルと大人用のバスタオルは分けたほうが良いですが、そうでない場合ならばあまり神経質に考えずに大人用のバスタオルを使っても問題はないかもしれません。

最初はある程度赤ちゃん用の洗剤やタオルを使っていても、育児で忙しくてだんだんそんなに気にならなくなってくるかもしれません。

大人用のバスタオルを使ってたくましく育ってきた子どももいますので、あまり神経質に考えない方が育児も楽かもしれませんね。

もちろんできればタオルは分けたほうが良いとは思いますが、無理しすぎるようであれば普通バスタオルでも清潔であれば使用しても大丈夫でしょう。

そして、バスタオルは思った以上に使用するものなので、一枚じゃまったく足りません。
寝ていると汗をかくので布団に敷いたり、お風呂上りには下に敷く用と体を拭くようの二枚が必要となります。

最初の一ヶ月はしっかり分けたとしても、その後は気にし過ぎなくても良いかもしれませんね。

新生児はバスタオルがたくさん必要なんです!

新生児のために赤ちゃん用のバスタオルを準備する際は多めに準備しておいた方が良いでしょう。
バスタオルは様々な場面で使用する機会があるので多く準備するに越した事はありません。

バスタオルは沐浴の時や赤ちゃんの寝る時に使用する事が多いです。
毎日清潔な状態にしておくためにも洗い替え用のタオルも準備できるよう余裕を持って準備しておきましょう。

まず、お風呂上りの際は赤ちゃんの体を拭いてあげるために大きめのバスタオルを準備しておきましょう。

そして、お風呂に一緒に入る際には赤ちゃんをを先にタオルに寝かせて準備したり、お風呂上りにも、赤ちゃんをタオルに一旦寝かせてから身体を拭いたりします。

バスタイルはお風呂の時だけでなく寝る時にも使用します。

赤ちゃん用のお布団を準備する場合がほとんどですが、布団は赤ちゃんがミルクを吐いたときやオムツ替えのときに汚れてしまいがちです。

その為、布団の上にはバスタオルをあらかじめ敷いておくとすぐに洗濯する事ができて楽でしょう。

先輩ママに聞いた!バスタオルの枚数や使い方

バスタオルは多めに準備しておくと良いでしょう。

沐浴の際に体を拭く以外にも、布団に敷くとシーツ代わりになりますし、毛布やおくるみとしても使えるので多いに越した事はありません。
大体5枚ほどは必要となってきます。

フード付きのものもありますが、一枚くらいあれば十分でしょう。
フード付きのものはお風呂上りだけでなく、お散歩する時などにもあると便利に感じるでしょう。

赤ちゃんに合わせて、重さは軽くて大きすぎない方が良いかも知れませんね。
その場の状況に応じて使い分けられるように生地の厚さは様々なものを準備しておくと便利です。

バスタオルのほかにフェイスタオルがあると便利ですので、事前に準備しておく事をおすすめします。

清潔に保つためにも洗い替え用を準備できる枚数はあったほうがよいです。